東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記杉並区 > 杉並区立永福図書館

CurrentIcon 杉並区立永福図書館

杉並区立永福図書館 訪問記

last visit:2012/05/01

杉並区立永福図書館は、西永福駅からも永福駅からも等距離ほど、和田堀公園の南にある図書館です。2階建ての建物の中に、4層の積層書架があるので、自分がいる場所が何階なのかわからなくなってきそうです(笑)。

§ 図書館の場所

永福図書館は、西永福駅と永福町駅の中央よりやや西永福駅寄りの位置にあります。西永福駅から行く場合、改札を出て左の北口に降り、階段なら真っ直ぐ、エレベーターで降りた場合は折り返すかたちで踏切まで出て、線路と交差している通りを左(北)に進みます。100m強進むと「西永福駅入口」交差点で井ノ頭通りと交わるのでそこを左折し、50mほど先の「西永福」交差点で右手前に折り返すように伸びている方南通りに入ります。400m弱歩いて、左に大宮八幡が見えてきたあたりで「永福図書館→」という小さな看板が出てくるので、そこを右折。するとすぐ左に永福図書館の門があり、入った右先に永福図書館が建っています。

§ 図書館の複雑な構造

建物は2階建てと言おうか、4階建てと言おうか。杉並区立図書館要覧にも書いてあるように、建物としては2階建てなのですが、中2階がある上に、3階の中に2層になった積層書架があるので、図書館の配架図は4階建てとして描かれています。おそらく、積層書架は3階から下の部分もあって、2階以下が閉架、3階以上が開架という形なんだと思います。面白い構造ですね。

各階の配置は、1階が雑誌・新聞コーナー、旅行ガイドと児童コーナー、2階が郷土資料、外国語図書、大活字本に法令集など。3階が閲覧席と一般書架で、一般書架のうち総記・哲学・歴史・政治・経済が4階にあります。カウンターは1階と3階にあり、どちらでも借りたり返したりできます。

§ 新聞・雑誌コーナー

1階は、入口入ってすぐのエリアが新聞・雑誌コーナー。入って右の壁には、旅行ガイドも並んでいます。カウンターは、入口から見て左奥になります。以前は1階にも机席があったのですが、今は椅子席だけです。

入口からみて正面の壁の上には、門田光秋氏という杉並区大宮一丁目在住の方の作品が2点展示してあります。さらさらと描いたスケッチですが、狛犬には力を感じます。描かれている堀ノ内妙法寺は、ここよりもっと北東の新高円寺の方にあるお寺ですね。

§ 児童コーナー

1階のカウンターの脇から奥に進むと、児童コーナーがあります。左から正面の壁に渡って、各大陸の地図とそれぞれの場所で描かれた絵本や児童書が紹介されています。例えば、オランダのところではミッフィーが紹介されていたり、ロシアではくるみ割り人形、ツバルのところでは『砂上の船 水上の家』という写真絵本といった具合。 ただストーリーを読むだけでなく、その話が遠くの国で描かれたことを考えながら絵本をめくると、世界がより広がりますね。

絵本は日本のおはなしと外国のおはなしとで分けて、タイトルの五十音順に並んでいますが、棚に入りきらない大きい絵本は棚の上に並べています。五十音順の当てはまるところに、欲しい絵本がなかったら、棚の上を探してみてください。また、絵本の中でも、バーバパパ・アンパンマン・ぞうのエルマーなどのシリーズ絵本は、読み聞かせコーナーの入口付近に置いてあります。読み聞かせコーナーは、絨毯のところと畳のところがあるので、好きな方を選んで読めますよ。

また、「のりもの・こうぎょう」「ことば あそび」「しぜん・むし・どうぶつ」の絵本は、読み聞かせコーナーの外にあり、「のりもの・こうぎょう」「ことば あそび」「しぜん・むし・どうぶつ」のそれぞれのジャンルの中で出版社名の五十音順に並んでいます。

