東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記大田区 > 大田区立入新井図書館

CurrentIcon 大田区立入新井図書館

大田区立入新井図書館 訪問記

last visit:2011/04/10

大田区立入新井図書館は、2011年3月30日に大森駅近くの複合施設「Luz大森」内に移設オープンした図書館です。大田区立図書館で唯一、20時まで開館しています。

§ 図書館の場所

入新井図書館の最寄り駅は、京浜東北線の大森駅。改札を出て左先の階段を降り、突き当たりの総合案内板のところで右の階段を降りて路面へ出ます。降りたところで斜め左方向を見ると、ビルの壁面に大きく「Luz大森→」という看板があり、その「Luz大森」というのが入新井図書館の入っているビルなので、矢印通りに進めばOK。一応、道順を書いておくと、看板があるビルの間の小道を進めば、正面に「安田病院」という青地に白文字の看板が見えます。その先の、1階にセブンイレブンのあるビルがLuz大森で、4階に入新井図書館があります。

Luz大森から、JRの線路から離れる方向に2区画いったところには、鷲神社があります。酉の市には大変な賑わいを見せるというこの鷲神社、実は後述するように入新井図書館が移設のために休館していた間、図書館利用者を支えてくれた図書館なんです。酉の市でない普段の日はひっそりとしている小さな神社なので、落ち着いてお参りできますよ。

§ 図書館内の様子

4階フロアのうち、ざっくり言って、4分の3ほどが入新井図書館、4分の1ほどが入新井集会室です。階段・エレベーターから見てすぐのところに図書館エリア入口があり、入ってすぐ左にカウンター、その奥から左に向かって長い一般書架エリアが伸びています。右手前はCD、更に右に児童コーナー、右奥側は新聞・雑誌コーナーで、その右には別室になっている閲覧室があります。

細長い区画に各コーナーがならぶシンプルな構造で、青いカーペットに壁や机を白で揃えた内装は、さっぱりとした印象。言い方を変えると味気なくもありますが、2011年3月30日に移設オープンしてからまだ間もないので、時を重ねて、掲示物や飾りなどが増えたら、もっと味わいが出てくるかもしれませんね。

難点を挙げるとしたら、お手洗いが遠いです。一般のお手洗いは、図書館エリアを出た左手奥の集会室エリアの、奥の奥の奥という感じの場所にあるんです。まあ、図書館エリアを出て左に曲がったところに誰でもトイレがあるので、我慢できないときにはそちらでも。また、児童用トイレは児童コーナーにあるので、お子さんが急にお手洗いに行きたくなったら、慌てずにそちらを利用してくださいね。

§ 児童コーナー

児童コーナーは、低い棚が並んだ開放的な空間。窓際には海をイメージしているっぽい装飾もありますが、これまたさっぱりしすぎる雰囲気で、もう少し賑やかさがあるといい気もします。絵本はタイトルの頭文字によって分類されており、場所によっては、絵本向きの2段しかない低い棚に、高学年向けの読み物が入っているところもあり、低い棚が多すぎてかえって見づらくなっている点もあります。紙芝居の棚は、絵が見える向きに紙芝居を並べるようになっている棚で、見た目も賑やかでいいですね。

児童コーナー奥のおはなしの部屋は広く、おはなしの部屋と書架を仕切る壁が展示棚になっていて、布絵本やしかけ絵本、英語の絵本などが展示されています。大人が4人くらい並べそうな、通常のおはなしの部屋の入口とは別に、小さな子ども一人だけしか通れないような小さな入口があって、おはなし会のときにはここから入るみたいです。おはなし会のときだけの特別な扉、ワクワク気分を盛り上げてくれますね~!

こどもトイレや授乳室も設置してあり、小さいお子さんを連れた方も安心です。オムツ交換台は、図書館内の授乳室にもあるし、図書館エリアを出て集会室の方へ行く通路の左にある誰でもトイレにも設置されています。授乳室は、1階の大田区の入新井出張所の通路向かいにもあります。こんなにたくさんあると、どれか一つが使用中でも、別のところに行けて便利ですね。

配布している利用ガイドを読むと、入新井図書館では、児童調べもの相談員を置いているそうです。平日は14時から17時まで、土日祝は11時から17時まで置いているとのことなので、お子さんはぜひたくさん質問してください。授業のための調べものなどはもちろん、「こんな内容のおはなしがあるらしいけど、本のタイトルがわからない」などの相談にものってくれると思いますよ。

