東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記新宿区 > 新宿区立鶴巻図書館

CurrentIcon 新宿区立鶴巻図書館

新宿区立鶴巻図書館 訪問記

last visit:2013/11/12

新宿区立鶴巻図書館は、早稲田駅の近くの小さな図書館。夏目漱石の生まれた場所・終焉の場所が近いので、夏目漱石コーナーが設置されています。漱石散歩の際に、ぜひ立ち寄ってください。

§ 図書館の場所

鶴巻図書館は東西線の早稲田駅から少し歩いたところにあります。1番出口を出て左に曲がり、最初の脇道へ左折、そのまま道なりに歩くと250m先で早大通りと交わるのですが、その一つ手前の路地で右折すると、左側の2区画目に鶴巻図書館があります。この辺は小さいマンションや町工場が並ぶ地域でいい目印がないのですが、この道のりだと鶴巻図書館の手前に鶴巻町交番があるので、それが目印になると思います。

この説明からもわかるように、鶴巻図書館は早稲田大学のそば。といっても、鶴巻図書館は大学生活を謳歌する大学生が利用するには、こじんまりした雰囲気です(笑)。図書館自体は小さいですが、大学が近いことから周囲に安い飲食店なども多く、歩いてみると面白い地域。時間帯によっては大学生が通りに溢れていて、大学生の2倍ほどの年齢の私は居心地悪くもなりますが(笑)、あまり気にせず町歩きを楽しんでいます。

§ 図書館内の様子

鶴巻図書館は敷地内いっぱいに建っており、駐輪スペースもなく、バイク・自転車で来ないようにとの注意書きがあります。図書館自体の面積も狭く、延床面積としては新宿区立図書館の中では4番目に小さい図書館なのですが、中町図書館(515㎡)・北新宿図書館(593㎡)はワンフロア、西落合図書館(527㎡)は2フロアの図書館であるのに対し、鶴巻図書館は4フロアあって654㎡。つまり、1フロアあたりの面積でいうと鶴巻図書館が最も狭いんです。

フロア構成としては地下から3階まであり、1階が雑誌・新聞、日本の小説と随筆、家事関連本、ガイドブック、地域資料など。残りの一般書架は地下1階にあります。2階は全体が児童フロアで、3階が事務所や会議室という構成です。エレベーターはないので、バリアフリー面ではやや難があるといえます。車椅子をご利用の方や階段の昇り降りがつらい方は、鶴巻図書館の南西にあたる戸山図書館がスロープなどもあるのでお薦めです。

§ 一般書架

そのように小さな鶴巻図書館ですが、一般書架内の壁面やちょっとした隙間を工夫して、楽しい展示をいろいろしてくれています。1階の椅子席そばの展示コーナーは毎回デコレーションも可愛く、椅子を利用したら必ず目に留まるので、ふらっと寄ってしまいます。また、1階の家事関連本の棚の手前には、猫の「ワガハイ」くんというキャラクターが実用書を紹介してくれるコーナーもあり、展示や「ワガハイセレクション」という冊子で、毎月「○○力」(○○の中に毎回違う言葉が入る)というテーマで選んだ本を紹介してくれています。

また、家事関連本のそばの中高生コーナーでは、高2男子という設定の“鶴巻豪”と彼のペットのヒツジ“わさお”というキャラクターがお薦め本を紹介してくれています。利用者からもお薦め本を募集しているので、中高生の利用者の皆さんはぜひ投稿を!以前は、家事・美容本を紹介してくれる“つるマキ子”ちゃんというキャラクターもいたのですが、残念ながら引退してしまったよう(笑)。でも、家事・美容も広い意味で実用本に含まれるので、ワガハイくんが紹介してくれるはず!

