東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記葛飾区 > 葛飾区立水元図書館

CurrentIcon 葛飾区立水元図書館

葛飾区立水元図書館 訪問記

last visit:2011/01/05

葛飾区立水元図書館は、都内で唯一の水郷の景観をもった公園、水元公園のすぐ南にある水元図書館。都会の喧騒はどこへやら?の~んびりできる図書館です。

§ 図書館の場所

水元図書館は最寄り駅の金町駅から、北に向かって徒歩で20分ほど歩きます。バスで行く場合は、京成バスの「金町駅北口」停留所から「西水元三丁目」行き、または「大場川水門」行きに乗って、「本所工業高等学校前」で降りる。もしくは、「金町駅」停留所から「戸ヶ崎操車場」行き・「八潮駅南口」行きに乗って、「しばられ地蔵」停留所で降りる、のどちらか。

水元図書館は縄でぐるぐる巻きに縛られている「しばられ地蔵」の近くなんです。何でも昔、このお地蔵さまの前で反物が盗まれ、お奉行さまが「盗みを見逃した地蔵も悪い」とお地蔵さまを縄で捕らえちゃった。で、裁きの場に集まった見物客に頓智を効かせて、見物客に紛れていた盗人を捕まえることができたという逸話があるそうです。

そんな由来から、しばられ地蔵には、縄で縛って願い事をし、願いがかなうと縄を解く風習があるんですって。私も願掛けに行ったのですが、本当にお地蔵さまがぐるぐる巻きなんです。毎年大晦日に縄解き供養を行っているということですが、私が行った2月の時点でも、既に胴体はかなり縛られ、顔にも数本縄がかかっていた状態だったので、12月30日なんてお地蔵さまかどうかもわからないのでは(笑)?!

§ 図書館内の様子

水元図書館は水元保健センターと併設の建物です。建物の西側(本所工業高校側)に水元図書館の入口があり、東側(しばられ地蔵側)が水元保健センター入口になっているので、しばられ地蔵方面から来た場合は、向かって右の自転車置場を通り抜けてください。すると、水元図書館の入口前に出ます。

図書館入口は二つに分かれており、向かって右が一般書架への入口、向かって左が児童コーナーの入口です。一般書架と児童コーナーは、建物内でも行き来できます。児童コーナーは1階だけですが、一般書架側には2階があり、事務室と社会人用閲覧室があります。広々とした水元公園の近くというだけあって(関係ないか 笑)、水元図書館も広いです。

§ 児童コーナー

児童コーナー側の入口を入ると、正面にカウンターがあり、その左に児童用書架が広がっています。カウンターを越えた右の壁に、一般書架エリアへのドアが開いているので、そこから自由に行き来することもできます。ただ、児童コーナー側は17時で閉まってしまうので、時間に注意。

児童コーナー側入口入ってすぐ左の雑誌ラックには、育児雑誌の「クーヨン」や絵本に関する雑誌「MOE」などが置かれています。置き場所が一般書架の雑誌コーナーではないので、ご覧になる方はご注意ください。

児童コーナーカウンターの正面右には、昔懐かしい丸ポストが鎮座しています。児童がお薦めの本を紙に書いて投函するポストなのですが、可愛い!職員さんから聞いた話では、本物の郵便物が入っていたこともあるそうです(笑)。

児童コーナー入口入って左に折り返した辺りにある読み聞かせコーナーも、バーバ一家のぬいぐるみが並んでいたり、壁に児童書の入っていた箱を弧状に貼り付けていたり。それらが真新しくなく、多少色あせているのが、かえって大人も子供の頃に戻ったような、ほんわかした気持ちになります。

これはいいなと思ったのが、児童コーナー左奥の「読んでみない?」コーナー。図書館からのお薦めの本をポスターで紹介しているのですが、その手前に紹介されている本が何冊も積んであるんです。単に紹介するだけでなく、すぐそばに、しかも複数冊あれば、本当に気軽に手に取れますよね。友達と一緒に同じ本を借りることだってできる。手前に置かれた本をよく見ると、水元図書館以外の葛飾区立図書館のものもあるので、このコーナーのために他館から借りているのだと思います。