そうそう、児童コーナーに漫画は見当たりませんが、児童向け雑誌コーナーには『なかよし』『コロコロコミック』といった漫画雑誌を所蔵しています。また、一般書架の726には、漫画に関する本と一緒に、『まいにちかあさん』などの漫画本もほんの少しだけあります。

§ 一般書架

一般書架のうち、教育・育児・医学・経済の本は一番入口に近い棚にあり、特に経済の本については、公式ホームページの入新井図書館の説明に「経済書を中心に収集しています」とあるのですが、現時点では同規模の他の図書館と比較して、とりわけ経済本が多いようにも思えません。ビジネス関連本というのは、多くの館で力を入れて、独自の分類をしていたりするのですが、それらの館と比べると、入新井図書館の現時点での経済の棚は、見出しも通常の3桁の日本十進分類法しかなく、“とりあえず手前の棚に置いた”という状態。今後に期待したいところです。

小説は著者名の五十音順に並んでいます。但し、アンソロジーなど複数の著者による小説本はタイトル名を元に、五十音順の並びに入れられています。例えば、安戸悠太(ヤスト ユウタ)が書いたの本の隣に、11人の作家が著作編集した『八ヶ岳「雪密室」の謎』(ヤツガタケユキミツシツノナゾ)という本が並び、その隣に柳蒼二郎(ヤナギ ソウジロウ)が書いた本がある、といった具合になります。

カウンター向かって右手前のコピー機の隣に、除菌BOXがあります。この中に資料を入れると、45秒で除菌ができるというもの。23区立図書館では、入新井図書館以外に葛飾区立中央図書館墨田区ひきふね図書館に設置されています。個人的にはそこまで神経質に除菌することはないと思うし、逆に、神経質な人にとっては、本を閉じた状態で紫外線を当てたところで、表面しか除菌できないのが気になるでしょうね。販売業者のホームページを検索してみたら、価格が20万円ほどするものと知り、ますます考えさせられました。

§ 図書館を愛するお土地柄

入新井図書館は、元々現在の場所より蒲田方面へ150mほどいった場所にあり、2011年3月30日に現在の場所に移設オープンしました。が、移設のために旧入新井図書館が閉館したのが、2005年7月1日。その間、5年9ヶ月の間、臨時窓口も設置されず、大森駅近辺の人は突然近くの図書館を失ってしまったんです。2005年時点でも大田区は入新井図書館を含めて17館ありましたし、図書館側としては、大田文化の森情報館図書コーナー大森東図書館大森西図書館といった、周辺の図書館を利用してくれ、という思いだったのでしょう。

しかし、大森の住民はそれでは満足せず、「自分たちで図書館を運営しよう」と、旧入新井図書館の除籍資料を譲り受けた約2500冊を中心に、神社の御輿蔵に私設図書館を作ったんです。同じような状況で、区立図書館に臨時窓口開設の要望を出すなどはよくあると思うのですが、自分達で私設図書館を作ってしまうなんて、大森住民の図書館愛の大きさといったら、素晴らしい!まあ、他の地域では、私設図書館を作らずとも臨時窓口等を設置してくれるのが普通なので、それだけ大田区立図書館のサービスが足りなかったということでもあるのですが。

その後、大田区立図書館が23区立図書館で一番最後にネット予約機能を使えるようにした2008年4月1日から、受取先として鷲神社が指定できるようになり、世にも珍しい“公立図書館の資料が借りられる図書館”であるおおとり図書館ができました。新しい入新井図書館が開館した今は、この仕組みはなくなりましたが、鷲神社自体はもちろん現在も存在します。

そのように図書館を愛する土地柄ゆえ、大田区立図書館で唯一20時まで開いているという開館時間は、確実に喜ばれると思います。今は開館したばかりで、施設の新しさや設備の充実が目立ちますが、中身の方でもぜひ利用者のニーズに応えていただきたいところ。今後、集会室を使った図書館行事などもあるのではないかと期待しています。大森の皆さん、待ちに待った図書館をたっぷり堪能してくださいませ!

