東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記足立区 > 足立区立宮城コミュニティ図書館

CurrentIcon 足立区立宮城コミュニティ図書館

足立区立宮城コミュニティ図書館 訪問記

last visit:2010/02/02

足立区立宮城コミュニティ図書館は、隅田川と荒川に挟まれた中州のようなところにある図書館。実は足立区で一番古い図書館です。足立区図書館の中で、テーマを担当している「ハーレクイーン」は、そんじょそこらの図書館のハーレクイーン・コーナーの3倍はあると思います。

§ 図書館の場所

宮城図書館の最寄り駅は、都電荒川線の小台駅か、日暮里舎人ライナーの足立小台駅。ただ、いずれからも徒歩で20分以上かかります。

バスの最寄停留所は足立区のコミュニティバス「はるかぜ」か、都バス・王40丙の「みやぎ水再生センター前」停留所で、ここからなら徒歩3分。が、「はるかぜ」は1時間に2本、都バスの方は通勤・通学時間には多少増えるものの、昼間は1時間に1本です。「はるかぜ」の方は、足立小台駅を通る路線なので、とりあえず足立小台駅まで行き、すぐ来そうならバスで、そうでないなら歩くというのでもいいかも。

歩くのも待つのも最小限にしたい!という方は、王子駅から王40甲に乗って「宮城二丁目」停留所から徒歩9分ではいかがでしょう。この路線は本数も多いので、それほど待たずに乗れます。

歩いても構わない方への私のお薦めは、小台橋北詰から西に延びる隅田川沿いの道。足立小台駅からも小台駅からも通り道になります。川向こうにあらかわ遊園の観覧車が見える風景は、東京とは思えない渋さ。堀江敏幸の『いつか王子駅で』の世界に浸れますよ(笑)。

§ 図書館内の様子

建物としては、江南区民事務所との併設施設という形になるのかな。入口が宮城図書館用と江南区民事務所用と二つあり、図書館用の入口を入った2階に宮城図書館です。

そうはいっても、1階にも設備が多少あります。入口に入って左の和室は、子ども向けのおはなし会が開催される部屋。和室のおはなし会だと、内容も日本のおはなしが中心だったりするのかな?

また、入口の正面には、月に1度の雑誌のリサイクル本コーナーがあり、保存期間が過ぎた雑誌をもらえます。これとは別に2階への階段を上がりきった正面にもリサイクル本コーナーがあって、こちらは利用者が古本を置いていったりもらったりできるコーナーのようですね。リサイクル本をチェックしたい方は、この両コーナーをお忘れなく。

さて、2階へあがると、そこが宮城図書館の本丸です(笑)。階段・エレベーターから右に通路があり、その先で右90度方向へ書架が延びています。最初の通路にカウンターがあり、その先に児童コーナー。児童コーナーから右の書架に向き直ると、手前が高学年用の児童図書、右の壁沿いに中高生コーナー、それより奥が一般書架で、一般書架の右の一画が新聞・雑誌コーナー、一般書架の左奥に閲覧室があるという配置です。

§ 児童コーナー

児童コーナーで背を高く伸ばしているのがキリンラック。円錐形の木製棚の上部に、角の生えたキリンの頭が乗っているラックなんです。各段に児童向けの本が表紙の見せて展示されている、何とも可愛いラックです。

児童用机は、読書用の机とは別に、ぬりえ用の机があります。2階へ上がる階段の壁に、色とりどりに塗られた絵がたくさん貼ってあるのですが、ここで描かれたぬりえなんですね。文字を読むのは苦手だけど絵は好き、という子どもさんは、まずぬりえから図書館デビューというのもいいかもしれません。

また、ちょっと面白いのが、館内のおむつ替え用ベッド。施設自体が狭いし、他に適切な場所がないので、やむを得ずなのでしょうが、一般書架右奥のお手洗いに近い書棚の側面に設置されているのです。書棚の側面に設置されているというのは、なかなか見ないスタイル(笑)。といっても、未使用時は閉じてあるので、全く邪魔ではありません。

