東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記江戸川区 > 江戸川区立小松川図書館

CurrentIcon 江戸川区立小松川図書館

江戸川区立小松川図書館 訪問記

last visit:2017/07/25

江戸川区立小松川図書館は、江戸川区立図書館で唯一、荒川以西にある図書館。すぐそばにある小松川高校からの「テニス部の掛け声が大きくてすみません」のおことわりメッセージには、むしろ応援したい気持ちがわきあがります。

§ 図書館の場所

小松川図書館の最寄り駅は総武線平井駅です(駅からの道のりはこちら)。小松川といえば小松菜の名前の由来となった土地で、江戸川区HPの中の「江戸川の小松菜はエライ!」によると、「小松菜は、江戸時代鷹狩りで小松川を訪れた8代将軍徳川吉宗が昼食に出されたすまし汁に入っていた冬菜を気に入り小松川の名をとって“小松菜”と命名したと云われています」とあります。鷹狩りの場所になるくらいだから、獲物となる動物がこの小松川にたくさんいたのでしょうが、駅から小松川図書館まではずっと商店街を進むかたちで、今の姿からは想像が付きません。

§ 図書館内の様子

小松川図書館は3階建て。1階は入口を入った両脇が小説・エッセイなどの読み物の本、大活字本、ティーンズコーナー、CDコーナー。その先に進むと右に検索機とカウンターがあり、カウンターの対面が家事関連本・健康関連本で、突き当り一帯が児童コーナーです。2階は、階段をあがって左先に新聞・雑誌コーナー、左手前に参考図書コーナーがあり、更に左側の一帯が小説以外の一般書架。3階には資料はなく、読書室と視聴覚室があります。

1階入口からカウンターまでの通路がとても広く、棚が密集している区画とそうでない区画にはっきり二分している印象です。本棚をぶらぶら眺めるブラウジングをするというより、本がある場所と閲覧する場所をはっきり分けるタイプのデザインは、古い図書館に多いのですが、あらためて調べてみたら、2012年1月に小岩図書館が新しく移設された現在、この小松川図書館が江戸川区立図書館の中で一番古い建物なんですね。その分確かにバリアフリー面は弱く、エレベーターがなかったり、車椅子で入るには狭い個所もありますが、1階の広い通路に車椅子優先席を設置するなど、この施設でできる工夫をしてくれています。

§ 1階の様子

1階入口付近は、中央の通路を挟むようにして、左に日本の小説とCD、右に日本のエッセイ、外国小説、ティーンズコーナーがあります。日本の小説の棚は、ただ本を並べるだけでない工夫がいろいろあり、石田衣良、角田光代、重松清といった人気作家の本がある場所には、台本板のようなかたちで著者の略歴が描かれた箱が挟まっています。この箱の厚みの分だけ棚に入る本が減ってしまうという面もあり、そのデメリットを上回るメリットがあるかというと個人的にはそうでもないと思いますが、小説を読むようになったばかりで、誰の本を読もうかなと迷っている人には参考になるかもしれません。

また、小説の棚に並ぶ本をよく見ると、ところどころに「図書館員のオススメ」という帯がかかった本があります。これは文字通り、図書館員さんがお薦め本かけている手作りの帯で、表側にはその本のお薦めコメントが、裏側にはその本に関連する別のお薦め本が紹介されています。帯がかかっている本の中から気になる本を借りてもいいし、読んだことがある本に帯がかかっているのを見たら、裏側で紹介されている関連本を借りてみるというようにも使えます。ちなみに、貸出の時にはカウンターで帯を取り外すので、借りている間ん帯をなくすかもといった心配は不要です。

小説エリアの窓際の棚には、大きな文字で読みやすい大活字本が並んでおり、小説の大活字本だけでなく、薬の事典や国語辞典、パソコンノウハウ本といった実用書の大活字本もあります。また、その棚の上(向かって左端のほう)には、読んでいる行に焦点をあてやすくするリーディングトラッカーがあり、館内用と貸出用が用意されています。リーディングトラッカーは、視野狭窄などの障害がある人のためのツールと思われがちですが、難しい専門書を読むときなどの集中力をサポートするツールにもなるもので、誰でも貸出可能。最近はこうして用意している図書館も増えてきているので、使ってみたい方はぜひ試してみてください。

右側書架の奥にあるティーンズコーナーは、ピンクの見出しで男子には入りにくい空間かも(笑)。ティーンズコーナー入口で配布している「Patter Patter Paper」は、区内の高校生・大学生・専門学校生スタッフが誌面作りに参加していて、中高生はもちろん大人が読んでも楽しい広報誌です。大人もぜひ!

