東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記杉並区 > 杉並区立成田図書館

CurrentIcon 杉並区立成田図書館

杉並区立成田図書館 訪問記

last visit:2017/09/26

杉並区立成田図書館は、南阿佐ヶ谷駅の南の、住宅街の中にある図書館。小さな図書館で、閲覧机も少ないので、閲覧よりは貸出に向いている図書館です。

§ 図書館の場所

成田図書館の最寄り駅は南阿佐ヶ谷駅で、南阿佐ヶ谷駅といえば杉並区役所のすぐそば。つまり、成田図書館は杉並区役所から一番近い図書館です。駅からの道のりはこちらに書きましたが、駅の南側の住宅地をくねくねと進んだ中にあります。

区役所があるだけあって、位置としても杉並区の中心に近く、こう聞くと図書館も中心にふさわしい施設かと想像してしまいますが、予想に反して杉並区立図書館(杉並区立図書館条例で設置された図書館。高井戸地域区民センター図書室馬橋ふれあい図書室は該当しない)の中で一番面積が小さい図書館です。建物としても住宅地のなかに溶け込んでおり、駐輪場など一般の戸建てとは違う設備がなかったら、見逃してしまいそうです。

§ 図書館内の様子

まず、図書館に入る前に見つけて、おやと思ったのが、図書館が閉まっているときに本を返却できるブックポスト。投入口に「「中野区立図書館の資料は入れないでください」という注意書きがあるんです。中野区との境界線に近いところにある図書館ならともかく、杉並区の真ん中に近い成田図書館にも間違えていれる人がいるというのは不思議。まさか、確信的に中野区立図書館まで行くのが面倒でいれる人がいるのでしょうか。図書館利用者として、返すべきところに正しく返したいものです。

図書館は2階建てです。図書館の分類でいう0類(総記)、1類(哲学)、2類(歴史)、3類(社会科学)、8類(言語)、文学全集の一部、地域資料が2階にあるほかは、全部1階にあります。カウンターは1階で、5台ある検索機も全て1階にあります。

座席は雑誌コーナーや1階書架に点在する椅子席が中心で、机席は1,2階合わせても5席しかありません。そこで、2016年9月より試験的に、2階にある集会室の利用がないときには閲覧席として開放しています。

そんなわけで、ほとんどの資料・設備は1階に集まっています。1階入口を入ると、目の前にカウンターがあり、カウンターの右側一帯が一般書架で、カウンターを越えた奥に雑誌コーナーがあります。一般書架や雑誌コーナーより更に奥の一帯が児童エリアで、奥の窓は小さなテラス(利用者は入れません)に面しています。

§ 一般書架

一般書架は、前述したようにジャンルによって1,2階に分かれています。毎年発行されている杉並区立図書館要覧には芸術関係の資料が多いとあり、実際の棚を見ても、1階の入口から見て右側の壁沿いの棚一面に、芸術関係の本がずらりと集まっています。

図書館では辞典・事典などをひとまとめにして「参考図書コーナー」としているところが多いのですが、成田図書館にはそうしたコーナーがありません。といっても、所蔵していないわけではなく、百科事典は030、国語の辞書は813、昆虫図鑑は486というように、辞典・事典も単行本と一緒に、内容で分類された棚の中に点在しています。成田図書館から1.2km北西にいけば杉並区立中央図書館があるので、各種事典を使って調べ物をしたい人はそちらへどうぞということなのでしょうか。

ただ、単行本を読んでいてふと疑問に思ったことを調べたいときなどは、同じジャンルの単行本と事典類が一緒になっているのは便利。特に1階には机席がほとんどないので、その本があった棚のそばの椅子に座って読んでいる人が多いのですが、読んでいる途中にわからない専門用語などが出てきたら、本があった棚を探せばそのジャンルの事典があります。

また、新書の扱いも少し複雑で、新書サイズの本が集めた本棚があるのですが、ここにあるのは岩波新書の赤版、岩波ジュニア新書、丸善ライブラリー、カラーブックス、講談社現代新書、文庫クセジュ、中公新書のみ。それ以外の新書は、単行本と一緒にジャンルごとの棚に入っています。また、小説は単行本、新書サイズ、文庫本サイズで分かれています。つまり、宮部みゆきのように、単行本、新書版、文庫本それぞれで著書がある作家の小説を何か読もうかなと思ったときには、3箇所を見ることになります。

文庫本の並べ方も独特で、「小説」と「小説以外」に分けて、それぞれで著者姓名の五十音順です。「小説以外」には、言葉通り、歴史の本、健康の本、アートの本など、あらゆるジャンルが含まれており、それが全部合わさって著者姓名の五十音順に並ぶさまは、あまり図書館では見ないジャンル混在ぶり。この並び方だと自分からは見に行かないジャンルの本と出会える可能性もありますし、文庫でサイズが小さいと気楽に借りやすいので、この並び方を活用して読書の幅を広げたいです。