児童コーナーで本を探している大人に利用して欲しいのが、紙芝居の棚の上にある「こどもの本 ~保護者・児童図書にかかわる方々向け~」という、図書館手作りの資料。絵本ガイドや児童文学ガイドなど、児童の本について書かれた大人向けの本というのは、永福図書館では3,4階の一般書架にあるのですが、そうした本を紹介する冊子を図書館が作って、児童コーナーに置いてくれているんです。中を見ると、本の表紙がカラーコピーしてあり、どの階にあって、請求記号が何かというのが書いてあります。絵本ガイド・児童文学ガイドに限らず、わらべ歌や遊びの本も紹介されているので、子どものための本を探す方は、この冊子を手掛かりに一般書架の本も活用してくださいね。

§ 2階の書架

2階は、1階から3階への階段の踊り場をちょっと広めにしてみましたみたいな、それほど大きくはないフロアです。並んでいるのは、郷土資料、英語の図書、大活字本、法令集など。また、財団法人の定期刊行物や、出版社の広報誌も並んでいます。出版社の広報誌は、最新号だけでなくバックナンバーも並んでいますよ。

§ 3,4階の一般書架

3階は広くて天井も高いし、ここがメインのフロアという雰囲気です。天井は高いけど、書棚は高くないので、163cmの私でどの棚も踏み台などなしに手が届きます。それでも柱の陰に長い脚立があったのでこれは何に使うんだろうと思いきや、天井の蛍光灯を換えるにはこれが必要ですね。天井の高い図書館は職員さんも大変です。

小説は、著者名の頭文字で分類されていますが、同じ頭文字の中の分類が独特で、著者名の頭文字ごとに図書館で著者に番号を振って、その順に並べているのです。つまり、「シ1」は誰、「シ2」は誰、みたいな番号を独自に振って、その順番で並べているのですね。新しい作家が登場すると新たな番号が振られるので、概ね「頭文字と文壇登場順」のような配列になるのですが、単純な著者名五十音順と比べるとちょっと探しにくい。杉並区立図書館は全館でこういう請求記号をつけているのですが、「頭文字と文壇登場順」的並び順より、著者名五十音順の方が探しやすいように思います。外国の小説は、東洋文学、中国文学、英米文学といった具合に、国・地域別に分けた上で著者姓名の五十音順に並んでいます。外国小説で五十音順にしているんだから、日本の小説も同じようにすればいいのにな。

また、小説のうち、複数作家の作品集は、著者名ではなく、出版社名の頭文字で分類されます。この場合、新潮社の本は「シ」というように、番号が付かない頭文字だけの請求記号になり、「シ1」の前に並んでいます。いろんな作家の作品を少しずつ読んでみたいときには、大きな出版社の頭文字の棚を見れば、いい本が見つかるかもしれませんよ。

ちょっと面白かったのが、小説以外の文庫本。文庫本は、日本の小説、外国の小説、それ以外で分けられているのですが、文庫本の漫画も「小説以外の文庫本」に分類されて、文字モノの文庫本と一緒になって著者の五十音順に並んでいるのですね。だから、『まことちゃん』(楳図かずお・作)の文庫本の隣に梅原猛の文庫本が並んでいたりするんです。ほとんどの図書館では漫画は漫画でまとめているので、こんな並びは都内でも永福図書館だけかもしれません(笑)。

小説以外の図書は、4階から3階へと分類番号順に並んでいます。これも大抵の図書館では、家事関連本などの利用の多い図書は入口近くに置いていたり、あえてイレギュラーな並びにして利便性を高めているのですが、永福図書館の書架が頑なまでに分類番号順です(笑)。建物の構造は複雑なのに、書架の並びは意外と整然としているというべきか、構造が複雑だからこそ書架を整然としてバランス取っているのか。

§ やっぱり魅力は構造の面白さ

永福図書館にいて面白いのは、やっぱり2階建てでもあり、4階建てでもあるというこの構造。永福図書館は、杉並区では柿木図書館と並んで最も古く開館した図書館で、その開館日は1965年8月1日なんです。おそらく最初は、積層書架全てが閉架だったんじゃないかな。それを、開架書架が図書館の主流になるに従って開架にしたのではないかと思います。

永福図書館の1階から4階まで面積が全て異なって、階段の位置もずれているので、上に上がっていくというより、斜めにあがっていく感じなんですね。それが、行けども行けどもまだ奥に書架がある感じになっていて、とても面白い。エレベーターもないし積層書架は狭いので、バリアフリー面では悪いのですが、建物として楽しいんです。

新しくできる図書館はバリアフリー面にも配慮したシンプルな構造になることが多く、シンプルさはコストを抑える点でもメリットなのでしょうが、ちょっとつまらない面もあるんですよね。古くに建てられた図書館は、変に凝っている構造も魅力の一つ。ぜひ、この面白い構造を楽しんでください!

