トップ図書館訪問記今はない図書館 > 閉室前の渋谷区立長谷戸出張図書室

閉室前の渋谷区立長谷戸出張図書室

渋谷区立長谷戸出張図書室は、2005年12月で閉室してしまいました。
以下は、閉室前の渋谷区立長谷戸出張図書室の訪問記です。

閉室前の渋谷区立長谷戸出張図書室 訪問記

last visit:2005/10/26

長谷戸出張図書室は、恵比寿駅から駒沢通りを西進してすぐのところにある、長谷戸社会教育館の一室です。

このあたりは渋谷区といえども落ち着いていていいですね。駒沢通りから長谷戸社会教育館へと右折する路地は、両脇にカフェ。時間があったらカフェで読書もいいですね。

図書室は社会教育館の正面玄関とは反対側に、個別の入口から入るかたちの部屋として設置されています。入口には「図書室兼学習室」という看板がかかっています。

入口を入って左手には折りたたみ机と椅子がたくさん重ねられており、右側の壁に本棚が並んでいます。そして、入口を入ってすぐ右に折りたたみ机で囲われた一角があって、そこが返却・貸出手続きをする場所になっています。

机と椅子が備え付けられている部屋を利用してちょっとした図書室を作りました、という感じですね。カウンターの手作り感がなんともいいです。

利用者が使える検索機もないみたい。でも、カウンターに職員さんが使うパソコンがあるので、職員さんにお願いすれば資料の検索をしてもらえそうですね。

所蔵資料も児童書と小説と家事関連本に、雑誌が数冊といったところ。棚の並びは、下段が児童書、上段が小説になっています。

この図書室、水曜の12時から16時までしか開室していない図書室なので、勤め人よりもお子さん連れの近所の方などが主な利用者なのですね。

なので私も時間を作れなくて訪問を後回しにしていたのですが、ちょっとやりくりして行ってきました。というのも、この図書室2005年12月21日を最後に閉室してしまうのです。

で、この部屋は「学習室」に変更になるそうです。変更された後の開室日・開室時間がちょっとわかりませんが、学習室として利用できるならそれはそれでいいですよね。

また、閉室にともなって、長谷戸図書室を受取館にして予約した本の受取館の変更手続きも受け付けています。長谷戸図書室で予約したんだけど、12月21日までに順番が回ってきそうにないな、なんて人は今のうちに変更手続きをしておいた方がよさそうですよ。

ちなみに渋谷区は、この長谷戸図書室だけじゃなく、恵比寿出張図書室も2005年12月22日で閉室されるそうです。で、そのかわりってことなのか、2006年2月下旬に臨川小学校の中に臨川みんなの図書館をオープンさせるのだとか。

これはやっぱり少子化で部屋が余っている現われなのでしょうかね。でも、学校が関係者だけの閉鎖的な空間にならないで、地域の人がいろいろ利用する場になるのはいいのではないかと思います。

ただ、その分警備など気を配らないことも増えるのも事実。実は、北区の図書館で不審者が女の子をトイレに連れ込もうとした事件があって、23区の図書館のほとんどで同様の事件への注意を呼びかける掲示をしています。

こういうことは職員さんに100%お任せでは完全に防ぐことはできないし、私達利用者も不審な人がいたら通報するなり何か動かないといけませんね。