常設の特集コーナーとしては、1階入口入ってすぐ右(階段に向かって右)に「中高齢者の生活支援コーナー」があります。"支援"とつくと、支えが必要な弱い人を助けるようなイメージがありますが、「終活」「介護」「医療」「暮らし・生き方」「住まい」「仕事」「マネー」「健康」「エッセイ」「趣味・学び」「その他」というトピックで本を集めており、生活をより充実させるような本も含まれています。個人的には、この内容なら生活"応援"コーナーという名前にすればいいのではと思いますが、そうした本が読みたい方はこちらの棚を覗いてみてください。

英語で書かれた図書もあります。料理本や旅行ガイドなどもありますが、大部分は小説で、棚の場所としても英米文学の本の前にあり、小説原書と翻訳小説が近くに置かれるかたちになります。もちろん、必ずしも成田図書館で小説原書と翻訳小説を所蔵しているとは限りませんが、他館からの取り寄せも駆使して、原書と訳本を読み比べれば英語の勉強のみならず、文章表現の勉強にもなりそうです。

総記・哲学・歴史・社会科学・言語・地域資料などを利用したければ、2階へ行くことになります。1,2階をつなぐ階段の壁では、クリアケースを両面テープで壁に貼り付け、そこに本を入れて展示しているのですが、一部は両面テープが剥がれて本ごと落ちてしまいそうな気も。もしかしたら、このままでは落ちてしまうのではと思わせることで、手に取らせる手法でしょうか(笑)。本を丁寧に扱っていないように見えてしまい、私は展示方法を変えてもらいたいです。。

2階の集会室は、2016年9月から試験的に、集会室としての利用がないときに閲覧席として開放しています。平日は19:45まで、日祝は16:30までという制限がありますが、図書館の開館時間が平日は20時、日祝は17時までなので、開館している間はほとんど利用できると言っていいでしょう。2017年9月に行った時も「試験的に」という文言は外されていませんでしたが、貸出できない資料や分厚くて貸出には向かない本もありますし、ぜひ常態ルール化して欲しいです。

§ 児童エリア

高い本棚がならぶ1階の一般書架を抜けた奥が児童エリア。図書館全体の面積が小さいので、児童エリアも広くはありませんが、小さなテラスに面していてのんびりと過ごしたくなる空間です。

児童エリアの角にある靴脱ぎスペースは、仕切りに囲まれた空間なので、静かにできないくらい幼いお子さんを連れてきたときも安心して利用できます。この靴脱ぎスペースの外にも絵本は多数あり、靴脱ぎスペース向かって右には仕掛け絵本もあります。

こんなところにこんな本が、と思ったのが、児童読み物の中に漫画があること。児童読み物は国・地域別に分けたうえで著者姓名の五十音順に並んでいるのですが、日本の読み物の「テ」のところに手塚治虫の『ブラックジャック』があるんです。また、子どもより大人が読みそうな漫画は、一般書架の726の棚にあります。

児童エリアには子どもが読む本しかないと思っている人もいると思いますが、靴脱ぎスペース向かって左手前に「子育て応援コーナー」があり、妊娠出産・育児・子どもの健康・教育しつけに関する本が集まっています。お子さんができたら自然と児童エリアに行くかと思いますが、妊娠出産などお子さんが生まれる前に役立つ本もあるので、大人もぜひ覚えておいてください。

§ 貸出向きの図書館

冒頭で書いたように、成田図書館は杉並区立図書館の中で一番小さい図書館。最近は集会室を閲覧席として開放しているものの、集会室としての利用があれば使えないので、本を積んであれこれ調べたいときなどにはあまり向いていません。

その一方で、高井戸地域区民センター図書室・馬橋ふれあい図書室とは違って、図書館条例によって定められた図書館なので、読み物中心ではなくあらゆるジャンルの本が揃っています。つまり、コンパクトにいろいろなジャンルを網羅している。例えばお隣中野区の中央図書館など、ワンフロアに豊富な資料を所蔵している図書館だと、歩き疲れてしまうこともありますが、成田図書館では小説の本、スポーツ本、料理の本…などいろいろな本を見て回っても移動距離は少ないです。

閑静な住宅地のなかにあることもあり、普段の生活の中でちょっと寄るのにちょうどいい図書館という雰囲気。少し足をのばせば杉並区立中央図書館があるので、この辺にお住いの人なら、毎日の読書は成田図書館、本格的な調べ物をしたいときには中央図書館と、用途によって使い分けるのが肝だと思います。小さな図書館と中央図書館が近くにあるというメリットをぜひ活用してください。