新宿区立図書館では分類記号のラベルの枠色が、0類(総記)が薄橙、1類(哲学)が灰色、2類(歴史)が緑…といったかたちでジャンル別に色分けしているのですが、鶴巻図書館の棚見出しはそれに合わせた色になっていてパッと見てわかりやすいです。地下の書架の側面には分類の項目名がリストアップされているので、図書館の分類に詳しくない人にも探しやすい。ガイドブックの棚見出しが、国内ガイドブックには電車のイラスト、海外ガイドブックには帆船のイラストとなっているのなども、わかりやすいだけでなく可愛いです。

日本の小説は、著者名の五十音順に並んでいます。複数の作家の作品集は、奥付に編者が明記してある書籍は本のタイトルで五十音順の並びに入れられ、奥付に著者として複数の作家名が並んでいる書籍はその書かれた作家達の一番先頭の著者名をとって、五十音順の並びに入れられています。外国の小説は、英米文学・ドイツ文学・フランス文学…と国・地域別に分類された上で、著者姓名五十音順に並んでいます。

書架を見て思うに、文庫本は少ないです。小規模図書館の場合、限られたスペースで冊数を確保するために、文庫本の所蔵数を増やすことも多いのですが、鶴巻図書館はそうしたことはしていません。今の図書館は検索・予約機能がありますし、鶴巻図書館を窓口に新宿区立図書館全体の所蔵物を利用したいところです。

§ 児童フロア

2階は入口に下駄箱があり、児童フロア全体が靴を脱いで上がるエリアになっています。下駄箱の上は特集コーナーになっていて、入口からして賑やかな雰囲気。靴箱の隣には「ファミリー文庫」という棚があり、育児雑誌や絵本読みに関する本、赤ちゃんの誕生が描かれた本などが並んでいます。更に進むと右手前にカウンターがあり、カウンター正面に絵本、右前方のに児童読み物、壁際にちしきの本が並んでいるという配置です。

絵本は、日本のおはなしも外国のおはなしも一緒にして、タイトルの頭文字で分類されています。児童読み物は、日本人作家のものと外国人作家のものを分けたうえで、著者姓名五十音順に並んでいます。面積の狭い鶴巻図書館ですが、児童コーナーは棚の高さも低く、窓も大きいので一般書架のフロアよりはゆったりした印象です。一般書架と別フロアなので、少しくらい声を出しても大丈夫。お子さんへの読み聞かせも気兼ねなくできます。

奥側の絵本棚の脇には、仕掛け絵本もいろいろあります。また、紙芝居棚の下には、布絵本もいくつか所蔵しています。触ったり動かしたりして楽しむこれらの絵本もぜひ楽しんでください。

§ 夏目漱石の生誕地・終焉の地が近いんです

鶴巻図書館の地下の一画には、常設の夏目漱石コーナーがあります。というのも、鶴巻図書館は、南西に夏目漱石生誕の地(夏目坂をくだったところ)、南東に夏目漱石終焉の地(漱石公園)があるという、漱石ゆかりの地に建つ図書館なんです。上で、実用書を紹介してくれるワガハイくんについて触れましたが、彼(と勝手にオスと決めつけていますが、定かではありません 笑)も漱石にちなんだキャラクターです。

1階から地下へ向かう階段では、壁面に夏目漱石が住んだ場所の変遷(旧居一覧)や人脈一覧が掲示されています。旧居一覧などは、こんなに引っ越したのかとびっくりするくらい。文学面だけでなく、人物としての漱石に興味が湧いてきます。

そして地下フロアに着いたら、左手前が夏目漱石コーナー。壁に漱石の生涯をまとめた文章が掲示されており、その手前の低い棚と左の回転棚に、漱石の著作や漱石の研究本、関連本が並んでいます。本格的な研究本もあれば、特集として漱石が取り上げられた雑誌「東京人」のバックナンバー、はたまた、宮藤官九郎によるドラマ「吾輩は主婦である」脚本などもあるので、気軽にあれこれ手に取ることができます。ちなみに、雑誌「東京人」で漱石を取り上げた特集は一度ならず数号あり、漱石人気の強さを感じます。

階段壁面だけでなく地下の展示も含めて、鶴巻図書館の夏目漱石コーナーはどちらかというと作品より夏目漱石という人物に焦点をあてている気がします。生誕・終焉の地に近いということから、そうした面を強く出した展示にしたのかもしれません。私のように図書館を利用しにきた者でも、「ここで夏目漱石が生まれ、亡くなったのか」と感慨深く思うので、この辺に住んでいる人なら尚更、夏目漱石という人物にこの地との繋がりを感じたいのではないでしょうか。ロンドンでの苦悩など、漱石の人生を紹介してくれる展示は、そんな思いに応えてくれる内容です。

漱石散歩で早稲田地域を歩く人も、ぜひ鶴巻図書館を立ち寄り先の一つに加えてください。作品を読むだけでなく、ゆかりの地も巡って、漱石の世界を楽しみましょう!