§ 一般書架

宮城図書館の一般書架は、一見普通の図書館のようですが、よく見ると只者ではありません(笑)。

カウンター対面には、少し前まで予約多数だったけど、今ならすぐ借りられる本(主に小説)が並んでいます。漫然と置いてあるのではなく、ちゃんと著者50音順に並んでいるので、見やすいです。待たされるのは嫌だけど、すぐ読めるなら借りる気になることってありますもんね。小説を探しに宮城図書館に来たら、小説の棚だけでなく、こちらの棚もご覧ください。

また、文庫の棚を見ていて感じたのは、夏目漱石、川端康成、松本清張といった、全集が出ている作家の文庫も揃っていること。こうした作家の文庫本って、どこの図書館でもあるわけではないんです。私も図書館に行って、ふと読みたくなって当館での検索をしてみたら、重い全集しかヒットしなくて断念することも多い。文庫本で揃っていれば借りやすいし、内容が手強くても手に取りやすいですよね。

奥の一画の右壁にある漫画は、図書館の規模にしては冊数が多いです。半分程度が『日本の歴史』などの学習まんが、残りの半数が『のらくろ』『鉄腕アトム』『サザエさん』『美味しんぼ』横山光輝の『三国志』『小さな恋のものがたり』といった、古い漫画・古くから連載されている漫画です。

謎なのが、『美味しんぼ』の一部が貸出不可となっていること。60巻から101巻までが別の小さい棚にあって貸出不可になっているのですが、61~63巻は貸出可の棚にもある。そして、この貸出不可のものは、足立区立図書館の蔵書検索システムにも登録されていないようなんです。おそらく寄贈されて、蔵書登録を行っていない資料ではないかと思うのですが、来館した人だけが知る秘密資料ですね(笑)。

§ 暮らしを支えるビジネス支援コーナー

足立区立図書館の各館には「ビジネス支援コーナー」があり、宮城図書館では閲覧室入口の右に設置されています。このビジネス支援コーナーも只者ではないんです(笑)。一番上の段に本が面陳されているのですが、2010年2月に行ったときに『「主夫」っていいかも』という本が展示されていたんですね。タイトルを見ると「専業主夫」を想像してしまいますが、実は「兼業主夫」の本。言われてみれば、家事の体験がビジネスに結びつくことって大いにある。ビジネス支援として、こうした内容の本を置くなんて何て斬新!

このビジネス支援コーナーのすぐ隣には、家事関連本の棚があるという配置なのですが、私はこの配置もいいと思うんですよね。仕事だけ頑張って、家庭や私生活を疎かにしては意味がない。両方含めて豊かになる生活を目指しましょうというメッセージのような気がします。

ビジネス支援コーナーの本を眺めていたら、『チャレンジしてみませんか!お母さんの資格&コンクールガイド』という本に、"落書きあり"という注記が貼ってあったんです。で、私、「どうせ、どこかのダメ利用者が、図書館の本なのに、気になる資格に線を引いたりしたんだろうな」と思いながら本を開いたんですね。すると、その落書きは、絵もまだ描けないような子どもが、鉛筆を握ってただ線を引いてみただけ、という感じの落書きでした。

それを見たら、この本を借りたお母さんは、言うことを聞かないやんちゃな子どもを育てる合間に、本気でビジネスチャンスを探していたのかもなあ、なんてちょっと胸がキュンとなっちゃって。もちろん、図書館の資料への落書きは迷惑行為なのですが、どこかのお母さんが実際にこの資料を参考にした証でもありますよね。

と、私が妄想を走らせているだけかもしれませんが(笑)、他にも、起業すればいいってもんじゃないよという内容の『起業バカ』が置いてあったり、やみくもにビジネスを支援するのではなく、暮らしを壊さないビジネスを提案するという印象のビジネス支援コーナーです。

§ ハーレクインロマンス

このように、特徴ある棚が多い宮城図書館ですが、一番の特徴はハーレクインロマンスの多さ。足立区立図書館は各館でテーマを決めて、その関連本を特に多く所蔵しているのですが、宮城図書館のテーマは「ハーレクイン」なのです。

