東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記文京区 > 文京区立図書館茗荷谷図書返却ブックポスト

CurrentIcon 文京区立図書館茗荷谷図書返却ブックポスト

文京区立図書館茗荷谷図書返却ブックポスト 訪問記

last visit:2015/12/09

文京区立図書館茗荷谷図書返却ブックポストは、茗荷谷駅近くにある図書館流通センター本社ビルの建物に作り付けで設置されているブックポストです。文京区立図書館の本と雑誌なら、図書館まで行かなくてもこのポストで返却できます。

§ 図書館流通センター本社ビルに設置されたブックポスト

丸ノ内線の茗荷谷駅は小石川図書館まで徒歩6分ほど。でも、文京区立図書館の本を返却するだけならその6分さえ歩く必要はありません。なぜなら、駅近くの図書館流通センター(以下、TRC)本社ビルに、文京区立図書館の本・雑誌を返却できるポストが設置されているからです。駅からポストまでの道のりはこちらに書きましたが、横断歩道の待ち時間を入れても2分あれば着く近さです。

ビルの入口が歩道に直接面しているのではなく、敷地内の屋根がある空間に向かって入口が設置されいるのですが、その入口の対面の壁にポストが設置されています。つまり、建物から出てくる人にとって、出た目の前にポストがあるというかたちです。図書館に設置されている閉館中のブックポストは外壁に設置されていることが多く、雨の日に傘を差しつつ返却本を鞄から出すのに難儀なこともありますが、その点このポストのように屋根のある空間にあるというのは利用者にとっても嬉しいですし、本を守るためにもいい造りです。

§ ブックポストの使い方

ブックポストを見ると、投入口のすぐ上に「月曜日から土曜日 午前 9時から午後9時 日曜・祝日及び12月29日  午前9時から午後7時…」といった文言があるので、これがブックポストの利用可能時間かと思いきや、これはこのブックポストに関する連絡先である小石川図書館の連絡可能時間で、このブックポストは24時間利用可能です。

図書館に設置されているブックポストも同様ですが、CDやDVDなどの視聴覚資料は破損する恐れがあるのでブックポストには入れてはいけません。もちろん、CD・DVDが付属している図書もNG。それらの資料は図書館が開いている時間にカウンターへ返却する必要があります。また、文京区立図書館を通じて貸出した他の自治体の資料も不可。ブックポストに返却できるのは、文京区立図書館の本と雑誌だけです。

もう一つ注意点があり、回収されるのが1日1回などの頻度なので、ブックポストに入れてから実際に返却処理が行われるまでにタイムラグがあります。翌日に図書館に行く予定があるなら、図書館とは別の場所に設置されたブックポストに返却するより、翌日に図書館に返却する方が早く返却処理されることもあります。

§ TRCと文京区立図書館の関わりへの影響は?

こうした図書館とは別の場所のブックポストは利用者の利便性を上げるために近年設置が増えていますが、このブックポストの珍しい点は、図書館が入居していない民間企業の建物に作り付けで設置されているポストだということです。2015年12月10日現在、図書館とは別の場所にある返却用ブックポストは、23区に20個設置されていますが、うち18個は区の施設・専有区画の中に設置されるかたちです。残る2つは、新小岩駅東北広場図書返却ポスト中野駅南口ブックポストで、両社とも駅前の公共スペースにボックス型のブックポストを置くかたち。図書館とは別の民間企業の建物に作り付けで設置されている茗荷谷図書返却ブックポストはかなり珍しいスタイルです。

「図書館流通センター」という社名を見ると、本の調達を専門にしている会社と思うかもしれませんが、近年は図書館の運営も受託しており、実際に小石川図書館の運営も指定管理者としてTRCが受託しています。TRCは、同じ春日通り沿いのやや北東付近に本社があったのが、2013年10月に現在の新しいビルへと移転し、新ビル建築の際にブックポストを設置しました。駅近くにポストができたことで利便性が上がることも確かですが、図書館運営業務において、文京区立図書館は委任する側、TRCは委託される側の業者であることを考えると、業者選定の際に公平さが欠けないかやや疑問も感じます。こうして文京区立図書館のブックポストを管理してもらっていることが、業者選定で有利になってしまわないかと。

また、このブックポスト管理、または場所を借りることに対して、対価を払っていると思うのですが(もし払っていなかったら、それこそそれが「恩」として業者選定に影響しないか問題)、もしこのブックポストがそれほど利用されなかった場合、費用対効果を考えてスパッと撤収できるのか。後で設置するタイプのポストならすぐに撤収できますが、このポストは壁に作りつけていますので、利用が少なくても使用しつづけ、管理費なり設備賃貸費なりをTRCに払い続けることになったりしないか。図書館業務を委任される民間会社の建物に、区立図書館用の設備が設置されることについての是非を考えさせられるポストです。

文京区立図書館茗荷谷図書返却ブックポスト データ

住所東京都文京区大塚3-1-1 図書館流通センター本社ビル1階玄関脇 →大きい地図を開く
Tel03-3814-6745(小石川図書館)
利用時間24時間利用可能
定休日年末年始(2015年度は12月29日19時から1月4日9時まで閉鎖)
最寄駅東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅から徒歩2分
最寄バス停「大塚車庫前」停留所から徒歩1分
都営バス 都02系統(大塚駅前・池袋駅東口~茗荷谷駅前~東京ドームシティ・一ツ橋・錦糸町駅前)
「茗荷谷二丁目」停留所から徒歩1分
文京区コミィニティバス「Bーぐる」 目白台・小日向ルート(文京シビックセンター~江戸川橋駅~護国寺駅 循環)
駐輪場なし
駐車場なし
Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.