東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記江東区 > 江東区立城東図書館

CurrentIcon 江東区立城東図書館

江東区立城東図書館 訪問記

last visit:2017/11/30

江東区立城東図書館は、西大島駅近くの区民センター内にある図書館。東京市から譲り受けた深川図書館に次ぐ、二番目の江東区立図書館です。

§ 図書館の場所

城東図書館は都営新宿線西大島駅を出てすぐ、ほとんど真上にある江東区総合区民センターの中にあります。図書館データには徒歩1分と書いていますが、縦移動がほとんどなので、エスカレーター・エレベーターを使えば徒歩1分ぶんも足を動かさないくらいです。これで駅の出口と建物入口が近ければ、雨の日も濡れずに図書館へ行けるのですが、そこまで近くないのが残念なところ。本は水濡れに弱いですし、本を持っているときは面倒でもしっかり傘を差してください。

§ 図書館内の様子

7階建ての江東区総合区民センターのうち、4階全体と6階の一部が城東図書館です。6階にあるのは、図書館事務室と閉架書庫と対面朗読室なので、視覚障害者向けの対面朗読サービスを利用する人でなければ、4階を利用することになります。

フロア全体の構成は、階段やエレベーターホールに近い付近に児童エリアがあり、その隣に、カウンターと新聞・雑誌コーナー、中高生コーナーがあり、奥一帯が一般書架です。また、カウンター付近から一般書架へ向かうところで右に折り返すと、ネット閲覧PCや持参パソコン利用席があります。視聴覚資料は、カウンター前にCDがあります。

駅から近いので、平日の夕方過ぎには通勤帰りらしき人がカウンターで行列を作っていますし、5階に児童館があるので、児童の利用も多いです。ちなみに、上階に児童が遊べる施設が入っていると、走り回る音が下階に響くことがありますが、城東図書館ではそうした音は聞こえないので安心してください。

座席は、児童エリアや新聞雑誌コーナーに適宜あるほか、一般書架に入って右側の窓際に机席が、左側の窓際に椅子席がずらっと並んでいます。また、左奥の事典類や地域資料があるエリアには、大きな机席があります。一般書架エリアの閲覧机は合わせて30席と、来館者数の多さを考えるとやや少なめで、埋まっている率が高いです。

<-- ここまで更新済み 2017/11/22 -->
§ 児童コーナー

4階に上がってすぐのエリアが児童コーナーで、来館したらすぐ目に入ってきます。城東図書館の1つ上の階が大島第二児童館なので、児童館に来たら図書館にも行くという子どもも多そう。窓際に読み聞かせコーナーがあるので、机で書きものをしたりする必要がなければ、靴を脱いで読書の世界に浸りたいですね。

児童コーナーに限らず、城東図書館全体がそうなのですが、飾りつけなどはそんなに多くなく、蔵書がぎっしりという印象を受けます。絵本は、絵を描いた人名のの五十音順に並んでいますが、同じ頭文字でも絵本の大きさによって、サイズにあった段に入れてあるので、見逃さないように注意して探してください。

§ 一般書架

一般書架は、書架がひらすら並び、窓際に席が寄せられているという、“書棚ぎっしり”のエリアです。城東図書館って、面積ではもっと大きい図書館があるのに、江東区立図書館では江東図書館深川図書館に次ぐ3番目に蔵書数の多い図書館なんです。つまり、蔵書密度が高い。ゆったり図書館よりぎっしり書棚が好きな方には、城東図書館はお薦めです。

書棚を見ると、全集や参考資料も各ジャンルの棚に置かれています。『大宅壮一全集』は総記の棚にあるし、『南方熊楠全集』は民俗学の棚にある。『国史大辞典』は歴史の棚、『人物レファレンス事典』は日本の伝記の棚にあるといった形。全集は全集、参考資料は参考資料でまとめて置くのではなく、各ジャンルの棚に軽い読み物から全集・参考資料まであるという配置だと、その棚に行けば全てがわかるという気がしますね。実際問題としても、城東図書館の参考資料コーナーは机と棚の間が狭いので、参考資料だけを使うときにも、この配置の方が利用しやすいように思います。

また、全集が置いてある棚には、その全集の目次一覧が厚紙に貼ったものが置いてあります。私は以前、この城東図書館で誰かの作品のどれかが全集の何巻に収録されているのかわからなくて、検索機も埋まっていたために、全集の目次を一巻一巻見た覚えがあるのですが、こういう一覧表があると助かりますね。

小説は、著者名の五十音順で並んでいますが、複数作家によるアンソロジーは、「ン」に分類され、「ワ」行の後にまとめられています。小説も、もちろん文庫・単行本も多いのですが、全集も多く揃っています。一般書架全体も、わりとじっくり読んだり、じっくり調べたりするのに向いている品揃えという印象を受けます。

