東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記練馬区 > 練馬区立石神井図書館

CurrentIcon 練馬区立石神井図書館

練馬区立石神井図書館 訪問記

last visit:2014/04/20

練馬区立石神井図書館は、石神井公園の南に位置する図書館。大規模改修工事を経て2010年3月2日にリニューアル開館し、天井の高い広々とした図書館になりました。

§ 図書館の場所

石神井図書館は石神井公園のそばにあります。石神井公園駅からの道のりはこちらに書きましたが、石神井池と三宝寺池の間の道へと向かって行けば、必ずしもこの道でなくてもいけますし、時間の余裕があるなら石神井池の東端の方から遠回りして、石神井公園の中を通るルートをとるのもお薦めです。

休日の石神井池は、ジョギング、ウォーキング、犬の散歩などで周囲を歩いている人もいれば、釣りをする人、ボートを楽しむ人、ラジコンで船の模型を走らせている人など、皆さまざまな楽しみ方をしていて、そうした姿を見るのもいいし、人気が少ない冬などは、自然が多いせいか空気がシャキッとしていて、大袈裟にいうと森林の中にいるようなマイナスイオンの多さを感じます。池の北側の住宅は大きな家が多く、見ていて羨ましくなってしまいます。この辺に住んでみたいなあ。

§ 図書館内の様子

石神井図書館は、2階建ての建物です。2009年までは地下1階から3階までの建物だったのですが、1年弱の改修工事を経て、2010年3月2日に現在の石神井図書館がリニューアル開館しました。現在の建物は、工事前に比べて階数が減った分、1階のフロア面積が倍増しています。また、以前地下にあった練馬区郷土資料室は、石神井図書館と石神井池の真ん中にできた「石神井公園ふるさと文化館」に移動したようです。

各階の構成は、カウンターや一般書架・児童エリアなど、図書館の設備の大部分は1階です。2階にあるのは、地域資料と会議室、休憩コーナー。2つある会議室のうち、第二会議室はふだん閲覧室として開放しています。1階は入口を入った右に小説コーナーと児童コーナー、左にカウンターがあり、カウンターの向こう側に書架がずらっと並んでいます。

図書館に入って最も印象が強いのは天井の高さ。2階建ての建物と書きましたが、実際に2階建てになっているのは1階の児童コーナーと小説コーナーにあたる付近のみ。一般書架エリアは1階建てで、その分天井が高いんです。この贅沢な土地の使い方は、おそらく景観などに考慮してのことなのでしょう。広々とした空間にいると、心なしかこちらの心まで広くなってくるようです(笑)。

§ 児童コーナー

別室になっている児童コーナーは、まず入口手前右に「パパとママと赤ちゃんの本棚」と題して、育児に役立つ本がまとめられています。見出しの項目名をみると、「絵本・よみきかせ」「赤ちゃんの名づけ方」「小児科学(子供の病気)」「赤ちゃんの服」「妊娠・出産・家庭医学」「育児・離乳食」といったかたちで、生まれる前から生まれた後までそれぞれの時期に役立つ本が集まっています。

そして、児童コーナーの中に入ると広い空間に大きい間隔をあけて棚が並んでいるので、なんとも開放的な印象。その上、児童コーナー奥をみると、更に別室で広~い「えほんコーナー」があります。こうやって二重構造の別室になっていることで、少しくらいお子さんが騒いでも大丈夫。大きな声で絵本を読んでみたりして、この設備をたっぷり楽しんでください!児童コーナー内にもカウンターがあるので、一般書架のカウンターに行かずとも貸出・返却できますよ。

ちなみに、この「えほんコーナー」の壁にはいわさきちひろさんの絵がたくさん飾られていますが、これは単に児童コーナーを彩っているだけではなく、いわさきさんが石神井ゆかりの方なんです。生前のいわさきさんのアトリエ兼ご自宅が下石神井にあり、そこは現在ちひろ美術館・東京となっています。2階の地域資料コーナーにも、いわさきさんに関する資料があるので、もっと知りたくなった方はぜひそちらの棚も見てみてください。

絵本は、日本のおはなしと外国のおはなしに分けたうえで、絵を描いた人の頭文字で分類しています。えほんコーナーには布絵本もいろいろあるので、小さいお子さんをお持ちの方はそちらもぜひご利用ください。児童読み物は、対象年齢によって「ようねんどうわ」と「どうわ」に分け、更に日本の作家と外国の作家に分けて、著者姓名の五十音順に並んでいます。

窓際の一画には、「石神井公園はっけんMAP」という手作りのマップがあり、三宝寺池周辺で発見された鳥・昆虫や、児童館主催の行事が写真入りで紹介されています。夜に花が開き、翌朝にはしおれてしまうというカラスウリの花の写真もあったりして、これなどはこの辺にお住いの人でも夜に公園に行ったことがなければ見たことないのでは。ぜひ、写真で楽しんでください。