カウンター前の家事関連本や健康関連本の棚は、棚と棚の間が狭いです。誰か棚を見ている人がいるとすれちがうのが難しいくらい。声を掛けたりして、マナー良く利用したいところです。料理の本は、「アウトドア」「ガイド・レストラン」といった大きなジャンル分けもあれば、「つまみ」「漬物」といった細かい料理などでも見出しがついているし、医学の棚も「うつ」「肝臓病(肝炎・肝がん)」「高血圧」「高脂血症・コレステロール・中性脂肪」「通風」「糖尿病」等、病名で見出しがついているので便利ですね。それと、雑誌は2階ですが、女性誌のバックナンバーの一部は1階カウンター前の家事関連本と一緒にあるので、それらを利用したい人はお見逃しなく。

児童コーナーは床も明るい色でにぎやかな雰囲気ですね。壁から吊り下げられた可愛いモビールが出迎えてくれるけど、決してごちゃごちゃした感じではない、メリハリの効いているエリアです。児童コーナー内の配置は、向かって左側が絵本や紙芝居、右側が読み物やちしきの本。壁周囲にあるちしきの本の棚上部には、ジャンル名が大きく書かれていて、何がどこにあるのかわかりやすいです。

カウンターの端には、子どもが面白かった本を投稿できる「この本面白かったよ」の用紙と投稿されたもののファイルが置いてあります。新しいものは絵本コーナー内に展示されているので、そちらもぜひ。「この本面白かったよ」のいいところは、用紙がA4と大きいこと。子どもたちが面白かった本について、文章と絵を存分に使って書いています。いろいろなおはなしを読むのも楽しいし、それについてあれこれ書くのも楽しいんですよね。

絵本は、日本のおはなしも外国のおはなしも合わせて、絵を描いた人の頭文字で分類されていますが、完全な絵を描いた人名五十音順ではなく、頭文字1文字で分類して、主だった絵を描いた人は見出しをつけ、その後に見出しのない絵を描いた人を並べているような形です。でも、有名なシリーズでも、絵を描いた人の名前って言われるとわからなかったりもしますよね。そんなときのために、絵本の棚の側面には、「ぐりとぐら」「バーバパパ」「ムーミン」といった主だったシリーズの絵を描いた人名・分類番号がわかる表を貼っています。

児童読み物は、日本、英米、ドイツ、フランスなど、著者の国・地域別に分類した上で、著者の苗字の頭文字で分類しています。こちらも絵本と同様、完全な姓名五十音順ではなく、同じ頭文字内での並び方に決まりはありません。対象年齢で棚を分けたはしていませんが、低学年向けの本には猫の顔の黄色いシールが貼られているので、それが本選びの目安になります。シールを目安にしつつ、面白そうな本を見つけたら、高学年向けの本にチャレンジしてみてもいいですよね。

§ 2階の様子

2階も、新聞・雑誌コーナーや参考図書(辞典類)コーナーは比較的ゆったりしていて、一般書架は椅子もほとんどなく書棚がずらっと並ぶかたちです。一般書架の案内が三段階になっているのがとてもわかりやすく、まず書棚の側面にその列に収められているジャンルが書かれており、更に棚上部にその棚に収められているジャンルを掲げ、またまた更に本の間に挟むタイプの見出しで細かい配置がわかるというかたち。棚側面や本の間に挟むタイプの見出しは、どこの図書館でも設置してくれていますが、その中間にあたる棚上部のガイドがあることで、初めて来た人でも読みたい本がある場所の絞り込みがスムーズにできると思います、

本の間に差すタイプの見出しは、基本的には分類番号+著者名頭文字で、例えば鈴木という人が書いた経営管理(336)の本なら「336 ス」になるのですが、経営管理のようにいろいろなキーワードが含まれる本の場合は、キーワード名の頭文字で分類しています。「経営管理」のうち「財務会計」に関する本は(“会計”の頭文字をとって)「336 カ」、「経理」に関する本は「336 ケ」、「国際会計基準」に関する本は「336 コ」、「ビジネスマナー」に関する本は(“マナー”の頭文字をとって)「336 マ」といったかたちです。336.1、336.2…といったように分類番号を細分化するやり方と比べて、この方式のいいところは、新しいキーワードが登場したときに番号の系統立てに悩まずに増設しやすいこと。ビジネス本もそうだし、インターネットに関する本が置いてある「007 情報科学」の棚も、Excel、Wordなどの具体的なソフト名はもちろん、「ソーシャルメディア(SNS)」「タブレット型情報端末」など新しいキーワードの見出しがあり、時代のニーズに応えた棚の分類になっています。

2階の書棚の真ん中辺りには、小さい地域資料コーナーがあり、小松菜の本もなどもここにあります。そう、小松菜は江戸川区小松川付近で品種改良して栽培され始めた野菜で、名前も小松川の地名からきているのですよね。といっても、小松川図書館は住所でいうと「江戸川区平井」で、小松川図書館のすぐ南からが「江戸川区小松川」です。地域資料の棚の側面では「江戸川区文化財 史跡探訪マップ」を配布しているので、図書館の行き帰りに時間があったら、ちょっとお散歩するのもいいですね。

§ 地域のお店とのコラボも

小松川図書館のキャラクターは(たぶん)リスの「こまぞー」くんなのですが、こまぞーくんは図書館で館内を彩っているだけではありません。歩いて徒歩6分のところにあるパン屋さん「リヨン エトワール」では、こまぞーくんのイラストが描かれたラスクを作って売っています。リヨンは東京周辺に店舗展開をしているパン屋さんですが、こまぞーラスクが売っているのはこの店舗だけ。ただ、不定期で作るラスクで、お店に必ずあるわけではないとのこと。私も一度行ってみましたが、残念ながら売り切れでした。また小松川図書館に行ったときに寄ってみようと思います。

