トップ図書館訪問記今はない図書館 > 改築前の渋谷区立大和田図書室

改築前の渋谷区立大和田図書室

渋谷区立大和田図書室は、2006年10月29日を最後に閉室してしまいました。
以下は、改築前の渋谷区立大和田図書室の訪問記です。

改築前の渋谷区立大和田図書室 訪問記

last visit:2005/06/22

大和田図書室は、渋谷駅から歩いて5分のところにあります。セルリアンタワーの近くですね。渋谷区ケアコミュニティ桜が丘と併設施設ですが、入口は別々です。

入口にはリサイクル本コーナー。ここのリサイクル本コーナーは、除籍蔵書のリサイクルではなくて、古本交換する場なんですね。

入ってすぐに児童書と文庫の一部。その奥に雑誌・カウンター・新聞と続き、右に折れたところに書架があります。

面積は小さいですね。渋谷区立図書館は「~図書館」という名前のものと、「~図書室」という名前のものがあり、ここは大和田図書室です。名前を見れば実際に行く前に規模が推測できるので、それを踏まえて利用するといいですね。

書架を見て思ったのですが、図書館の本が少ないです。図書館って割とどこでも一般のニーズ(と私が思う程度)以上に図書館関係の本が多いんですよね。でも、ここはそれがないのです。また、AV資料も一切なしですね。

それと、渋谷区立図書館にはどこでも掲示してあるようですが、予約の多い本リストのそばに「予約待ちになっている本を寄贈してください」という掲示がありました。

他区の図書館だと、『予約の多い人気本だから読んでみてはいかがでしょう』という風の掲示なのですが、確かに寄贈があれば早く順番が回ってきますよね。

う~ん、レポートとしてはこんなものでしょうか。そんな規模なのですよ。席も少ないしね。

渋谷は大和田図書室よりは遠いのですが、渋谷図書館もあるので、とにかく近い方がいい、予約受取中心という方はこの大和田図書館を、書棚を眺めたり、ゆっくり座って読書したいという方は渋谷図書館を、と使い分けするのがいいですね。