東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記港区 > 港区立赤坂図書館

CurrentIcon 港区立赤坂図書館

港区立赤坂図書館 訪問記

last visit:2013/06/06

港区立赤坂図書館は、青山一丁目駅南の高層タワー「青山一丁目タワー」の3階にある図書館。英語で書かれた本が、赤ちゃん絵本から一般向けまで多数あります。広い中高生コーナーも特徴です。

§ 図書館の場所

赤坂図書館は青山一丁目駅のすぐそばにあります。3番出口を出て、といっても青山一丁目駅は複雑ですし、地下の階段を上がったり下がったりするのが面倒だったら、地上に出てから青山ツインのある方へ渡ってください。青山ツインから南へ進んで横断歩道を渡った左先に高いビルがあり、その3階が赤坂図書館です。1階にスーパーの「まいばすけっと」があるビルです。

青山1丁目タワーの奥には、公園というほどではないけど、噴水やベンチのあるスペースがあります。もうちょっと駅から歩いて行けば、青葉公園なんかもありますね。今の赤坂図書館は2007年4月1日に移設されており、それまではこの青葉公園の奥にありました。その旧赤坂図書館は、閉館した後に赤坂警察署が新庁舎を建設している間の仮庁舎として使われたこともあったんです。図書館だった建物に行ってみたら警察署になっていて、ものすごくびっくりしたのを覚えています(笑)。

§ 図書館内の様子

図書館のある青山1丁目タワーは、1階にスーパーマーケット、3階が赤坂図書館、4,5階が国際医療福祉大学大学院東京青山キャンパスで、その上には三井不動産が管理している賃貸マンション。三井不動産のサイトを見てみると、一番安い部屋でも家賃が40万。おそらく、図書館の上にある住居としては全国で一番高いのではないでしょうか。

ちなみに自転車置き場は建物2階にあります。青山通り側に自動ドアがあり(一見自動ドアに見えませんが、そばを通ると開くので気がつきます)、中へ入ると右にエレベーターがあります。2階が施設用駐輪場で、地下が住民用駐輪場と分かれています。

住居への入口と図書館などのテナントへの入口は別になっており、図書館へ通じる入口は建物西側面、まいばすけっとの脇にあり、そこからエレベーターで3階に上がるようになっています。エレベーターを降りて左に行くと左右に通路があり、右に行くと図書館エリア、左に行くとお手洗いや多目的ホールがあります。右の図書館エリアの入口に入館ゲートがあるので、貸出手続きをしていない本を持ったままお手洗いに行ったりはできない仕組みになっています。貸出手続きはお手洗いが我慢できなくなる前に済ませましょう(笑)。

図書館エリアに入ると、左へと長い区画が続いています。配置は手前から児童コーナー、新刊コーナーと旅行ガイド、CDコーナーとPCコーナー、その先にカウンターや新聞・雑誌コーナー、一般書架と続いており、一番奥の左に中高生向け読書コーナーがあります。シンプルな配置でわかりやすいです。

§ 児童コーナー

児童コーナーは正方形状の空間で、全体に子どもが自分で本を手に取れるような背の低い棚がずらっと並び、右奥に靴を脱いであがれるおはなしのへやがあります。子ども向けのおはなし会は、このおはなしのへやではなく図書館エリアの外にある多目的ホールで行われているのでご注意を。

絵本は日本のおはなしも外国のおはなしも一緒にして、絵を描いた人の姓名五十音順に並んでいます。児童読み物も同様に、日本人作家のおはなしと外国人作家のおはなしを一緒にして、著者姓名五十音順にならんでいます。低学年向けのおはなしも高学年向けのおはなしも一緒にしてあるので、いろいろ手に取って開いてみて自分にあった本を探してみましょう。

布絵本も10点ほどあり、貸出はできませんが手に取って楽しむことができます。それぞれ袋に入っているのですが、その袋には「!よむまえにてをあらってね!」と書いてあります。他の図書館ではパーツをなくさないでといった注意書きが多く、こうした注意書きは見たことありませんが、大事な注意ですよね。布絵本を楽しむ年齢のお子さんはウィルス・ばい菌にも弱いでしょうし、しっかり手を洗ってから利用したいものです。

赤坂図書館は天井がけっこう高く、児童コーナーは背の低い棚が並んでいるので、真っ白な壁が上へ伸びているのが何だか淋しい気がしてしまいます。せっかくのスペースなので、飾り付けなどで賑やかにしてくれるといいなと思うのですが、赤坂図書館さん、いかがでしょう。まあ、あまり高いところに何か貼ったりすると、貼りかえるときなどが大変そうですが、背の高い職員さんがいたらぜひ(笑)。

§ CDコーナー・PCコーナー

児童コーナーの隣にあるCDコーナーは、手前の壁いっぱいにずらっとCDがならび、その対面にはCD試聴機が3台並んでいます。試聴する際にはカウンターに申し込んでの試聴となり、聞き終わったあとは棚に戻さず、DVD棚脇のCD回収箱にCDを入れてくださいとのこと。ケースと中身の入れ違いがないよう、職員さんが確認してから棚に戻すようです。

