東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記渋谷区 > 渋谷区立代々木図書館

CurrentIcon 渋谷区立代々木図書館

渋谷区立代々木図書館 訪問記

last visit:2014/09/24

渋谷区立代々木図書館は、明治神宮の北、小田急線の南新宿駅と参宮橋駅の中間付近にある図書館。元々図書室と音楽室からなっていたフロアを、フロア全体を占める図書館に改装したことから、ユニークな構造になっているのが楽しいです。

§ 図書館の場所

代々木図書館は代々木駅の西の小規模マンションや住宅が密集する地域にあります。最寄駅でいうと小田急線の南新宿駅ですが、各駅しか停まらない南新宿駅より、JRや大江戸線が交わる代々木駅のほうが多くの人にとって便利かな。道のりはこちらをご覧ください。

代々木図書館が入っている代々木区民施設は少し変わった構造で、路面に入口があるのにそこが地下1階。というのも、建物の表側と裏側にかなり段差があり、裏側の路面を1階としたフロア構成だからです。確かに裏の1階には代々木保育園があるのですが、それ以外のフロアに行くには、地下1階の入口からしか入れません。建物としてのメイン入口は道路に面した表なので、こちらを基準にフロアを割り振ればばいい気もしますが、そんなわけなので建物4階に行くには5階分上がる必要があります。階段で行くときはご注意ください。

§ 図書館内の様子

代々木図書館は、以前は4階の一部屋にすぎない代々木図書室という施設だったのですが、2008年7月から4ヶ月かけて改修し、2008年11月1日から4階フロア全体を占める「代々木図書館」へ生まれ変わりました。中に入ると一見児童コーナーしかない図書館に見えますが、左の廊下やそこを通った先にあるもう一部屋にも本棚が並んでいます。面積としては渋谷区立図書館の中で一番小さい図書館なのですが、「ここで終わりかと思ったら、まだ先がある」という面白い構造になっています。

配置としては、入ってすぐ左に雑誌コーナー。その先で、右にカウンター、左に新着図書や新聞ラックがあり、更に先が児童コーナーになっています。まず、ここまでが以前代々木図書室だった部屋です。そして、児童コーナーの左に奥へと続く通路があり、通路の両脇には文庫本がずらっと並んでいます。通路の突き当りには大活字本があり、その右奥にある部屋が一般書架。検索機は廊下を入口側に折り返したところ、また、mカウンター脇には自動貸出機も設置されています。

§ カウンター周辺

カウンター対面にテーブル席が2席あるのですが、テーブルも狭い上に周囲の棚との間隔も狭いです。この辺りの棚にある資料を読む際にも、奥の閲覧席のほうがゆったり読めると思います。新聞を読む際は、通路に出て左に回りこんだあたりに新聞書見台があるので、そちらをどうぞ。

カウンター対面の壁の棚右側は「お仕事コーナー」になっており、職業ガイド本やビジネス人生訓の本、NHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の単行本など、仕事に関する本が並んでいます。代々木は予備校や専門学校が多い地域ですから、まさにこうした書籍を読みたい人も多いのでは。ただ、このコーナー、以前は項目見出しをつけて整理していたところ、現在は単に仕事に関する本を集めて日本十進分類法順に並べているだけなので、図書館の分類に詳しくない人には本が探しにくいかもしれません。今の並び順で構わないので、見出しをしっかりつけてくれたらと思います。

カウンター向かって左の自動貸出機下には貸出用の通い袋が置いてあり、自由に使っていいそうです。もちろん、通い袋なので、後で返す仕組みです。図書館用の貸出袋を児童向けに配布したり、不要な紙袋を集めて貸出袋として置いておく例は見たことがありますが、児童に限らず通い袋を用意しているのは珍しいです。思いのほか借りたい本に出会えて手持ちの鞄に入りきらなくなったときなどに、ぜひ使いたいです。

§ 児童コーナー

児童コーナーは、図書館全体の面積が小さいわりには広いスペースを割いています。同じ建物に代々木保育園が入っているので、小さい子ども連れの利用も多いのかもしれません。児童コーナーの右奥の読み聞かせコーナーも広く、小規模図書館で来館者が少ないことを踏まえると、独り占めできることも多い穴場といえそう。児童コーナーの机にはお手玉もあって、大人の私もやってみたくなります(笑)。