外国語図書は英語7割、中国語3割といったところでしょうか。原書はもちろん、日本の小説を訳したものも、英語・中国語の両方が揃っています。その隣にある中高生コーナーも、あまり飾りつけがなく本が並んでおり、質実剛健って感じ。渋い図書館ですね(笑)。

<-- ここから更新済み 2017/11/10 -->

書棚を見ていると、蔵書数に対して分類があまり細かくないので、ジャンルによっては本が探しにくいのを感じます。図書館には数字やカナからなる請求記号があり、図書館の本の背のラベルに書いてあります。蔵書検索で読みたい本を見つけ、その本の請求記号が「498.3」だとしたら、書架の「498.3」が置かれている棚を探し、そこから本を探します。その際、「498.3」にあてはまる本が多すぎると、その中から目当ての本を探すのが大変になりますが、城東図書館はそういう状態になっている分類が多いんです。同じ請求記号のなかでは本のサイズが小さいものから大きいものへという順になっているのですが、本のサイズは文庫版・新書版・四六判などある程度決まったかたちなので、498.3の文庫版だとわかっていてもまだ冊数があって探すのに苦労することがあります。同じサイズの本がたくさん並んでいる棚は、ぱっと見だと高さが揃ってきれいに見えるのですが、いざ本を探すとなると、順不同で並んでいる部分が多くて本が探しづらい。内容分類を更に細かくする、請求記号の末尾に著者頭文字をつけるなどして、同じ請求記号のものがありすぎない状態にしてくれたらと思ってしまいます。

分類を細かく見ていると、江東区立図書館ではよくあるけど、他の図書館では少数派になるような分類もあるので、新しく江東区立図書館を使うようになった方や、他の図書館と併用している人はご注意ください。例えば、掃除や片付けに関する本は、「597 家政学住居」に入ることが多いですが、城東図書館では「527 住宅建築」になります。また、Word・Excelなどのパソコンソフトに関する本は、「007 情報科学」に分類される場合もありますが、城東図書館では「548 情報工学」に分類されます。

ついでに、これは江東区立図書館だけでなく、多くの図書館でそうですが、パソコン関連本でも、インターネットに関する本は547.4、スマホ・タブレットに関する本は694.6など、図書館の分類法だと全然違う分類になってしまうジャンルもあります。棚の見出しだけで本を探すと、どれか1箇所を見つけたときにそこだけだと思い込みがち。例えば、SNSに関する本を探すなら、「SNS」や関連語(「twitter」「Instagram」など)を入力して蔵書検索し、出てきたリストにある本の請求記号が複数に渡っていたら、それらの棚を全て見るようにすれば、分類が分かれてしまう関連本も見逃すことがなくなります。

<-- ここまで更新済み 2017/11/10 -->
§ 江東区立図書館で二番目である歴史

ところで、この城東図書館、元々は深川図書館に次ぐ第2の江東区立図書館としてちょっと離れた場所にあった図書館だそうです。深川図書館は東京市立図書館が江東区に移管されたものなので、江東区立図書館として開設されたものはこの城東図書館が最初といってもいいですね。

その最初の城東図書館がオープンしたのが1955年。よって2005年が50周年ということで、城東図書館の思い出を利用者から募集したりしていました。そのときには、利用者の方々からの文章や旧城東図書館の写真を、入口近く、階段とエレベーターホールの間の壁に貼ってありましたね。

この旧城東図書館、それらの掲示物を見たところ、すっごくよさそうなんですよ。三角屋根の建物で、閲覧席も写真で見る限り確実に現城東図書館より多いし、池もあったりして、今あったら私は確実に入り浸ります!でも、1979年で現図書館に移転となってしまったようですね。あぁ、残念。