杉並区立永福図書館 データ

住所東京都杉並区永福4-25-7 →大きい地図を開く
Tel03-3322-7141
開館時間
月~土曜9:00~20:00
日曜・祝日・12月29,30日9:00~17:00
定休日第1,3木曜(祝日の場合は開館し、翌日以降の直近の平日を休館)
12月31日~1月4日
最寄駅京王井の頭線 西永福駅から徒歩11分
京王井の頭線 永福町駅から徒歩13分
最寄バス停「大宮町」停留所から徒歩4分
京王バス・関東バス 新02(新高円寺駅~永福町)
京王バス・関東バス 高45(高円寺駅南口~新高円寺駅~永福町)
関東バス 中71(中野駅南口~方南町駅~永福町)
関東バス 宿33(新宿駅西口~方南町駅~永福町)
関東バス 永70(永福町~方南町~佼成会聖堂)
駐輪場図書館入口手前左の道を越えた辺りに駐輪場あり
駐車場なし
所蔵資料
図書所蔵数2011/04/01現在 138,713冊
漫画あり
外国語新聞The Japan Times/International New York Times(英語)あり
外国語雑誌The Economist、FORTUNE(以上、英語)あり
外国語図書英語あり
外国語児童書外国語図書の棚に『小公女』『オズの魔法使い』など英語児童読み物あり
外国語絵本英語絵本が約200冊あり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
なしなしなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル図書館入口入って左に、除籍蔵書を提供するコーナーを常設で設置。1人5冊まで。
設備
検索機5台(1階3台、3階2台。全てタッチパネル&キー&マウス併用機)
検索結果印刷機能あり
資料の複写1階カウンターからみて正面右寄りにセルフ式コピー機あり。A4・B4・A3モノクロ10円。
ブックポスト建物入口右の壁にブックポストあり
自動貸出機なし
座席数一般用82席、児童用12席
1階児童用椅子席6席
児童用机席6席
雑誌コーナー(椅子)33席
2階椅子席3席
持込みパソコン・携帯端末専用コーナー(机)4席
3階椅子席24席
机席18席
飲食設備なし
ネット閲覧PC3階にネット閲覧PC2台あり。利用は1回1時間、待っている人がいなければもう1時間まで延長可能。
データベース・CD-ROM閲覧ネット閲覧PCで「ジャパンナレッジ」「聞蔵Ⅱ」「ヨミダス歴史館」の利用可能
持参PC利用2階の持込みパソコン・携帯端末専用コーナー(4席)で持参PCの利用可能。電源あり。利用の際は3階のカウンターに申込が必要、利用時間は1回2時間、空席の場合は延長可能。
LAN接続館内に「Wi2 300」「au wi-fi」のアクセスポイントあり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本なし
児童向け視聴覚資料なし
おはなし会子ども向けおはなし会週1回あり
靴脱ぎスペース児童コーナー入って右奥に、絨毯と畳の靴脱ぎスペースあり
授乳室特に授乳室が設置されてはいませんが、授乳をする方は職員に声を掛けてくださいとのことなので、バックヤードなどに授乳する場所がありそうです
オムツ交換台児童コーナー内の女子トイレにオムツ交換台あり
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーターなし
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレなし
大活字本2階に大活字本あり
拡大読書器・老眼鏡3階カウンターに老眼鏡あり

杉並区立永福図書館 カレンダー

が休館
8月
123
456
78910111213
14151617
181920
21222324252627
28293031

9月
123
4567
8910
11
12
13
14
151617
18192021
222324
252627282930

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.