東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記墨田区 > 墨田区立八広図書館

CurrentIcon 墨田区立八広図書館

墨田区立八広図書館 訪問記

last visit:2014/01/07

墨田区立八広図書館は、京成線の八広駅の南西にある図書館。都営アパートの1階にある「暮らしの中の図書館」という雰囲気で、家事関連本が充実しています。館内に掲示されている古地図もお薦めです。

八広図書館は、2016年11月1日から2017年1月31日まで、改修工事のために休館していました。この訪問記は、改修工事前に行ったときのものなので、現在の様子は変わっている可能性があります。
§ 図書館の場所

八広図書館の最寄り駅は京成押上線の八広駅ですが、東武伊勢崎線の東向島駅や京成押上線東武伊勢崎線の曳舟駅からも十分歩いて行ける距離です。

八広駅からの道のりは、駅の改札を出て左に折り返すかたちの階段から地上へ降り、そのまま直進して大きい通りに出たら右折します。1つ目の信号の「八広小前」交差点で左折し(左手前に戻る感じの道に入る)、京成線高架に突き当ったら右の路地へ入って道なりに進むと公園に突き当たるので左折、そのまま道なりに進めば八広図書館のある高層住宅です。

八広図書館は都営八広五丁目アパートの1階にあり、この建物の1階には図書館のほかにも施設が入っています。上の道のりで建物に辿いて1階を見ると、まず墨田区長浦保育園があり、その先に都営アパートの入口があり、その次に八広図書館があります。

§ 図書館内の様子

図書館入口を入ると、まずロビーのような新聞コーナーがあり、その左の区画が図書館らしさを感じるエリアになります。裏を返せば、新聞コーナーがあるロビーは、実際には図書館の中なのに「図書館の手前にあるロビー」みたいな雰囲気なんです(笑)。そして、「図書館らしいエリア」に入るとすぐ右にカウンターがあり、左には手前から順に、CD・カセット・DVD、雑誌、児童コーナーと配置されていて、一般書架はカウンターの右奥の一帯に広がっています。CD・カセット・DVDコーナーの手前側にはネット閲覧PCや持参PC利用席もあります。

新聞コーナーが図書館の中に見えないのは、新聞コーナーの奥に集会室やホールがあるからで、これらの施設は図書館が一括で管理しているのではなく、地域の集会施設として別に管理されているようです。集会室やホールを利用する人は、図書館に申し込むのではなく、新聞ロビーにある別窓口に申し込むかたちです。複合施設の中に図書館があるというタイプはあちこちで見ますが、図書館内の設備の一部が別に管理運営されているというのはあまり見たことがありません。なんともユニークなスタイルです。

そんなわけで、私が勝手に「新聞ロビー」と呼んでいるこのエリア、新聞や電話帳などの図書館の所蔵物、図書館の除籍蔵書がもらえるリサイクル本コーナーがある一方、地域の人が描いた絵が飾られていたりして、「地域集会室のロビー」みたいな空間なんです。ふと見たら、端っこに体組成計などもあるし。図書館より敷居が低い感じで、毎日の暮らしの中でふらっと寄りやすい雰囲気です。

§ CD・DVD、雑誌、漫画、児童コーナー

書架入ってすぐの視聴覚資料の棚には、CD・DVDがずらっと並んでいます。DVDは、以前はタイトルを書いたカードをカウンターに持っていて貸出できる方式でしたが、現在はDVDケースに入って棚に並んでいます。カセットは朗読カセットが少々並ぶかたちです。

雑誌コーナーと児童コーナーの間にある漫画も冊数が多いです。手塚治虫・長谷川町子などの図書館が所蔵することの多い漫画から、比較的最近の漫画までいろいろと。墨田区立図書館は全館で漫画を所蔵していて、どの図書館も冊数が多いんですよね。単行本漫画や文庫本漫画のほか、ペーパーバックタイプの『ゴルゴ13』なども置いてあります。

児童コーナーは、手前に大きな靴脱ぎスペースがあり、その脇から奥に向かって書架が並んでいます。靴脱ぎスペースの壁沿いが大きな面陳(表紙を見せる向きで本を並べる)棚になっていて、その棚に青空が描かれているんです。空の中に絵本があるみたいで面白いし、誰かが借りて本がなくなっても棚が淋しい感じがしません。