昔は図書館の中で音楽会を催すこともあったようで、その時の写真なんかもありました。図書館といっても文化センター的な使い方もしていたのでしょうかね。

旧城東図書館はもう行くことができませんが、現城東図書館もぜひご利用くださいね。

江東区立城東図書館 データ

住所東京都江東区大島4-5-1 総合区民センター4階 →大きい地図を開く
Tel03-3637-2751
開館時間
火~土曜9:00~20:00
日曜・祝日・12月28日9:00~17:00
定休日月曜(祝日の場合は開館し、翌日を休館)
1,5月以外の第1金曜
12月29日~1月4日
最寄駅都営新宿線 西大島駅から徒歩1分
都営新宿線 大島駅から徒歩12分
最寄バス停「西大島駅前」停留所から徒歩1分
都営バス 都07(錦糸町駅前~門前仲町)
都営バス 亀23(亀戸駅前~江東高齢者医療センター 循環)
都営バス 亀24(葛西橋~亀戸駅前)
都営バス 亀29(なぎさニュータウン~亀戸駅前)
都営バス 錦18(錦糸町駅前~新木場駅前)
都営バス 錦28(東大島駅前~錦糸町駅前)
都営バス 両28(葛西橋~亀戸駅前・両国駅前)
都営バス 草24(東大島駅前~浅草寿町)
都営バス 急行05(錦糸町駅前~日本科学未来館)
駐輪場建物北側の階段下に駐輪場あり
駐車場建物東側に一般用駐車場9台分あり。また、建物1階駐車場に一般用駐車場9台分、障害者用駐車場2台分あり。
所蔵資料
図書所蔵数2015/03/31現在 139,491冊 出典『平成26年度 江東区のとしょかん』
漫画一般書架の分類726.1に漫画本あり。また、児童の「95.2 せんそうのきろく」に『はだしのゲン』あり。
外国語新聞The Japan Times/International New York Times(英語)、人民日報(中国語)、東亜日報(ハングル)あり
外国語雑誌争鳴(中国語)あり
外国語図書英語・中国語・ハングル図書あり
外国語児童書外国語図書の棚に英語版『フランダースの犬』、ハングル版ハリーポッターシリーズなどの児童読み物あり
外国語絵本英語絵本が約200冊、ドイツ語絵本が約40冊、フランス語・中国語絵本が約10冊、イタリア語・アイスランド語・ハングル絵本が1~数冊ずつあり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
ありなしなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクルなし
設備
検索機4台 (キー&マウス入力機3台、タッチパネル入力機1台)
検索結果印刷機能あり
資料の複写新聞・雑誌コーナーの窓際にセルフ式コピー機あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4カラー50円、A3カラー80円。
ブックポスト建物正面(北側)入口向かって左の壁面にブックポストあり。開館中の使用も可能。
自動貸出機なし
自動返却機なし
セルフ予約受取なし
座席数一般用80席、児童用12席
児童用椅子席2席
児童用机席10席
新聞・雑誌コーナー(椅子)15席
新聞・雑誌コーナー(机)6席
参考図書コーナー(机)12席
椅子席29席
机席18席
飲食設備
  • 建物2階に飲物自販機2台あり
  • 建物2階「るーくる」に喫茶スペースあり
ネット閲覧PCインターネット・CD-ROM閲覧用PC2台あり。利用は1回30分、次に待っている人がいなければ1回延長可能。
データベース・CD-ROM閲覧「聞蔵IIテキスト」「「ヨミダス歴史館」「毎索」「日経テレコン21」「ジャパンナレッジ」「官報検索情報サービス」「D1-Law判例体系」「WEBLINK地方公共団体総覧」の利用可能
持参PC利用パソコン利用席3席あり。電源あり。座席の利用は1回1時間、次の利用者がいなければ延長可能。
LAN接続館内や公式サイトには明記されていませんが、docomo Wi-FiサービスエリアソフトバンクWi-Fiスポットau Wi-Fi SPOTWi2 300ご利用可能エリアに総合区民センターが登録されており、図書館フロアにも各Wi-Fiの電波が入ります
その他設備
  • 1,2階エレベーターロビーに公衆電話あり
  • 2階入口向かって左に喫煙コーナーあり
  • カウンター手前の、CD棚のある柱の壁側の記載台に意見箱「図書館への手紙」あり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本なし
児童向け視聴覚資料CDコーナーに児童向けCDあり
おはなし会子ども向けおはなし会が週1回あり
靴脱ぎスペース児童コーナー窓際に絨毯敷きの靴脱ぎスペースあり
授乳室5階児童館に授乳設備あり
オムツ交換台5階児童館にオムツ交換設備あり
児童用トイレなし
バリアフリー
障害者用駐車場建物1階駐車場に障害者用駐車場2台分あり
エレベーター建物正面(北側)入口入って右先、南側入口入ってすぐの左右にエレベーターあり
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレ各階の男子トイレの隣に誰でもトイレあり
大活字本一般書架の一番手前の棚(21番)に大活字本あり
視覚障害者向け資料開架を見た限りではなし
拡大読書器・老眼鏡なし
対面朗読室6階に対面朗読室あり

江東区立城東図書館 カレンダー

が休館
12月
1
23
4
5678910
11
121314151617
18
192021222324
25
26272829
30
31

1月
1
2
3
4
567
89
1011121314
15
161718192021
22
232425262728
29
3031

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.