東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館ランキング&リスト > 地震対策グッズを導入している都内の公立図書館リスト

CurrentIcon 地震対策グッズを導入している都内の公立図書館リスト

都内の公立図書館のうち、書棚に滑り止めマット、落下抑制テープ、地震感知バーなど、地震対策グッズを設置している図書館をリストアップしました。

2011年3月11日の大地震では図書館でも多くの本が落下し、今後も地震対策が望まれます。震災を機に各メーカーも地震対策グッズに力を入れていますが、実際に導入してみての使い勝手や効果はどうなのか。これから導入を考えている図書館や、図書館に提案しようとしている利用者は、実際に導入している図書館を見に行ったり、職員さんにヒアリングするのもいいと思います。

以下のリストは、私が図書館巡りの中で見つけたものであり、これ以外にも地震対策グッズを導入している公立図書館があるかもしれません。もしご存知の方は、ご連絡いただけると嬉しいです。

葛飾区
葛飾区立中央図書館書架奥にある叢書・全集の棚の上から2,3番目の段に、地震対策用の滑り止めシート(キハラ株式会社「安全安心シート」)を設置(一番上の段には本が置いてない。また、この棚以外は高さ140cm程度)
北区
北区立神谷図書館一般書架の壁から離れている棚の一部(入口から遠い列)の最上段の手前に、落下抑制テープ(おそらく3M「落下抑制テープ」)を貼付
江東区
江東区立砂町図書館一般書架の最上段と上から2段目に、感震式書籍落下防止装置(日本ファイリング「ブックキーパーII」)を設置
渋谷区
渋谷区立笹塚図書館書棚の最上段、または、上2段に感震式書籍落下防止装置(日本ファイリング「ブックキーパーII」)を設置
渋谷区立西原図書館書棚の上段に地震対策用の滑り止めシート(キハラ株式会社「安全安心シート」)を設置
新宿区
新宿区立大久保図書館書棚の最上段に感震式書籍落下防止装置(日本ファイリング「ブックキーパーII」)を設置
新宿区立北新宿図書館書棚の最上段に感震式書籍落下防止装置(日本ファイリング「ブックキーパーII」)を設置
新宿区立男女共同参画推進センター(ウィズ新宿)図書資料室2階書架手前側の高い書棚の上半分ほどの段に地震対策用の滑り止めシート(キハラ株式会社「安全安心シート」)を設置
新宿区立西落合図書館
※現在、長期休館中
書棚の最上段と二段目に感震式書籍落下防止装置(日本ファイリング「ブックキーパーII」)を設置
世田谷区
世田谷区立喜多見図書室書棚の最上段に感震式書籍落下防止装置(日本ファイリング「ブックキーパーII」)を設置
中央区
中央区立日本橋図書館7階一般書架の棚は、下2段目より上の段にキハラ株式会社の安全安心テープが貼ってある。壁から離れている棚はもちろん、壁沿いの棚にも貼ってある。
練馬区
練馬区立南田中図書館一般書架の背の高い書棚の最上段に、滑り止めゴムマット(メーカー不明)を設置
文京区
文京区立真砂中央図書館館内の書架のうち、壁沿いでない棚の全てで減震書架(キハラ株式会社「グラッパ」)を使用
目黒区
目黒区立大橋図書館書棚の上から二番目の段の手前に、落下抑制テープ(おそらく3M「落下抑制テープ」)を貼付。注:一番上の段には本を置いていないので、二段目が本が並ぶ一番高い段

今のところ、都内の公立図書館で実際に使われているのを確認できているのは、日本ファイリング「ブックキーパーII」キハラ株式会社「安全安心シート」3M「落下抑制テープ」の3種類。これらの地震対策グッズが設置されてから、本が落下するほどの大きな地震がないので、効果のほどはわかりませんが、私が聞いた限りでは、地震を感知して自動的にバーが上がる仕組みの「ブックキーパーII」は、大きめの地震がきたときに確かに揺れを感知してバーが上がったそうです。

ただ、聞いたところによると、落下しないよう本を棚にとどめようとすることが、棚自体を倒す力として働いてしまうこともあるともこと。今後の研究に期待するとともに、私たち利用者にも、地震を感じたら速やかに書棚から離れるなど、危険への意識が必要だと思います。

そして、地震の際の効果とともに、普段の使い勝手も気になるところです。「安全安心シート」と「落下抑制テープ」は、ともに本を乗せる板に滑り止めを施すもので、利用者として1,2冊の本を棚から取り出すかぎりは特に不便さはありません。が、書架整理を行う図書館職員さんにとってはどうなのか。ちょっとしたコツが必要だったりするかもしれません。

また、バーが上がってくる仕組みの「ブックキーパーII」は、本棚に挿されている棚見出しでバーがひっかかることがあっては、意味がない。そこで、新宿区西落合図書館では、バー部分をくりぬいた棚見出しを作っています。これらの図書館に行けば、そういった導入にともなっての工夫も見ることができます。

図書館同士で各製品に関して情報交換し、また、各メーカーさんにもいい意味の開発競争をしていただいて、図書館がより安全な場所になることを願います。

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.