絵本は日本のおはなしと外国のおはなしを別にして、おはなしの作者の姓名五十音順に並んでいます。児童読み物も、日本と外国の作家を別にして著者姓名五十音順に並んでいます。児童用机席も靴脱ぎコーナーの中にあるので、友達と連れ立って相談しながら靴脱ぎコーナーで勉強している子どもも見られます。私は、真面目で本好きな子どもしか来ない図書館よりも、ときにうるさくなりすぎて怒られながらもたくさんの子どもが来る図書館の方がいいと思うのですが、八広図書館はまさに後者のような雰囲気。新聞ロビーも含めて、周辺に住む人の生活の中に溶け込んでいる図書館だと思います。

雑誌コーナーからカウンターの脇を抜けると一般書架なのですが、一般書架に行く手前の区画に新着図書の情報や特集コーナーがあります。新着図書は、新しく購入した本そのものだけでなく、すぐ貸し出されてしまう人気本については、表紙コピーを掲示して紹介しています。特集コーナーは期間でテーマを入れ替えて展示するコーナーのほか、スカイツリー関連本・区内観光本などをあつめた東京スカイツリーコーナー、読みきかせ関連本を集めた「子どもと読書」コーナー、シニアの暮らしに関する本を集めた「生きがいコーナー」など、いろんなテーマで本を展示しています。

§ 一般書架

一般書架は、棚の上まで使ってぎっしり本が並んでいます。壁沿いの棚は10段あるのですが、その一番上までぎっしりと。壁面の棚はともかく、床に立っている棚は地震のときは大丈夫なのかと、ちょっと心配になるくらい。八広図書館は1980年に開設された図書館なので、開設から現在までに収集した資料がいっぱいあるんでしょうね。

棚の見出しも充実していて、本を探しやすいです。たとえば、料理の棚も「日本料理」「アジア料理」といった国・地域による分類のほか、「ご飯・鮨」「卵・乳料理」といった材料別分類、「家庭料理」「野外料理」「季節料理」といったシーン別分類など細かく分類されているので、こんな料理を作りたいんだけど何かレシピないかなというときの「こんな料理」のパターンに応じて料理本を探すことができます。

日本の小説・エッセイは一緒にして、著者姓名の五十音順で並んでいます。複数作家による作品集は、頭文字が「わ」の作家の後、タイトルの五十音順でまとめられています。外国の小説は、中国文学・英米文学・ドイツ文学…と国・地域別に分かれた上で、著者姓名の五十音順に並んでいます。

一般書架エリアのうち、窓の対面にあたる角にはティーンズ・コーナーがあります。中学・高校・大学・専門学校と各種学校案内があるのですが、最新のものだけでなく、2009年度くらいのものから所蔵しています。書店と違って図書館は古い資料も所蔵敷いているのが特徴ですが、毎年発行している学校案内をさかのぼってみると、時間幅の中で各学校の情報を知ることができます。いくつか行きたい学校が挙がったら、今年度のものだけでなく昔のものも開いて、推移を見てみましょう。このティーンズ・コーナーは、就職に関する本やさまざまな資格に関する本もあるので、10代に限らず、大人も活用してほしいコーナーです。

§ 古地図で昔に思いを馳せる

八広図書館で見てもらいたいのが、一般書架エリア入口右の壁に貼ってある古地図。江戸時代に作られた「本所絵図」「隅田川向島絵図」に、現在の図書館の場所や、スカイツリー・国技館の場所がマーキングされています。地図に描かれていた時代からは、まさかスカイツリーが建つなんて想像できなかっただろうと考えると、これからも思いもよらない変化があるかもしれませんね。ちなみにこの2つの地図はカウンターに実物がありますよ。

また、その少し離れた左にある「墨東文学散歩概要図」がこれまたいいんです。こちらは、昭和16年頃の向島区という副題で、向島や玉の井の地図が描かれています。地図作成者の小針美男氏は、『東京文学画帖』『東京つれづれ画帖』といった著作のある方で、地図上の文字も味わいがあり、地図を眺めていると想像力が膨らみます。昭和16年頃の向島区といったら、永井荷風・ぼく東綺譚の世界。そうした世界が好きな方にはぜひともお薦めです。

ティーンズコーナーのところでも書きましたが、図書館って古今東西さまざまな資料があるのがいいところ。特に墨田区は、いろんな文化があって昔を辿ると面白い。墨田区立図書館だよりにも、むかしの墨田区を紐解き今につなげる連載があります。落語とすみだのつながり、『巨人の星』とすみだのつながり(星一徹は現在の墨田区に住んでいたことがあるという設定。2011年8月号の図書館だよりで取り上げられていますが、住所が実際とは違うという説明もあり、とても興味深いです)など、毎回楽しい話が掲載されているので必見です。ぜひ図書館で過去の世界を覗いてみてくださいね。

