東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記目黒区 > 目黒区立目黒本町図書館

CurrentIcon 目黒区立目黒本町図書館

目黒区立目黒本町図書館 訪問記

last visit:2013/08/01

目黒区立目黒本町図書館は、武蔵小山駅と学芸大学駅の中間辺りにある図書館。社会教育館との併設施設で、多数揃っている朗読資料や、フィギュアやポスターでにぎやかな中高生コーナーなど、老若男女が活用できる図書館です。

§ 図書館の場所

目黒本町図書館は、東急東横線の学芸大学駅と東急目黒線の武蔵小山駅の真ん中辺りにあります。どちらの駅からも道のりにして1km強あるので、あまり歩きたくないならバスがいいですね。その場合は、学芸大学駅と武蔵小山駅をつなぐ東急バスの反11系統に乗って「清水庚申」停留所で下車、そこから武蔵小山駅方面へ進むと200m弱先に水色の歩道橋があり、その右側にある白い建物が目黒本町図書館が入っている併設施設です。

学芸大学駅、武蔵小山駅ともに、駅前の商店街が充実している駅なので、商店街歩きを兼ねて図書館まで歩いてくるのも楽しいです。学芸大学駅から行く場合は、駅から学芸大学東口商店街を抜けてそのままひたすら進めば目黒本町図書館に辿りつきますし、武蔵小山駅からの道のりは商店街パルムとは違う方向ですが、目黒本町図書館へ通りにも個性的なお店がぽつりぽつりとあるので、それを楽しんでいるうちに図書館に辿りつきます。

§ 図書館内の様子

3階建ての建物のうち、2階全体が目黒本町図書館です。図書館エリア入口を入ると、正面に中高生コーナーと外国語図書があり、その右にカウンター、更に右が児童コーナー。一般書架は図書館エリア入口入って左側一帯で、入口に近い辺りに新聞・雑誌コーナーやCDコーナーがあります。建物が上から見たときに五角形のかたちをしているので、図書館フロアもこれら各エリアがときに微妙な角度で曲がりながらつながっているかたちです。

全部で8館ある目黒区立図書館のうち、目黒本町図書館は蔵書数の多さが5位、面積の大きさが5位、施設の新しさでは6位と、あらゆる面で中程度といえる図書館です。駅から離れていることもあり、人の出入りが多すぎたりもせず、落ち着いて過ごせる雰囲気です。

§ 児童コーナー

児童コーナーは飾り付けは少なめで、質実剛健な児童コーナーというところ。児童コーナーに向かうと、左側に絵本が、右側に児童読み物やちしきの本が並んでいます。児童コーナー手前右には漫画本が多数あり、漫画のポスターが壁を賑わせています。

絵本は、日本のおはなしも外国のおはなしも一緒にして、タイトルの頭文字で分類されています。普通の絵本とは別に黄色いマットの間に集められた赤ちゃん絵本も、タイトルの頭文字で分類されています。また、機関車トーマスやバーバパパなどシリーズものの赤ちゃん絵本は、絵本棚脇の小さな棚にまとまっているので、見逃さないようにしてください。児童読み物も、日本人作家と外国人作家を一緒にして、タイトルの頭文字で分類されています。

子どもや赤ちゃん向けの絵本選びに関する本を読みたい方は、場所が少しわかりにくいかもしれないので要注意です。これらの本は内容が児童に関するものですが、対象読者は大人なので、図書館では児童コーナー内に別置き棚を設置してそれらの本を配置することが多いところ、目黒本町図書館では子ども向けのちしきの本の棚の「019 読書法 ブックリスト」にそれらの本を置いています。場所としては児童コーナー奥の壁沿いの一番左(窓に近い場所)にあるので、お探しの方はご注意ください。

また、児童コーナー入ってすぐ右手前の棚には、布おもちゃや布絵本などもいろいろ。マジックテープを利用してキャッチボールができる布おもちゃや、迷路、すごろくなど、いろんなタイプの布おもちゃがあるので、お子さんと遊んでみたい方はもちろん、布おもちゃを作ってみたい方にも参考になります。これらの布おもちゃは貸出もできます。

§ 一般書架

一般書架は請求記号から読みたい本を探そうというときには、ややわかりにくいかもしれません。というのも、500番台の隣に100番台が並び、その隣に800番台がある…といったかたちで、必ずしも数字の順通りでない並びになっているからです一般書架中央の柱に掲示された配架図を頼りにするか、見つからない場合は遠慮なく職員さんに聞いてみましょう。