§ 一般書架

一般書架は、児童コーナーとは逆に、入口から右に書架が広がっています。入口正面が新聞・雑誌コーナー、その右に郷土資料・参考図書コーナー、更に右が一般書架で、一番右奥に閲覧机が並んでいます。カウンターは郷土資料・参考図書コーナーの手前付近。カウンターの右には、CD・カセットコーナーがあります。

図書館の除籍蔵書をもらうことができるリサイクル本コーナーは、一般用入口を入ってすぐ左にあります。除籍蔵書だけではなく、古本を持ち寄ることもできるのですが、古本は勝手にこの棚に入れるのではなく、カウンターに持ってきてくださいとのこと。図書整理日直後に行くと、棚にぎっしりとリサイクル本が並んでいます。

新聞・雑誌コーナーの手前には、漫画本の棚があります。この棚にもそこそこの冊数が揃っていますし、これとは別に閉架にも漫画を所蔵しているとのこと。閉架で所蔵している漫画本は、表紙のコピーがこの棚の側面に吊るされており、それを見てカウンターに請求すれば閲覧できます。

新聞・雑誌コーナーには、菖蒲を描いた絵が飾られています。やはり、近くの水元公園の風景画なのかな。水元図書館以外でも、葛飾区立図書館では絵や版画が展示されていることが多く、とりわけ菖蒲を描いた作品は多いんです。葛飾区は、「区の花」も花ショウブなんですよね。

新聞・雑誌コーナーから棚一列隔てた郷土資料・参考図書コーナーは、長机が3つ並んでいます。この長机、それぞれに2席分椅子があるのですが、長方形の長い辺に椅子を2つ並べるのではなく、短い辺にそれぞれ1脚、向かい合わせに座るようにおいてあるのですよ。短い辺もそれなりに長さがあるので、これでも確かに不便ではなさそう。ちょっと面白い使い方ですね。

§ 特設コーナーあれこれ

郷土資料・参考図書コーナー向かって右の棚は、「シニア向けの本」コーナーです。『50歳からの体力づくり』とか『60歳から国家試験に合格する法』などの、ずばりと読者年齢を絞った本から、ウォーキングの本、囲碁の本など、範囲は広いですね。まだ働きたい方も、趣味に没頭したい方も、参考になる本がこのコーナーで見つかるかもしれませんよ。

「シニア向けの本」から一列右にずれると中高生コーナーです。一気に若返る書架配置ですね(笑)。中高生コーナーの中の「修学旅行コーナー」は特徴的。23区内で「修学旅行コーナー」なるものを設置している図書館は、私が見た限り水元図書館だけです。京都・奈良・福島を中心にガイドブックなどが並んでいます。

書架を見ていて、あれ?と思ったのが、ビジネス関連本。他の葛飾区立図書館のビジネス関連本コーナーは、「就職情報・会社情報」「起業・開業」「資格試験」等々、葛飾区共通の分類をしていることが多いのですが、水元図書館のビジネス関連本(入口から見て、CD・カセットの右隣)は、単に「335 企業・経営」から「338 金融・銀行・信託」までの資料を別置きしただけ。しかも、330番台の棚は、特に説明もなく「334 人口・土地・資源」から「339 保険」に飛んでいるだけ。これでは、読みたい本を見つけられない人もでてきてしまいそう。

私が直近に行ったとき(2010年2月)は、CDが整理中だったので、その隣のビジネス関連本も、CDの後にでも整理する予定なのかもしれません。というか、そうだと思いたい(笑)。図書分類順の書架の一部を移動させただけでは、むしろわかりにくくしているだけ。従来の図書分類以上に使いやすくなってこその特設コーナーだと思います。

§ 閲覧席

一般書架奥の閲覧席は、長机1つに椅子2脚(こちらは参考資料コーナーと違って、長い辺に2席並ぶ形)という組み合わせがずらっと並んでいます。アクセスがいいとは言えない場所柄か、空席率は結構高いと思います(といっても、2回しか行ったことないのですが)。金町駅すぐそばの葛飾区中央図書館が満席だったら、ちょっと足を伸ばして水元図書館に来れば、席が空いているかもしれません。

1階奥の閲覧席のほかに、2階にも閲覧室が用意されています。2階は閲覧室と事務室なので、利用者が使う設備としては、閲覧室だけですね。ここは社会人用閲覧席ということで、高校3年生以上しか利用できないと書いてあります。それに、図書館の本を持っていく場合は、貸出手続きをしてから持って行かないといけません。こちらの席は2人ずつ向かいあう形の机ですが、間に仕切りがあるので、1階の閲覧席よりは集中しやすいかな。

§ 金町タイムスリップ(?)

