東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記江戸川区江戸川区立篠崎図書館 > ガチャ本(ポン)で出合う運命の一冊

CurrentIcon ガチャ本(ポン)で出合う運命の一冊

―2017年10月28日から11月26日までの企画
visit:2017/10/27

毎年10月27日から11月9日までの読書週間は、各図書館が読書を楽しむためにいろいろな企画を実施してくれます。そんな企画の一つ、江戸川区立篠崎図書館の「ガチャ本(ポン)で出合う運命の一冊」に行ってきました。ガチャポン、ガチャガチャなど、呼び方はいろいろありますが、コインを入れてダイヤルを回すとカプセルが出てくるアレで本との出会いを楽しむ企画です。

篠崎図書館を入ると右にL字型のカウンターがあり、その「L」の角の部分に小さなカプセルトイ(普通名詞としてはこう呼ぶようです)が置いてあります。ダイヤルを回すのに入れるコインは、本物のお金ではなく、このカプセルトイ専用のコインで、もちろん無料で回せます。コインはカウンター内にあるので、やってみたい方はガチャポンをやりたいと職員さんに言いましょう。

私も職員さんにお願いしてコインを入れ…ようとしたら、うまく入らず。ダイヤルが縦にまっすぐ(時計の6時状態)になっていないとコインは入らないようなので、これからやってみる人はご注意ください。ダイヤル位置を直してコインを入れて回すと、予想以上にダイヤルが回る音が大きく、静かな館内にガリガリと音が響くのが少し恥ずかしい(笑)。

江戸川区立篠崎図書館 ガチャポン 中身

ぐるりと回して出てきたカプセルの中身がこちらの写真。そういえば、読書週間では毎回標語を決めていて、2017年の読書週間の標語は「本に恋する季節です!」。カプセルの中身もそれに絡めてハート型のカードにその本のときめきポイントを書いているようです。「驚き」が「おどりき」になっているのは、愛嬌なのか誤植なのか?笑


江戸川区立篠崎図書館 ガチャポン 本

このカードを職員さんに渡すと、カードが示している本をカウンターの裏から持ってきてくれます。このカードが示す本はこちら、『日本最初の盲導犬』でした。私が読んだことがない本で、この企画で出会えなかったら、今もこの本の存在さえ知らなかったと思います。

あとがきだけ先に読んだところ、著者自身が自らこの本を書いたというより、関係者との出会いやいいタイミングで情報が入ったりして、誰かの手(運命や縁のようなもの)によって書かされた気がするとのこと。その本と思いがけないかたちで出会ったのも、その誰かの手によるのかも、と思って読んでみようと思います。

ちなみに、カードが示している本を職員さんが持ってきてくれるときには、「借りますか、館内で読みますか」と聞いてくれるので、館内で読んでみた結果、自分には合わないと思ったら借りなくても構いません。ただ、せっかくならこれも縁だと思って読みたいところ。図書館ってあらゆるジャンルの本がある空間なのに、ほとんどの人はそのうちの一部のジャンルの本しか読んでいないでしょう。ガチャ本という、自分の意図を働かせられない仕掛けで本を選ぶというのは、そうしたジャンルを越えた読書ができる企画です。

読書週間は11月9日までですが、このガチャ本企画は2017年11月26日まで実施しています。最近同じタイプの本ばかり読んでいるという人、未知の本・ジャンルと出会いたい人などは、ぜひガチャ本を楽しんでください。

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.