皆さんも小松川図書館へ行く際にはぜひ。ということで、お店の場所を説明しましょう。住所は平井1-2-19。図書館からお店へ行く場合は、小松川図書館の敷地を出て右へ進み、突き当りで右へ曲がり、最初の十字路で左に曲がります。中央分離帯のある車道・ゆりのき橋通りと交わったところで、やや右にある横断歩道でゆりのき橋通りの向こう側の歩道に渡ってから左へ進むと、少し先に都バスの停留所「小松川三丁目」があり、そのすぐそばにパン屋さんがあります。営業時間は8時から19時までで、月曜が定休日です。

図書館と地域のお店とのコラボ企画としては、商店街の店員さんにお薦め本を聞いて展示するなどの例を見たことがありますが、図書館キャラクターをモチーフにした商品を販売するというのは珍しいです。これから先、小松川図書館が地域とともに発展していくのを楽しみにしています。

江戸川区立小松川図書館 データ

住所東京都江戸川区平井1-11-26 →大きい地図を開く
Tel03-3684-6381
開館時間9:00~21:30
定休日第4月曜(祝日は開館し、翌日を休館。振替休日は休館)
12月31日~1月2日
最寄駅JR総武線 平井駅から徒歩18分
最寄バス停 「小松川三丁目」停留所から徒歩4分
都営バス 錦25(葛西駅前~船堀駅前~錦糸町駅前)
都営バス 錦27(小岩駅前~錦糸町駅前~両国駅前)
都営バス 平23(葛西駅前~平井駅前)
都営バス 平28(東大島駅前~平井駅前~平井操車所・東大島駅前循環)
都営バス 亀26(今井~亀戸駅前)
駐輪場建物入口手前左に駐輪場あり
駐車場なし
所蔵資料
図書所蔵数2014/04/01現在 90,385冊 出典『江戸川区図書館 事業概要 平成26年度』
漫画あり
外国語新聞The Japan Times/International New York Times(英語)あり
外国語雑誌なし
外国語図書なし
外国語児童書なし
外国語絵本児童ちしきの本の83の棚に、英語絵本5冊ほどあり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
ありなしなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル1階入口入って右に、除籍蔵書を提供するコーナーを常設で設置。1人5冊程度まで。
設備
検索機4台(1階3台、2階1台。全てタッチパネル入力機)
検索結果印刷機能あり
資料の複写1階カウンター向かって右にセルフ式コピー機あり。A4・B4・A3モノクロ10円、A4・B4カラー50円、A3カラー80円。
ブックポスト建物入口左に回り込んだところ(2つの自動ドアの間の空間の側面)にブックポストあり
自動貸出機なし
自動返却機なし
セルフ予約受取なし
座席数一般用105席、児童用24席
1階児童用椅子席14席
児童用机席10席
椅子席5席
車椅子優先机席2席
2階新聞・雑誌コーナー(椅子)15席
参考図書コーナー(机)6席
椅子席3席
3階閲覧室(机)74席
飲食設備なし
ネット閲覧PCなし
データベース・CD-ROM閲覧なし
持参PC利用不可
LAN接続館内や公式サイトには明記されていませんが、ソフトバンクWi-Fiスポットau Wi-Fi SPOTWi2 300ご利用可能エリアケーブルTV wifiご利用可能エリアに小松川図書館が登録されており、図書館エリアにいると各Wi-Fiの電波が入ります。
その他設備
  • 1階階段向かって左に、意見箱「館長への直行便差し入れ口」あり
  • 1階の階段向かって左にAEDあり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本紙芝居の棚の下にふかふか絵本と布絵本が少々あり。館内閲覧用。
児童向け視聴覚資料CDコーナーに児童向けCDあり
おはなし会乳幼児向けおはなし会月1,2回、子ども向けおはなし会月1回あり
靴脱ぎスペースなし
授乳室授乳室はありませんが、授乳したい方はカウンターにお申し出くださいとのことです
オムツ交換台オムツ交換台はありませんが、オムツ交換したい方はカウンターにお申し出くださいとのことです
その他児童向け資料・設備等1・2階の間の踊り場のお手洗い手前にベビーベッドあり
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーターなし。図書館入口の段差はスロープがあるので車椅子で入れますが、図書館内にはエレベーターがないので、車椅子のままだと1階しか利用できない状態です。また、1階にはトイレがない(1階と2階を結ぶ階段の踊り場にある)ので、車椅子の人にはかなり不便です 。
車椅子用閲覧席1階入口入った右先に車椅子優先閲覧机あり
誰でもトイレなし
大活字本入口入って左の小説本エリアの壁沿いの棚に大活字本コーナーあり
視覚障害者向け資料開架を見た限りではなし
拡大読書器・老眼鏡1階カウンターに老眼鏡あり
対面朗読室なし

江戸川区立小松川図書館 カレンダー

が休館
11月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27
282930

12月
123
45678910
11
12
13
14
15
16
17
18192021222324
25
262728293031

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.