§ 一般書架

一般書架は、小説と大活字本が児童コーナー手前にある以外は、全て入口入って左側の天井が高いエリアに置かれています。書棚が同じ向きに並ぶシンプルな書架ですが、配架図がどこにもないので、何がどこにあるかは実際に奥まで行って見ないと把握できません。館内に配架図を掲示して欲しいところです。

日本の小説とエッセイは一緒にして、著者名の五十音順に並んでいます。但し、複数作家による作品集は、著者名ではなくタイトルの頭文字で分類され、頭文字分類の先頭に配架されています。つまり、小説の「ア」の棚に行くと、まず、書名が「ア」で始まる複数作家の作品集が並び、その次に、著者名が「ア」で始まる小説が著者名の五十音順に並ぶという方式です。外国の小説は、国や地域別に分けることなく「外国の小説」でひとまとめにして、著者姓名の五十音順に並んでいます。

壁際にある英語で書かれた図書も冊数が多く、小説はもちろん、伝記本や折り紙などの日本文化の本、料理本など、いろんなジャンルの本が並んでいます。同じく壁際にある家事関連本は内容で更にジャンル分けしており、例えば、手芸だったら「編み物 春夏」「編み物 秋冬」「編み物 子供」「パッチワーク」「袋もの」等々と細かく分類されています。

閲覧机は、小説コーナーに5つ、一般書架の奥に44席あり、小説コーナーの閲覧席は持参したPCを利用することができます。小説コーナーの席は1人分ずつのデスクライトもあるので、読みやすさとしてはこちらの席がお薦めですが、5席しかないのが残念なところ。また、一般書架奥の閲覧席のうち、6席は社会人専用席、18席は参考資料地域資料閲覧席で、この両者はカウンターに申し込んでの指定席制となっています。

§ 2階の様子

2階にあがると、大きなロビー状の空間があり、ソファがある一画が飲食もできる休憩コーナー、そしてロビーの壁面の棚を使って地域資料を所蔵しています。その他、2つの会議室や事務室なども2階になります。

閲覧室として開放している第二会議室は、2人が横に並ぶ長机が部屋一面にずらっと並ぶかたち。1階の一般書架奥にある、人が向かい合って座るタイプの席より、皆が同じ向きに座るタイプの席がいい人は、第二会議室がお薦めです。小説コーナーの席も皆が壁に向かう形で、一人ずつのデスクライトもついていますが、こちらは5席のみ。一方、第二会議室のは40席あります。

所蔵資料のうち地域資料だけを2階に置いているというのは、地域資料だけを気付きにくい場所に追いやっているようにも見えて、何だか残念。もちろん、地域資料をじっくり調べたい方には、地域資料のすぐそばに閲覧室があるかたちになって便利な点もありますが、現実的に閲覧室を使っているのは勉強しにきた生徒・学生がほとんどです。石神井という土地が素敵なところだからこそ、その記録が保管されている地域資料にももっと焦点をあてて欲しいように思います。

§ ひたすら広いです

石神井図書館は、いい意味でも悪い意味でも「ひたすら広い」という印象です。練馬区内では、光が丘図書館大泉図書館に次いで三番目に蔵書数の多い図書館なので、さまざまな本を手に取れる一方、本の探しやすさや地域に関する情報を紹介・発信するという点ではやや劣ります。願わくば、淋しげな地域資料コーナーに人を招く工夫が欲しいし、配架図を館内のあちこちに掲示したりして、「知っている人だけがわかっている図書館」ではなく、「初めて来た人にもわかりやすい図書館」であって欲しいです。

石神井公園の近くという立地がいいですから、いろんな工夫で本に出会いやすい図書館にしてもらえたら、もっと居心地よくなると思います。石神井図書館でいい本を見つけて、そのまま石神井公園で読書するなんて、本当にいい休日の過ごし方ですしね。優雅な読書を楽しめる石神井住民の方々が羨ましいです!

