東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館ランキング&リスト > 23区立図書館の新設・移築・改築予定リスト

CurrentIcon 23区立図書館の新設・移築・改築予定リスト

私が把握している東京23区の区立図書館の新設・移築・長期休館を伴う改築の予定をリストアップしました。

図書館ホームページで公表していることや区が発表している計画をもとにまとめています。区議会議員や市民団体が要望・提案しているといった段階のものは含まず、区政である程度動きがあるもののみとしました。

それにしても、この数!! これでも全部把握しきれているとは自信持って言えません…。もし、ここに掲載されていない情報をご存知の方は、ご連絡いただけると非常に嬉しいです。

足立区

  • 興本図書館が、改修工事のため、2017(平成29)年5月31日から2018(平成30)年3月まで休館しています。休館中の臨時窓口は設置しませんが、2017(平成29)年6月1日からは、興本住区センター入口に白い箱型のブックポスト(興本図書館で使っているポスト)を設置しています。
  • 改修工事のため2016(平成28)年7月2日から2017(平成29)年3月31日まで休館していた江北図書館が、4月1日から通常開館しています。
  • 東和図書館が、改修工事のため、2016(平成28)年5月31日から30日まで完全休館、2016(平成28)年7月1日から2017(平成29)年8月までは規模を縮小して開館しています。東和地域学習センター・東和図書館の広報誌・待夢 2016年6月号によると、建物2階に7000冊程度の蔵書を置いた「ミニ図書館」を開設して業務を行っています。私は建物までは行ってみたのですが、通常より閉館時間が早くなっている(18時に閉館)ことを忘れて、19時過ぎに着いて、ポストに返却だけしてすごすご帰りました(笑)。でも、建物の既に新しくなった側に「ミニ図書館」を設置しているようで、きれいな予感を感じます。既に新しく開設している東和住区センターだけ見てもきれいです。

荒川区

  • 2017(平成29)年3月26日に、図書館・吉村昭記念文学館・子ども施設を複合した「ゆいの森あらかわ」が開館します。これに伴って、荒川図書館が2016(平成28)年12月18日を最後に休館、また、南千住図書館の資料のうち、閉架書庫・郷土学習室の資料等を「ゆいの森あらかわ」に移管しています。「ゆいの森あらかわ」が開館したら、南千住図書館にかわって「ゆいの森あらかわ」が荒川区立図書館全体のセンター館の役割を担っていきます。
  • 日暮里図書館の改修が検討されています。「あらかわ区政経営戦略プラン(平成28年度版)」の39ページによると、平成27年度から行っていた大規模改修の検討を平成28年度も引き続き行うとされています。

板橋区

江戸川区

  • 空調機改修工事のため、長期休館していた西葛西図書館が、2017(平成29)年4月1日から通常開館しています。

大田区

  • 六郷図書館が改築工事のため、2016(平成28)年4月1日から休館しています。休館期間のうち、2016年4月23日から2018(平成30)年秋頃までは、六郷図書館仮庁舎で、予約受取・返却・利用者登録・一部資料の閲覧などを行っています。
    六郷図書館は六郷保育園との複合施設なのですが、大田区議会 平成23年9月29日 こども文教委員会の会議録によると、隣接地の南六郷三丁目公園に六郷保育園の新園舎を建設→六郷保育園は新園舎に移転、六郷図書館は近くの建物を仮庁舎として移転→古い図書館・保育園の取り壊しと保育園新園舎に図書館を増設→増設が完成したら六郷図書館は新庁舎に移転、古い図書館・保育園があった場所を南六郷三丁目公園として整備、という手順で整備を進めるそうです。

葛飾区

  • 2017年9月から12月にかけて行われる青戸地区センターの改修工事に伴い、青戸地区図書館が長期休館します。今のところ、青戸地区センターの改修工事期間のどこかで1カ月程度の休みが入るということしか決まっていません。この件に関する図書館からの公式情報はこちら
Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.