その奥にはPCコーナーがあり、デスクトップのネット閲覧PCが8台あるほか、PCが設置されていない3席では持参PCを利用することができます。電源が利用できないせいか、利用している人も少ない印象です。

§ 一般書架

一般書架は、手前に新聞・雑誌コーナーがあり、その奥にずらっと書棚が並んでいます。新聞・雑誌コーナーは一人分のスペースが大きい椅子で、隣に誰かが座ってもそれほど気になりません。一般書架の窓際にずらっと並んでいる閲覧席も、一人ずつデスクライトがついており、目が悪い私には嬉しい設備です。

日本の小説はエッセイと一緒にして著者姓名の五十音順で並んでいます。但し、複数の著者による作品集は、タイトル名を元に五十音順の並びに入れられています。例えば、鏑木蓮(カブラギ レン)が書いたの本の隣に、5人の作家による『蝦蟇倉市事件1』(ガマクラシジケン1)という本が並び、その隣に鎌田浩毅(カマタ ヒロキ)が書いた本がある、といったかたちになります。外国の小説は、国や地域で分類することなく、外国の小説でひとまとまりにしたうえで、著者姓名の五十音順に並んでいます。

英語で書かれた本が多いのも赤坂図書館の特徴で、港区では中央館であるみなと図書館に次いで多くの外国語資料を所蔵してます。児童コーナーにも赤ちゃん絵本、普通の絵本、児童読み物とそれぞれ英語で書かれたものが置いてありますし、一般書架でも中高生コーナー入ってすぐ左の棚に中高生向けの英語の読み物があるほか、中高生コーナー手前右にも読み物から料理本、政治家の自伝など、英語で書かれた一般向けの本が多数並んでいます。入口近くの旅行ガイドの棚にも、英語で書かれた世界の旅行ガイドがあるくらい。外国旅行の際には、こうした海外の旅行ガイドも見てみると、日本の出版社の旅行ガイドでは紹介されていないスポットが見つかるかもしれませんね。

奥の地域資料の棚の端には、「青山・赤坂地域資料」というコーナーがあり、港区の中でも青山・赤坂地域に関する資料を特に集めています。地域資料というと堅苦しく感じるかもしれませんが、お店ガイドや青山・赤坂が舞台となる小説もあるので、気軽に手に取って楽しめますよ。実際の棚を見ると、乃木希典に関する本もあれば、北杜夫の『楡家の人びと』、宮部みゆきの『蒲生邸事件』といった小説、『プロジェクトX 第53回 炎上 男たちは飛び込んだ ~ホテルニュージャパン・伝説の消防士たち~』といったノンフィクションなど、さまざまなジャンルの本が並んでいます。

ユニークなのは、カウンター向かって右端に置かれた図書資料返却カゴ。CDやDVDがなく、本だけを返却する場合、カウンターにいる職員さんに手渡さなくても、この箱に入れればいいとのことです。但し、平日は11時から14時と17時から20時の間、土日祝日は14時から17時までしかこの箱を使えません。カウンターの職員さんに返却すると、何か挟まったりしてないか確認している間待たないといけないので、とにかく急いでいる人などはこちらの返却ボックスに返すと便利でしょうね。ただ、おそらくある程度冊数がたまってから返却手続きをするでしょうから、貸出上限10冊ぴったり借りていて、今日返した後すぐまた別の本を借りたい人などは、カウンターに持っていってすぐに返却手続きをしてもらうのがいいと思います。

§ 中高生コーナーが充実

児童から一般書架まで幅広い本が揃っている赤坂図書館ですが、中高生コーナーの大きさは特筆すべき点でしょう。図書館の一番奥の中高生コーナーには、中高生向けの哲学・歴史・地理等々各ジャンルの本や、小説、漫画、中高生向け雑誌などなど、いろんな本があります。英語で書かれた中高生向け小説も、メアリー・ポピンズシリーズのような定番ものから、マドンナの絵本シリーズ(The English Roses)のような比較的新しいものまで、多数並んでいます。

港区には高輪図書館分室という、児童から中高生に特化した図書館分室があるので、それに比べたら小さいということになってしまいますが、一般書架の本も活用したい高校生などは、児童から中高生という区分けで蔵書を揃えた高輪図書館分室より、普通の図書館の中に大きな中高生コーナーがある赤坂図書館の方がいい面もあると思います。実際私も高校生のときには、中高生向けの本より一般向けの本を読んでいたもんなあ。

もちろん、中高生コーナーといえども大人も使って構いませんので、ぜひ大人も。たとえば、「くらべてみる地図帳シリーズ」などは日本や世界のいろんな数字が図や絵でわかりやすく説明されていて大人にも使えそう。最近は、ニュースバラエティのようなテレビ番組で難しいニュースをビジュアルでわかりやすくで示していますが、大人にとってもああしたわかりやすい説明は助かりますもんね。また、古典などを読み返そうと思いついたときも、岩波文庫などの注がたくさんついたものだとハードルが高いですが、中高生コーナーにある超訳日本の古典シリーズなどはすいすい読めてしまいます。まずはこうしたものであらすじを押さえておくのも手ですよね。

対象年齢も、ジャンルも、言語もいろいろなものが揃っているのが図書館の魅力。自分の年齢にこだわらず、図書館にある全ての資料をフル活用しましょう!

