トップ図書館訪問記今はない図書館 > 閉館前の北区立文化センター図書館

閉館前の北区立文化センター図書館

北区立文化センター図書館は、新中央図書館が近くにできることから、2007年6月1日を最後に閉館しました。
以下は、閉館前の北区立文化センター図書館の訪問記です。

閉館前の北区立文化センター図書館 訪問記

last visit:2008/05/20

王子駅からしばらく歩いた北区中央公園の中に北区の文化センターがあり、その1階の右半分が文化センター図書館です。

この中央公園は自衛隊十条駐屯地の南に位置する木々に囲まれた公園です。野球場やテニスコートなどの施設以外は、本当に木・木・木といった感じ。公園によくある広い野原とかがないんですよね。これはこれでいい空間です。

そして、文化センターの建物。これが素晴らしい。もともとは陸軍第一造兵廠本部として建てられ、戦後は米軍の野戦病院としても使用されていた建物というのは行く前から知っていたので、さぞかし荘厳な建物だろうと予想していったら、これがもう、品があって美しいのですよ。今こうして訪問記を書くために思い出すだけでも惚れ惚れしてしまうくらいに。

中央公園の木々に囲まれている中に白い建物がすらりと建っている感じが、そして建物の主張しすぎていない装飾などが、前から見ても後ろから見ても素敵。私の独断では23区立図書館一美しい建物です!(まだ全部訪問してないけど)

さて、その文化センターですが、上から見ると凹の字のようになっていまして、入口が凹の字の下の部分、1階の右が図書館、残りが文化センターとなっています。図書館部分に入ると、まず左に閲覧室があり、もう少し進んだ左にカウンター。そこから左に折れ曲がって書架が並んでいます。カウンターの前あたりが、新聞・雑誌・漫画コーナーとCDコーナーで、その右の別室が児童コーナーですね。

閲覧室は中学生以上の利用で、利用する際にはカウンターに申し込みますが、席は自分で自由に選べます。この閲覧室は凹の字の下部分にあたるので(書架が凹の字の右になる)、窓から中央公園の木々が見えるはず。ぜひ窓際を利用しましょう!

規模はあまり大きくないですね。座席も新聞・雑誌コーナーにある椅子以外は、書架内に椅子がちらほらあるだけ。新聞・雑誌コーナーに1席ある車椅子の方用の机は、パソコン利用席と兼用になっているようです。持参PCを利用していい席はこの1席(と言っても車椅子の方用の机なので、どこかから椅子を持ってこなければ)だけですね。

棚を見ると、窓際の棚は本が日に焼けて色落ちしていたりしますが、興味を引く本がいろいろありますね。他の図書館訪問記でも書いていると思うのですが、私は北区立図書館の棚が好きで困っちゃうんですよ。何で困るかと言うと、ただでさえ読みたい本がたくさんあるのに、それがまた増えてしまうという訳で。

児童コーナーもこじんまりしていて可愛いです。真ん中辺りに「ふかふかえほん」という、綿入りのふかふかした布絵本があります。文字もなく、絵は布に印刷してある(つまりアップリケなどではない)簡単な布絵本なので幼児用というより乳児用でしょうか。洋書の絵本もあり、きかんしゃトーマスの英語絵本は何冊か揃っていました。

図書もいいのですが、ここはやはり建物ですよ。書架の窓から凹の字の左の文化センター側を見ても美しいんですよね。23区立図書館一素晴らしいというより、こういう建物をよくぞ図書館として利用していただきました、というのが適切か。

でも、2008年に自衛隊十条駐屯地の東に新中央図書館を作る計画があって、この文化センター図書館はそちらに統合されてしまうのです。残念。

まあ図書館が統合されるだけで、この建物はその先も文化センターとして使用されるのではないかと思いますし、中央公園にくればいつでもこの建物が見られるわけですからね。図書館に行くだけでなく、外観もぜひお楽しみください。

閉館前の北区立文化センター図書館 特集・行事・図書館だより感想記

  「文化センター図書館の歴史」
―閉館時の展示