大田区立入新井図書館 データ

住所東京都大田区大森北1-10-14 Luz大森4階 →大きい地図を開く
Tel03-3763-3633
開館時間9:00~20:00
※1月4日は、10:00~20:00
定休日第2木曜(祝日は開館し、翌日を休館)
12月29日~1月3日
最寄駅JR京浜東北線 大森駅から徒歩4分
京急本線 大森海岸駅から徒歩11分
最寄バス停「大森銀座入口」停留所から徒歩2分
京急バス 森27(大森駅~ 平和島駅~大森東五丁目)
京急バス 森33(大森駅~ 流通センター南口~大森海岸駅~大森駅 循環)
駐輪場Luz大森地下に駐輪場あり。4:30~25:30。
自転車駐輪場は996台分あり、12時間ごとに100円、但し最初の3時間は無料。
原付バイク駐輪場は21台分あり、3時間ごとに200円、但し最初の2時間は無料。
駐車場施設内に一般用駐車場96台分、障害者用駐車場もあり。入口は、建物東側(JRの線路とは反対側)。7:30~23:30。30分ごとに200円。23:30から7:30までは出庫できず、一泊した場合の料金は、23:30から7:30まで500円。
所蔵資料
図書所蔵数2015/03/31現在 89,075冊 出典『平成27年度 大田の図書館』
漫画あり
外国語新聞The Japan Times/International New York Times(英語)あり
外国語雑誌なし
外国語図書なし
外国語児童書なし
外国語絵本英語絵本が約240冊あり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
ありなしなし

試聴設備CD試聴機2台あり。1回1時間まで。
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクルなし。2011年3月にできたばかりの図書館なので、しばらくしてから設置されると思います。
設備
検索機4台(全てタッチパネル&キー併用機)
検索結果印刷機能あり
資料の複写カウンター向かって手前右にセルフ式コピー機あり。A4・B4・A3モノクロ10円。
ブックポスト建物北側の夜間通用口通路の左の壁にブックポストあり
自動貸出機なし
座席数一般用97席、児童用47席
児童用椅子席31席
児童用机席16席
新聞・雑誌コーナー(椅子)20席
閲覧室(机)28席
PC優先席(机)12席
椅子席22席
机席15席
飲食設備
  • Luz大森1階に飲み物自販機2台あり
  • Luz大森1,3階に飲食店あり
ネット閲覧PCネット閲覧PC2台あり。利用は1回30分。
データベース・CD-ROM閲覧ネット閲覧PCで、「聞蔵Ⅱビジュアル」「D1-Low.com」の利用可能
持参PC利用一般書架壁沿いの机席の中央付近のパソコン優先席(12席)で持参PCの利用可能。電源あり。
LAN接続館内で大田区公衆無線LAN(Ota_City_Free_Wi-Fi_01)の利用可能。1日最大60分×4回のネット接続可能。利用にはメールアドレスとパスワードの登録が必要です。詳しくは図書館へお問い合わせください。
その他設備紫外線による除菌BOXが2台あり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本あり
児童向け視聴覚資料CDコーナーに童謡CDあり
おはなし会子ども向けおはなし会週1回あり
靴脱ぎスペース児童コーナー奥に靴を脱いで上がる広いおはなしの部屋があり、おはなし会がないときには開放しています
授乳室図書館児童コーナーの子どもトイレの右隣に授乳室あり
Luz大森1階の女子トイレの左隣に授乳室あり
オムツ交換台図書館児童コーナーの授乳室にオムツ交換台あり
4階の図書館エリア手前右の誰でもトイレ内にオムツ交換台あり
バリアフリー
障害者用駐車場建物の一般用駐車場の中に障害者用駐車場あり
エレベーター西側入口(ドラッグストアの左)から入った場合はエスカレーターの先、北側の夜間入口(入新井出張所側)から入った場合は正面に、エレベーターあり
車椅子用閲覧席見当たらなかったのですが、配布している入新井図書館利用ガイドに「車イスに対応した閲覧席を設置し」とあるので、私が見逃したようです。今度行くときに確認してきます。
誰でもトイレ1階の北側の夜間入口を入って左の男女トイレの間に誰でもトイレあり
4階の図書館エリア手前右にオストメイト対応の誰でもトイレあり
大活字本カウンター向かって右手前のキャスター付きの棚に大活字本あり
拡大読書器・老眼鏡カウンター向かって右手前のネット閲覧PCの右に拡大読書器あり。但し、2011年4月10日現在、故障中につき使用不可。

大田区立入新井図書館 カレンダー

5月
1234567
891011
121314
15161718192021
22232425262728
29
30
31

6月
1
2
3
4
5678
91011
12131415161718
19202122232425
2627282930

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.