港区立赤坂図書館 データ

住所東京都港区南青山1-3-3 青山1丁目タワー3階 →大きい地図を開く
Tel03-3408-5090
開館時間
月~土曜9:00~20:00
日曜・祝日9:00~17:00
定休日第3木曜(祝休日は開館し、前日を休館)
12月29日~1月3日
最寄駅東京メトロ銀座線半蔵門線都営大江戸線 青山一丁目駅から徒歩2分
東京メトロ千代田線 乃木坂駅から徒歩10分
東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩13分
最寄バス停「南青山一丁目」停留所から徒歩1分
港区コミュニティバス「ちぃばす」 赤坂ルート(六本木ヒルズ~乃木坂駅入口~青山一丁目駅前 循環)
「青山一丁目駅」停留所から徒歩4分
都営バス 品97(品川車庫前・品川駅高輪口~信濃町駅南口~新宿駅西口)
駐輪場青山1丁目タワー2階に駐輪場あり。建物の青山通り側に駐輪場へのエレベーターに通じる入口があります。
駐車場なし
所蔵資料
図書所蔵数2013/04/01現在 151,076冊 出典『港区の教育 平成25年度版』
漫画あり
外国語新聞The Japan Times/International New York Times、The Japan News(以上、英語)あり
外国語雑誌TIME、Cosmopolitan(以上、英語)、VOGUE(フランス語)あり
外国語図書英語図書多数あり
外国語児童書児童コーナーに英語の児童読み物120冊ほどあり。また、中高生コーナーにティーン向けの英語読み物があり。
外国語絵本英語の赤ちゃん絵本が50冊ほど、英語のちしき絵本が100冊ほど、その他の英語絵本が200冊強、ハングル絵本が数冊、フランス語・イタリア語絵本が1冊ずつあり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
ありなしなし

試聴設備CD試聴機3台あり。試聴の際は要申込。
映像資料
DVDビデオLD
ありなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル図書館エリア入ってすぐ右に除籍蔵書を提供するコーナーを常設で設置。1人5冊まで。
設備
検索機4台(キー&マウス入力機2台、タッチパネル入力機2台)
検索結果印刷機能あり
資料の複写カウンター向かって右にセルフ式コピー機あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4カラー50円、A3カラー80円。
ブックポスト建物1階入口左にブックポストあり
自動貸出機ICタグ式自動貸出機3台あり
座席数一般用83席、児童用23席
児童用椅子席5席
児童用机席12席
おはなしの部屋(児童用ソファ)6席
雑誌コーナー(椅子)24席
中高生向け読書コーナー(机)21席
車椅子用机席1席
椅子席6席
机席31席
飲食設備建物1階にスーパー「まいばすけっと」あり
ネット閲覧PCネット閲覧PC8台あり。利用時間は1人1日1回1時間以内、次に待っている人がいなければ2回まで延長可能。
データベース・CD-ROM閲覧「D1-law.com」「日経テレコン21」「聞蔵Ⅱビジュアル」「ヨミダス文書館」「毎日Newsパック」の利用可能
持参PC利用PCコーナーの机席(3席)で持参PCの利用可能。電源なし。
LAN接続パソコンコーナーに「FREESPOT」のアクセスポイントあり。また、館内や公式サイトには明記されていませんが、ソフトバンクWi-Fiスポットに赤坂図書館が登録されており、実際に館内にいるとソフトバンク wifiの電波が入ります
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本10点ほどあり。閲覧のみ。
児童向け視聴覚資料CDコーナーに児童向けCDあり。DVDコーナーに児童向けDVDあり。
おはなし会3~5歳向けおはなし会月2回、ブックスタート月1回あり
靴脱ぎスペース児童コーナー右奥に絨毯敷きのおはなしのへやがあり、靴を脱いであがるようになっています
授乳室授乳室はありませんが、授乳の際はカウンターに申し出てくださいとの掲示があるので、どこかで授乳させてもらえるようです
オムツ交換台図書館エリア外の誰でもトイレにオムツ交換台あり
児童用トイレなし。図書館エリアを出ないとトイレがないので、小さいお子さん連れの際はご留意ください。
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーター1階入口入って左にエレベーターあり。というより、赤坂図書館のある3階に行く方法はエレベーターしかありません。
車椅子用閲覧席一番奥の壁沿いの一番左に車椅子用閲覧席1席あり
誰でもトイレ図書館エリア外の男女トイレ手前に誰でもトイレあり
大活字本一般書架の一番奥の棚13Bに大活字本あり
視覚障害者向け資料開架を見た限りではなし
拡大読書器・老眼鏡一番奥の壁沿いの車椅子用閲覧席の右隣に拡大読書器あり
対面朗読室エレベーターと図書館エリアの間に対面朗読室あり

港区立赤坂図書館 カレンダー

が休館
8月
123456
78910111213
14151617
181920
21222324252627
28293031

9月
123
45678910
1112
13
14
15
16
17
18192021222324
252627282930

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.