新宿区立鶴巻図書館 データ

住所東京都新宿区早稲田鶴巻町521 →大きい地図を開く
Tel03-3208-2431
開館時間
児童コーナー以外火曜~金曜9:00~19:00
土・日曜・祝日9:00~18:00
児童コーナー9:00~18:00
定休日月曜・第3木曜(祝休日と重なる場合は開館し、翌日を休館)
年末年始
最寄駅東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩6分
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅から徒歩14分
都電荒川線 早稲田駅から徒歩14分
最寄バス停「榎町特別出張所前」停留所から徒歩4分
都営バス 白61(練馬車庫前~目白駅前~牛込柳町駅前~練馬車庫前)
「早大正門」停留所から徒歩5分
都営バス 学02(高田馬場駅前~早大正門)
都営バス 早77(早稲田~東新宿駅前~新宿駅西口)
都営バス 早81(早大正門~渋谷駅東口 循環)
都営バス 早81出入り(小滝橋車庫前~早大正門)
駐輪場なし
駐車場なし
所蔵資料
図書所蔵数2014/03/31現在 55,223冊 出典『しんじゅくの図書館 2014』
漫画なし
外国語新聞なし
外国語雑誌なし
外国語図書なし
外国語児童書なし
外国語絵本英語絵本が約50冊あり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
なしなしなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル1階入口入ってすぐ左に除籍蔵書を提供するコーナーを常設で設置
設備
検索機3台(1階2台、2階1台。全てタッチパネル&キー入力機)
検索結果印刷機能あり
資料の複写1階窓際の検索機の左にセルフ式コピー機あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4カラー50円、A3カラー80円。
ブックポスト建物入口右にブックポストあり
自動貸出機1階にICタグ式自動貸出機1台あり
座席数一般用24席、児童用14席
1階新聞・雑誌コーナー(椅子)8席
椅子席2席
机席6席
地下椅子席3席
机席8席
2階児童用椅子席3席
児童用机席10席
飲食設備なし
ネット閲覧PC1階にネット閲覧PC1台あり。利用は1回30分。
データベース・CD-ROM閲覧1階のネット閲覧PCで「聞蔵Ⅱビジュアル」「日経テレコン21」「ポプラディアネット」の利用可能
持参PC利用不可
LAN接続なし
その他設備1階記載台の上に「ご提案箱」あり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本数点あり(館内閲覧のみ)
児童向け視聴覚資料なし
おはなし会0~2歳向けおはなし会が月2回、子ども向けおはなし会が週2回あり
靴脱ぎスペース児童フロア全体が靴を脱いであがるようになっています
授乳室なし
オムツ交換台3階にオムツ交換台あり。ご利用の際は職員さんへ申し出てください。
児童用トイレ児童フロア内にトイレあり
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーターなし
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレなし
大活字本なし
視覚障害者向け資料新聞・雑誌コーナーに、『広報東京都 点字版』『都議会だより 点字版』 『ニッポン放送番組表 点字版』あり
ネット閲覧PCでマルチメディアデイジーの閲覧が可能
拡大読書器・老眼鏡なし
対面朗読室なし。対面朗読サービスは行っているようなので、専用の対面朗読室ではなく会議室等で行っているのではないかと思います。

新宿区立鶴巻図書館 カレンダー

が休館
7月
12
3
456789
10
111213141516
1718
1920
212223
24
252627282930
31

8月
123456
7
8910111213
14
151617
181920
21
222324252627
28
293031

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.