また、一般書架を見ていると、「547.4」(有線通信・インターネット)の棚に「パソコンの本は007.6(情報処理・ソフトウェア)にあります」という説明があったり、「588.5」(酒類工業)の棚に「酒類の本は596.7(料理)にもあります」という説明があるなど、ところどころで関連する他分類の情報が紹介されています。棚を見ても自分の目当ての本が見つからない場合は、こうしたガイドも参考になりますね。

一般書架のなかでも家事関連本は分類が細かく、目的の本が探しやすいです。例えば、編み物の本なら「春夏もの」「秋冬もの」「こもの」「ベビー・こども」「男もの」など、料理の本なら「日本料理」「アジア料理」といった地域別、「魚貝料理」「野菜料理」などの素材別、その他にも「パン」「野外料理」「弁当」などなど、細かい項目で分類しています。ただ、料理の本は、一つの項目が大きさによって、通常のもの、「大型本」、「超大型本」の最大3種類に分かれているのでご注意を。例えば「日本料理」の本を全て見たかったら、上段にある普通サイズの「日本料理」に加えて、「日本料理 大型本」「日本料理 超大型本」を見ないと、全ての本を見たことにはなりません。

日本の小説・エッセイは一緒にして、概ね著者姓名の五十音順です。「概ね」というのを説明しますと、まず頭文字が「あ」である主要な著者について見出しを付けて五十音順に並べており、その後に見出しのない著者を「あ その他」にまとめてその中で五十音順に並べるということを繰り返して、「い」で始まる主要小説家→「い その他」小説家→「う」で始まる主要小説家…と続いていきます。

つまり、ある小説家の本を探している場合、まずは五十音順に並んだ見出しの中から作家名を探し、もしなければ該当する頭文字の「その他」の中から探すという手順になります。著者が複数いる作品集は、「わ」で始まる作家の作品が入っている棚の右先にある柱沿いの棚にまとめて置いてあります。外国の小説は、「中国文学」「英米文学」「ドイツ 文学」といったように国・地域別に分類したうえで、日本の小説・エッセイと同様の並び順になっています。

外国語図書も多く、半数以上を占める英語本のほか、中国語・ハングル・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語も所蔵しています。特に英語は、伝記本、旅行ガイド、料理、ヨガ、ペットの本などジャンルも幅広いし、英語や他の外国語の漫画などもあるので、親しみやすいところから外国語の本を読んでみるのもいいですね。外国語雑誌は、最新刊は所蔵していませんが、目黒区立図書館は雑誌のバックナンバーを直近の返却館で所蔵する仕組みなので、目黒本町図書館に返された外国語雑誌のバックナンバーが外国語図書コーナー窓際の小さな棚に並んでいます。

机席は一般書架の一番奥に24席、中高生コーナーに12席あり、どちらも大きい机の両側に向かい合って人が並ぶタイプの机です。決して多くはないけど、夏休み期間中に行っても満席ではなかったです。社会教育館の研修室を夏休み・冬休みの間、自習室として開放している(但し、休み期間中毎日開放しているとは限らないので、ご利用の際は社会教育館へ問い合わせてください)ので、そちらを使う人も多いのかもしれません。

§ 老若男女が活用できる図書館

目黒区立図書館は、「この本はこの図書館の蔵書」と所蔵館を決めて管理するのではなく、最後に返却された館の棚で資料を保管する仕組みなので、各館に資料面での特徴があまりないのですが、目黒本町図書館の中を巡っていると、あらゆる人へ広くサービスを提供している様子がうかがえます。

例えば、新聞・雑誌コーナー手前にある、朗読カセット・CDを集めたコーナー。図書館は本を読むところというイメージが強いですが、視力の低下や眼の病で文字が読みづらくなっても、朗読資料で物語を楽しむ方法があるんですよね。また、カウンター向かって左に回り込んだところには対面朗読室もあり、視覚障害者の方が朗読サービスを受けることができます。

また、目を惹かれるのが中高生向けのYA(ヤングアダルト)文庫の棚上に並ぶフィギュア。利用者から寄贈されたものが棚上にずらっと飾られています。私はフィギュアはよくわかりませんが、レプソルホンダのバレンティーノ・ロッシマシンのミニチュアなどもあり、元ロッシファンとしてはじっくり見入ってしまいました(笑)。