墨田区立八広図書館 特集・行事・図書館だより感想記

  新春★福ふく袋
―2014年1月5日から1月19日までの展示
数冊の本をプレゼントのように包装して貸し出す「本の福袋」。中に入った本は見えませんが、中身のヒントになるテーマが書いてあるので、利用者はそれを手掛かりに袋を選びます。どんな本が入っているかは、借りてからのお楽しみ!子ども用と大人用の袋が用意されているので、自分にあったものを。

墨田区立八広図書館 データ

住所東京都墨田区八広5-10-1-104 →大きい地図を開く
Tel03-3616-0846
開館時間
月~土曜9:00~20:00
日曜・祝日9:00~17:00
定休日第3木曜(祝日にあたる場合は開館し、翌日休館)
年末年始
最寄駅京成押上線 八広駅から徒歩8分
京成押上線 京成曳舟駅から徒歩15分
東武伊勢崎線 東向島駅から徒歩15分
最寄バス停「八広」停留所から徒歩6分
都営バス 錦37(青戸車庫前・新四ツ木橋~押上駅前~錦糸町駅前)
都営バス 上23出入(平井駅前~青戸車庫前)
墨田区内循環バス 北東部ルート(押上駅~東あずま駅)
「東向島六丁目」停留所から徒歩8分
都営バス 草39(金町駅前~浅草寿町・上野松坂屋前)
駐輪場図書館入口手前左に駐輪場あり
駐車場図書館入口手前右に駐輪場3台分あり
所蔵資料
図書所蔵数2011/04/01現在 82,275冊
漫画あり
外国語新聞なし
外国語雑誌なし
外国語図書なし
外国語児童書なし
外国語絵本英語絵本が約20冊あり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
あり朗読カセットのみありなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
ありなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル入口入って左に、除籍蔵書を提供するコーナーを常設で設置
設備
検索機3台(キー&マウス入力機2台、タッチパネル入力機1台)
検索結果印刷機能あり
資料の複写カウンター向かって左にセルフ式コピー機あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4カラー50円、A3カラー80円。
ブックポスト図書館入口向かって左の壁面にブックポストあり
自動貸出機カウンターから見て斜め右の雑誌ラックの手前にICタグ式自動貸出機1台あり
座席数一般用68席、児童用9席
児童用椅子席3席
児童用机席6席
新聞コーナー(椅子)18席
新聞コーナー(机)9席
雑誌コーナー(椅子)16席
PC優先席(机)1席
椅子席12席
机席12席
飲食設備蓋付き容器(ペットボトル・水筒など)の飲料に限り、館内での摂取可能
ネット閲覧PCネット閲覧PC2台あり。利用は1枠30分で連続2枠まで。連続2枠使用後に空きがあれば1枠ごとに延長することができ、最大120分まで利用可能。
データベース・CD-ROM閲覧なし
持参PC利用CD・DVDコーナーのうち、新聞ロビーとの仕切り沿いに持参PC利用席1席あり。電源なし。
LAN接続ネット閲覧PC・持込PC席付近に「ソフトバンクwifi」のアクセスポイントあり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本10点ほどあり。貸出可能。
児童向け視聴覚資料CD・DVDコーナーに児童向けCD・DVDあり
おはなし会乳幼児向けおはなし会が月1回、こども向けおはなし会が月1回+週1回あり
靴脱ぎスペース児童コーナー手前側にビニール床の靴脱ぎスペースあり
授乳室なし
オムツ交換台集会室手前にオムツ交換台あり
児童用トイレなし。書架エリアを出て集会室のほうに行かないとトイレがないので、小さいお子さん連れの際はご留意ください。
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーター建物1階の図書館です。入口スロープあり。
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレ男子トイレ向かって右、女子トイレ手前に誰でもトイレあり
大活字本カウンター前の棚に大活字本と拡大写本あり
視覚障害者向け資料カウンター向かって左奥から一般書架エリアに入ってすぐ左の棚に『都議会だより 点字版』『広報東京都 点字版』などの点字の定期発行物あり
カウンター前の大活字本などがある棚に、文学作品の点字版や点字絵本が少々あり
拡大読書器・老眼鏡カウンターに拡大ルーペあり
対面朗読室なし

墨田区立八広図書館 カレンダー

が休館
10月
1
2345678
9101112131415
16171819
202122
23242526272829
3031

11月
12345
6789101112
13141516
171819
20212223242526
27282930

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.