トップ図書館訪問記今はない図書館 > 文京区立図書館男女平等センター内図書返却ブックポスト

文京区立図書館男女平等センター内図書返却ブックポスト

男女平等センター内図書返却ブックポストは、2015(平成27)年12月22日から2016(平成28)年6月下旬まで、文京区立真砂中央図書館が改修のため長期休館していた期間のみ設置されていたポストです。
以下は、文京区立図書館男女平等センター内図書返却ブックポストの訪問記です。

文京区立図書館男女平等センター内図書返却ブックポスト 訪問記

last visit:2015/12/24
§ ブックポストの場所

ブックポストが設置された文京区立男女平等センターは、現在改修工事中の真砂中央図書館の裏手にあります。詳しい道のりはこちらに書きましたが、春日通りから真砂中央図書館に入る路地より一つ東側(本郷三丁目駅側)の路地といえば、イメージが湧く人も多いかもしれません。集合住宅の1階に男女平等センターがあり、入口を入ると右先に小さな白いブックポストがあります。一般的な箱型ブックポストの半分くらいの高さなので、一般的なものをイメージしていくと見つけにくいかもしれませんが、壁の行事案内板の左脇辺りを注意してみてください。

§ ブックポストの使い方

このブックポストは常駐ではなく、2015(平成27)年12月22日から2016(平成28)年6月下旬まで設置するとのこと。真砂中央図書館が、老朽化による改修工事のため、2015(平成27)年6月1日から2016(平成28)年6月末まで休館しているので、それを補うかたちで設置するのでしょう。休館を補う意味で言えば、長期休館開始から設置してもよさそうなものなので、当初設置予定はなかったものの利用者の意見を受けて設置を決めたのかもしれません。

ブックポストの遣い方としては、図書館に設置されているブックポストと同様、CDやDVDなどの視聴覚資料は破損する恐れがあるのでブックポストには入れてはいけません。もちろん、CD・DVDが付属している図書もNG。それらの資料は図書館が開いている時間にカウンターへ返却する必要があります。また、文京区立図書館を通じて貸出した他の自治体の資料も不可。ブックポストに返却できるのは、文京区立図書館の本と雑誌だけです。

もう一つ注意点があり、回収されるのが1日1回などの頻度なので、ブックポストに入れてから実際に返却処理が行われるまでにタイムラグがあります。翌日に図書館に行く予定があるなら、図書館とは別の場所に設置されたブックポストに返却するより、翌日に図書館に返却する方が早く返却処理されることもあります。

また、男女平等センターのロビーに設置されているブックポストなので、男女平等センターが利用できる日時しか使えません。時間帯としては9時から21時半まで、年末年始や2ヶ月に1度の全館清掃日はお休みです。

ただ、ブックポストを設置するなら、真砂中央図書館の長期休館中の仮事務所もここにしてくれたらと思ってしまうのは私だけでしょうか。仮事務所が設置されたシビックセンター(文京区役所)は、駅から近いのはいいのですが、17時で閉まるうえに、土日祝は開いていません。その点、男女平等センターなら文京区立図書館より休みが少なく、夜も21時半まで開いています。位置も真砂中央図書館のすぐそばなので、ふだん真砂中央図書館を使っていた人にも便利だと思います。

§ 男女平等センターにも資料室があります

ブックポストの説明としてはこれくらいですが、この男女平等センターでも施設の趣旨に沿った資料を所蔵しており、ここでも本の貸出ができます。この資料コーナーについては、こちらに訪問記を書いていますが、文京区立図書館とは別に登録が必要です。率直に言って、図書館と比べたら資料も少ないし古いものが多いですが、逆に言えば図書館では閉架にしまっていたり、除籍してしまった本を見つけることができるかもしれません。ブックポストのある1階ロビーの奥の一画なので、お時間があるときには覗いてみてください。