そんな飾り付けが目立つYA文庫は目黒区立図書館が収集に力を入れている資料の一つで、以前八雲中央図書館で開催された見学ツアーで聞いた話では、欠番なく揃えているそうです。現役中高生はもちろん、大人が若かりし頃に戻りたい気分のとき(?)に楽しんでもいいですよね(笑)。

こうやってあらゆる人への資料・情報を提供してるところが、地味ながらも図書館の原点を示してくれているようで、ついつい館内をあちこち巡っていろんな本を手に取ってしまいます。書店以上に幅広い資料を揃えている図書館のよさをぜひ味わってください。

目黒区立目黒本町図書館 データ

住所東京都目黒区目黒本町2-1-20 目黒本町併設施設2階 →大きい地図を開く
Tel03-3792-6325
開館時間
火~土曜9:00~19:00
日曜・祝日9:00~17:00
定休日月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館。但し、5月の連休が月曜に重なる時は、連休明けの平日を休館)
年末年始
最寄駅東急目黒線 武蔵小山駅から徒歩17分
東急東横線 学芸大学駅から徒歩18分
最寄バス停「清水庚申」停留所から徒歩3分
東急バス 渋71( 渋谷駅東口~洗足駅)
東急バス 反11(五反田駅~学芸大学駅~世田谷区民会館)
駐輪場建物入口手前に駐輪場あり
駐車場なし
所蔵資料
図書所蔵数2012/04/01現在 101,546冊
漫画カウンターの対面やや左寄りにあり
外国語新聞The Japan Times/International New York Times(英語)あり
外国語雑誌なし(中目黒駅前図書館に返却されたバックナンバーは所蔵)
外国語図書英語・中国語・ハングル・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語あり
外国語児童書外国語図書の棚の右側最下段に児童読み物や漫画あり
外国語絵本英語絵本が約200冊、中国語・ハングル・フランス語絵本が約30冊、ドイツ語・ポルトガル語絵本が約10冊、スペイン語・スウェーデン語・タガログ語・インドネシア語絵本が1~数冊ずつあり
※冊数はある日の開架の蔵書を数えた目安です。目黒区立図書館は所蔵館を決めない蔵書管理(返却された館の棚に戻す)をしているので、必ずしもこの冊数を所蔵しているとは限りません。
音声資料
CDカセットレコード
あり朗読カセットのみありなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしありなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクルカウンター前のお手洗いへの通路入って右に、除籍蔵書と寄贈本のうち図書館の蔵書としなかった本を提供するコーナーを常設で設置。1人1回5冊まで。
設備
検索機6台 (全てキー入力機)
検索結果印刷機能あり
資料の複写カウンター向かって左にセルフ式コピー機あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4カラー50円、A3カラー80円。そばに千円札を100円玉に崩せる両替機もあり。
ブックポスト建物入口向かって右の壁面にブックポストあり
自動貸出機なし
座席数一般用66席、児童用22席
児童用椅子席16席
児童用机席6席
新聞・雑誌コーナー(椅子)15席
新聞・雑誌コーナー(机)3席
ヤングコーナー(机)12席
椅子席12席
机席24席
飲食設備なし
ネット閲覧PCなし
データベース・CD-ROM閲覧なし
持参PC利用閲覧席で持参PCの使用可能。電源なし。但し、他の利用者からキー打音などで苦情があった場合は、使用をやめていただきますとのこと。
LAN接続なし
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本布おもちゃなどとともに布絵本あり。貸出可能。
児童向け視聴覚資料CDコーナーに児童向けCDあり
おはなし会赤ちゃん向けおはなし会が月1回、子ども向けおはなし会が月2回あり
靴脱ぎスペースなし
授乳室なし
オムツ交換台建物1階ロビーにベビーベッドあり
児童用トイレなし
その他児童向け資料・設備等布おもちゃもあり(貸出可)
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーター建物入口入って右先にエレベーターあり
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレ図書館エリア入口入って右に回りこんだところに誰でもトイレあり
大活字本入口入って左の一般書架の一番手前の棚に大活字本あり
視覚障害者向け資料開架を見た限りではなし
拡大読書器・老眼鏡外国語図書・YAコーナーの奥に拡大読書器1台あり
対面朗読室カウンター向かって左に回り込んだところに対面朗読室あり

目黒区立目黒本町図書館 カレンダー

が休館
9月
123
4
5678910
11
121314151617
1819
2021222324
25
2627282930

10月
1
2
345678
910
1112131415
16
171819202122
23
242526272829
30
31

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.