ハーレクイーンロマンスコーナーを設けている図書館は、他にもたくさんあるのですが、宮城図書館はテーマとしているだけあって、その冊数はそんじょそこらの図書館の同コーナーの3倍はあると思います。もしかしたら、都内で一番ハーレクインロマンスを所蔵している図書館かも。

しかも、テーマでありながら、館内の目立つ場所ではなく、奥の方に置いているというこの配慮。どうぞ、人目を気にせずにロマンスの世界に浸ってください(笑)。

§ 図書館界の辻発彦

ハーレクインで夢を見させてもくれるし、暮らしに根付いたビジネス支援コーナーも展開する。地味な図書館を装いつつ、実は守備範囲が広いのが、宮城図書館の正体です。まるで、元プロ野球選手の辻発彦!と言っても、若い人にはわからないか(笑)。

現実に疲れたときも、現実に直面すべきときも、宮城図書館に行けば、あなたにあった蔵書が待っていますよ。

足立区立宮城コミュニティ図書館 データ

住所東京都足立区宮城1-15-14 2階 →大きい地図を開く
Tel03-3913-0460
開館時間10:00~20:00
定休日月曜
月末日(土・日曜・祝日の場合は開館し、直前の金曜に休館)
12月28日~1月4日
最寄駅都電荒川線 小台駅から徒歩24分
日暮里舎人ライナー 足立小台駅から徒歩28分
最寄バス停「みやぎ水再生センター前」停留所から徒歩4分
コミュニティバス はるかぜ8号(北千住駅西口~足立小台駅~荒川鉄橋)
「宮城二丁目」停留所から徒歩9分
都営バス 王40甲(西新井駅前~池袋駅東口)
都営バス 東43(江北駅前~田端駅前~本郷三丁目駅前~御茶ノ水駅前~東京駅北口)
「宮城土手上」停留所から徒歩10分
都営バス 王45(王子駅前~足立小台駅前~北千住駅前)
駐輪場建物手前右に駐輪場あり
駐車場建物裏手に一般用駐車場6台分あり
所蔵資料
図書所蔵数2015/03/31現在 48,858冊 出典『足立区の図書館 平成28年』
漫画あり
外国語新聞なし
外国語雑誌なし
外国語図書なし
外国語児童書なし
外国語絵本なし
音声資料
CDカセットレコード
なしなしなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル古本を授受できるコーナーを常設で設置
除籍蔵書を提供するコーナーを毎月2~10日に設置。1人2冊まで。
設備
検索機1台(タッチパネル入力機)
検索結果印刷機能あり
ブックポスト建物入口向かって右にブックポストあり
自動貸出機なし
座席数一般用43席、児童用22席
児童用ぬりえコーナー(机)6席
児童用机席16席
新聞・雑誌コーナー(椅子)12席
椅子席9席
一般閲覧室(椅子)3席
一般閲覧室(机)16席
一般閲覧室内パソコンコーナー(机)3席
飲食設備なし
ネット閲覧PCネット閲覧PC1台あり。9:00~19:30までの申込みが必要で、00分と30分を区切りに、30分単位での利用。次に待っている人がいなければ延長可能。
データベース・CD-ROM閲覧なし
持参PC利用YAコーナー(中高生コーナー)で持参PCの利用可能。電源なし。
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本なし
児童向け視聴覚資料なし
おはなし会こども向けおはなし会月2回、乳幼児向けおはなし会月1回あり
靴脱ぎスペース赤ちゃん絵本の棚の前にマット敷きの靴脱ぎスペースあり
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーター建物入口入って正面やや左にエレベーターあり
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレなし
大活字本カウンターの先で右折した右壁の手前付近に大活字本コーナーあり

足立区立宮城コミュニティ図書館 カレンダー

2月
12345
6
789101112
13
141516171819
20
212223242526
27
28

3月
12345
6
789101112
13
141516171819
20
212223242526
27
28293031

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.