杉並区立成田図書館 データ

住所東京都杉並区成田東3-28-5 →大きい地図を開く
Tel03-3317-0341
開館時間
月~土曜9:00~20:00
日曜・祝日・12月29,30日9:00~17:00
定休日第1,3木曜(祝日の場合は開館し、翌日以降の直近の平日を休館)
12月31日~1月4日
最寄駅東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩13分
最寄バス停「成田東三丁目」停留所から徒歩5分
関東バス 中35(中野駅~新高円寺駅~五日市街道営業所)
関東バス 中36(中野駅~新高円寺駅~吉祥寺駅北口)
関東バス 高43(高円寺駅南口~新高円寺駅~五日市街道営業所)
「阿佐ヶ谷住宅東」停留所から徒歩5分
すぎ丸 けやき路線(阿佐ヶ谷駅~浜田山駅 循環)
駐輪場建物入口向かって右に駐輪場あり
駐車場なし
所蔵資料
図書所蔵数2011/04/01現在 99,061冊
漫画一般書架の726の棚に漫画あり 。また、児童読み物のなかに『ブラックジャック』『のらくろ』あり。
外国語新聞The Japan Times/International New York Times(英語)あり
外国語雑誌ELLE DECORATION(フランス語)あり
外国語図書16番の棚に英語図書あり
外国語児童書1階の外国語図書のなかに『エルマーと16ぴきのりゅう』『ドリトル先生航海記』など英語の児童読み物あり
外国語絵本英語絵本が約170冊、中国語絵本が約10冊、ドイツ語・フランス語・ベルギー語・イタリア語・ロシア語・トルコ語・アラビア語・ヘブライ語・ペルシア語・タイ語・英語中国語併記絵本が1~数冊ずつあり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
なしなしなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル図書館入口入ってすぐ左に、除籍蔵書を提供するコーナーを常設で設置。1人10冊まで。
設備
検索機5台(全てタッチパネル&キー&マウス併用機)
検索結果印刷機能あり
資料の複写1階お手洗い向かって左にセルフ式コピー機あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4カラー50円、A3カラー80円。
ブックポスト建物入口向かって左の壁面にブックポストあり。開館中の使用は不可。
自動貸出機なし
自動返却機なし
セルフ予約受取なし
座席数一般用66席、児童用34席
1階児童用椅子席26席
児童用机席8席
雑誌コーナー(椅子)16席
椅子席18席
机席1席
2階椅子席5席
机席5席
集会室椅子席5席
集会室机席16席
※集会室は2016年9月から試験的に閲覧席として開放していますが、常態的に開放するかどうかは不明。集会室が使えるのは、平日は19:45まで、日祝は16:30まで。
飲食設備蓋付き容器(ペットボトル・水筒など)の飲料に限り、館内での摂取可能
ネット閲覧PCネット閲覧PC2台あり。利用は1回1時間まで。
データベース・CD-ROM閲覧ネット閲覧PCで「ジャパンナレッジ」「聞蔵Ⅱビジュアル」「ヨミダス歴史館」「毎索」の利用可能
持参PC利用館内で持参PCの使用可能。電源なし。
その他設備
  • 1階コピー機向かって左の記載台に投書箱「わたしの声」あり。回答は、「わたしの声」上の壁に掲示しています。
  • 図書館入口入って左の壁面にAEDあり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本なし
児童向け視聴覚資料なし
おはなし会赤ちゃん向けおはなし会が月1回、子ども向けおはなし会が週1回あり
靴脱ぎスペース児童エリア奥に絨毯敷きの靴脱ぎスペースあり
授乳室専用の授乳室は見当たりませんが、授乳したい方はカウンターに言ってくださいとのこと
オムツ交換台オムツ交換台は見当たりませんが、オムツ交換したい方はカウンターに言ってくださいとのこと
児童用トイレなし
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーター建物1階にある臨時窓口ですが、路面から臨時窓口の入口までに階段があるので、車椅子などでは入れません
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレ1階男性用・女性用トイレの間に誰でもトイレあり
大活字本1階のお手洗いの前の棚(14番)に大活字本あり
視覚障害者向け資料開架を見る限りはなし
拡大読書器・老眼鏡なし
対面朗読室2階の左奥に録音室があり、ここで対面朗読をしていると思われます

杉並区立成田図書館 カレンダー

が休館
11月
12
345
67
8
9
10
1112
13141516
171819
20212223242526
27282930

12月
123
4567
8910
11121314151617
18192021
222324
25262728293031

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.