練馬区立石神井図書館 データ

住所東京都練馬区石神井台1-16-31 →大きい地図を開く
Tel03-3995-2230
開館時間
火~金曜9:00~20:00
土・日曜・祝日9:00~19:00
定休日第1,3,4,5月曜(祝日は開館し、翌日を休館)
12月29日~1月4日
最寄駅西武池袋線 石神井公園駅から徒歩21分
最寄バス停「三宝寺池」停留所から徒歩3分
西武バス 荻15(阿佐ヶ谷駅~上井草駅入口~大泉学園駅南口~長久保)
「JA東京あおば」停留所から徒歩3分
西武バス 荻15(阿佐ヶ谷駅~上井草駅入口~大泉学園駅南口~長久保)
西武バス 荻14(石神井公園駅南口~上井草駅入口~荻窪駅)
西武バス 石22(石神井公園駅南口~井草通り)
コミュニティバス みどりバス関町ルート(順天堂練馬病院~練馬高野台駅~上石神井駅~関町福祉園)
駐輪場図書館向かって左に駐輪場あり
駐車場一般用駐車場なし。図書館向かって左の駐輪場の奥に障害者用駐車場1台分あり。
所蔵資料
図書所蔵数2011/04/01現在 161,292冊
漫画青少年コーナーにあり
外国語新聞The Japan Times/International New York Times(英語)あり
外国語雑誌TIME(英語)あり
外国語図書英語図書が多数、中国語・ドイツ語図書が数冊ずつあり
外国語児童書外国語図書の棚に『トムソーヤ―の冒険』『モモ』など英語の児童読み物あり
外国語絵本英語絵本が100冊弱、ドイツ語・フランス語・スペイン語絵本が数冊ずつ、セルビア・クロアチア語・トルコ語・中国語絵本が1冊ずつあり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
ありありあり(閉架)

試聴設備CD試聴機1台あり。利用は1回30分まで。
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル図書館入口の1つ目の自動ドア入った正面に、除籍蔵書の提供と古本の授受ができるコーナーを常設で設置
設備
検索機5台(全てタッチパネル&キー&マウス入力機)
検索結果印刷機能なし
資料の複写図書館エリア入口入って右にセルフ式コピー機2台あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4・A3二色カラー10円、B5・A4・B4・A3カラー50円。
ブックポスト建物入口向かって左の奥まったところの壁面にブックポストあり
自動貸出機バーコード読取式自動貸出機3台あり
座席数一般用119席、児童用21席
児童用椅子席4席
児童用机席17席
新聞・雑誌コーナー(椅子)4席
新聞・雑誌コーナー(机)11席
小説コーナー(椅子)3席
小説コーナー(机)5席
参考資料地域資料閲覧席(机)18席
社会人専用席(机)6席
椅子席16席
机席16席
2階第2会議室(机)40席
※参考資料地域資料閲覧席と社会人専用席はカウンターに申し込んでの指定席です
飲食設備
  • 1階入口入って右に飲食コーナー(椅子席9席)あり。飲食コーナー内に飲料自販機1台あり。
  • 2階の休憩コーナー(椅子席12席)で飲食可能
  • 閲覧席での蓋付き容器(ペットボトル・水筒など)からの飲料摂取もOK。ただし、容器は机の上に置かないこと。また、ネットPC席や検索機での飲料摂取は不可。
ネット閲覧PC1階カウンター向かって右の壁際にネット閲覧PC3台あり。利用は1回30分。
データベース・CD-ROM閲覧なし
持参PC利用1階入口からみて右奥の小説コーナーの机席(5席)で持参PCの利用可能。電源なし。
LAN接続館内や公式サイトには明記されていませんが、ソフトバンクWi-Fiスポットau Wi-Fi SPOTWi2 300ご利用可能エリアに石神井図書館が登録されており、2階にいると各Wi-Fiの電波が入ります
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本20点ほどあり。貸出も可能。
児童向け視聴覚資料CDコーナーに児童向けCDあり
おはなし会子ども向けおはなし会週1回、赤ちゃん向けおはなし会月1回あり
靴脱ぎスペース広い「えほんコーナー」あり
授乳室1階入口の2つ目の自動ドアを入った正面に授乳室あり
オムツ交換台1階授乳室内にオムツ交換台あり
児童コーナーのえほんコーナー内にベビーシートあり
2階の誰でもトイレ内にオムツ交換台あり
児童用トイレ児童カウンター向かって右に児童用トイレあり
バリアフリー
障害者用駐車場図書館向かって左の駐輪場の奥に障害者用駐車場1台分あり
エレベーター建物入口の2つ目の自動ドアを入った正面にエレベーターあり
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレ1階の入口から見て左先の男女トイレのそばと、2階第2会議室向かって左の男女トイレの対面に、オストメイト対応誰でもトイレあり
大活字本1階入口入って右の児童コーナー入口手前に大活字本あり
視覚障害者向け資料開架を見た限りではなし
拡大読書器・老眼鏡1階カウンターに老眼鏡あり
対面朗読室なし
その他バリアフリー設備等カウンターに筆談ボードあり

練馬区立石神井図書館 カレンダー

5月
1
234567
891011121314
15
161718192021
22
232425262728
29
3031

6月
1234
5
67891011
12131415161718
19
202122232425
26
27282930

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.