水元図書館って、皆さんの~んびり読書を楽しんでいる様子で、ちょっと施設も古びていて、「昭和」っぽい図書館なんです。一方、金町駅そばの葛飾区中央図書館は、2009年10月にできたばかりで、貸出はもちろん、返却も自動、閲覧席の確保もパソコンで行う等々、新しい技術をふんだんに使った図書館。たった20分歩いただけで、十数年くらいの差を感じます(笑)。

でも、図書館って、新しくて施設が充実していればいいってものでもない。のんびり読書をするには、人が少なくて、利用者の平均年齢が高いくらいの方が落ち着くという方もいると思います。

新旧の図書館が徒歩圏内にある金町、その日の気分で図書館を使い分けてみてはいかがでしょうか。

葛飾区立水元図書館 データ

住所東京都葛飾区東水元1-7-3 →大きい地図を開く
Tel03-3627-3111
開館時間
児童コーナー以外火~土曜9:00~20:00
日曜・祝日9:00~17:00
児童コーナー9:00~17:00
定休日月曜・第4木曜(祝日は開館し、翌日を休館)
12月29日~1月3日
最寄駅JR常磐線 金町駅から徒歩21分
京成金町線 京成金町駅から徒歩23分
最寄バス停「しばられ地蔵」停留所から徒歩3分
京成バス 金61(金町駅~戸ヶ崎操車場・八潮駅南口)
京成バス 金63(金町駅~水元公園~金町駅 循環)
「葛飾総合高校」停留所から徒歩4分
京成バス 金62(金町駅北口~西水元三丁目・大場川水門)
駐輪場図書館入口手前左に駐輪場あり
駐車場図書館入口向かって右に一般用駐車場5台分あり
所蔵資料
図書所蔵数2015/04/01現在 99,080冊 出典『葛飾の図書館 平成26年度事業年報』
※学校図書館支援コーナーの所蔵数は新宿図書センターに加算
漫画あり
外国語新聞The Japan News(英語)あり
外国語雑誌なし
外国語図書英語・中国語・ハングルあり
外国語児童書英語児童書20冊ほどあり
外国語絵本英語絵本200冊強、中国語絵本25冊ほど、ハングル絵本40冊ほど、ドイツ語・フランス語・スペイン語絵本も少々あり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
ありありなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル除籍蔵書の提供と古本の授受ができるコーナーを常設で設置
設備
検索機4台(キー入力機2台、タッチパネル入力機2台)
検索結果印刷機能あり
ブックポスト図書館入口右壁面にブックポストあり
自動貸出機ICタグ式自動貸出機1台あり
座席数一般用107席、児童用25席
1階児童用椅子席2席
児童用机席23席
新聞・雑誌コーナー(椅子)21席
新聞・雑誌コーナー(机)2席
参考図書コーナー(机)6席
机席30席
2階社会人用閲覧室(机)48席
飲食設備蓋付き容器(ペットボトル・水筒など)の飲料に限り、机席での摂取可能。但し、飲むとき以外は鞄にしまってくださいとのこと。
ネット閲覧PCネット閲覧PC2台あり。利用は30分ごとに区切られた単位(x:00~x:30、x:30~y:00)で、次の予約がなければ延長可能。
データベース・CD-ROM閲覧ネット閲覧PCで「聞蔵Ⅱテキスト」の利用可能
持参PC利用不可
その他設備図書館入口手前右に公衆電話あり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本なし
児童向け視聴覚資料CD・カセットコーナーに児童向けCD・カセットあり
おはなし会子ども向け月1回、乳幼児向け月1回、絵本よみ月2回、かみしばい会月1回あり
靴脱ぎスペース絨毯敷きの靴脱ぎスペースあり
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーターなし
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレ1階一般書架入口入って右の男女トイレの先に誰でもトイレあり
大活字本参考図書コーナー向かって右のシニア向けコーナー内左寄りに大活字本あり
対面朗読室なし

葛飾区立水元図書館 カレンダー

3月
12345
6
789101112
13
141516171819
2021
2223
242526
27
28293031

4月
12
3
456789
10
111213141516
17
181920212223
24
252627
282930

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.