絵本は、日本のおはなしも外国のおはなしも一緒にして、おはなしの作者の姓名五十音順に並んでいます。児童読みものは日本人作家のおはなしと外国人作家のおはなしを別にして、著者姓名の五十音順ですね。読み物の棚では、「忍たま乱太郎」が置いてあるところには忍たま乱太郎のイラストコピー、「ズッコケシリーズ」が置いてあるところにはズッコケ3人のイラストコピーが貼ってあり、文字だけでなくビジュアルでシリーズものが見つけやすくなっています。

家事関連本や旅行ガイドも児童コーナーに置いてあります。料理本は、「素材別」「お弁当」「調味料・保存料」「飲料・つまみ」など項目ごとにシールで色分けして分類しており、目当ての本を探しやすいです。家事関連本のそばにソファがあるので、お子さんが本を読んでいるそばで、次から次へと本を手に取って今日の献立を決めることもできます。

§ 一般書架

廊下にずらりと並ぶ文庫本は圧巻。図書館規模が小さくても文庫本中心にすれば蔵書点数は多くなりますし、通勤通学の際に読む本などは重くてかさばる単行本より文庫本の方が便利なので、利用者としてもそこをうまく活用したいところ。「文庫本がたくさんある図書館で、外出時に読む本を選びたい」という方には、代々木図書館はお薦めです。

奥の一般書架の部屋はもともと楽器の演奏も可能な部屋で、フロア全体を図書館に改装した後も壁がその頃のままなんです。小学校の音楽室によくあるような、穴が縦に並んだ板と細くて出っ張った板が交互に並ぶ壁といえばわかるでしょうか。音楽室に書棚が並ぶというのは、代々木図書館でしか見られないレアな光景です(笑)。

日本の小説はエッセイと一緒になって、著者名の五十音順に並んでいます。但し、複数の著者による作品集は、タイトル名を元に、五十音順の並びに入れられています。例えば、乙武洋匡(オトタケ ヒロタダ)が書いたの本の隣に、11人の作家による『オトナの片思い』という本が並び、その隣に鬼塚忠(オニツカ タダシ)が書いた本がある、といった具合になります。外国の小説は、「中国文学」「英米文学」「ドイツ文学」といったように国・地域に分類したうえで、著者姓名の五十音順に並んでいます。

一般書架の部屋奥の低い書棚の上には、「渋谷の本」というミニコーナーがあります。渋谷に関連する本が数冊展示されていて、舞台として渋谷が登場する小説から写真集、社会学の本まで、冊数は少ないもののジャンルは様々。渋谷というと繁華街が目立ってしまいますが、ときにはこうして本で違う角度から渋谷を眺めるのも楽しいです。

一般書架部屋の閲覧机は壁に沿って一列になっていて、奥行きは小さいけど幅が広くて、デスクライトも一人分ずつ設置されています。机の下には荷物を置ける段もあり、省スペースに効率よく閲覧席を設置しようという工夫が感じられます。もともと小さい図書館ですので、しっかりした調べものに十分な資料があるとは言いにくいですが、棚を見て気になる本を読んでみるのにちょうどいいかたちです。

§ 利用者との距離が近い小さな図書館

こういった小さい図書館は、アットホームな雰囲気があって、私は結構好きなんです。2008年11月1日の開館初日、代々木図書室時代の常連さんが久しぶりに来て職員さんと話しているっぽい風景を見かけたりしましたし、奥の一般書架が元音楽室だったことを私が知っているのも、改修工事前に行ったときに職員さんが私にいろいろ教えてくださったからです。

また、一般書架の部屋への通路突き当りの大活字本の棚には、2009年5月26日の毎日新聞のコピーが立てかけてあります。70代に入って字が読みづらくなったことを図書館職員さんに漏らしたら、大活字本の存在を教えていただいてまた読書を楽しんでいるという投稿記事なのですが、代々木図書館の利用者さんが投稿したものだそうで、ご本人がこの記事を図書館に持ってきてくださったのだそうです。こうしたちょっとした会話ができるのも、大きくて忙しい図書館ではなかなか味わえない、小さい図書館ならではの雰囲気だと思います。

なので、代々木図書館を利用するなら、この小ささをぜひ楽しんでほしいです。小さい図書館は、閲覧席が少なく、本も少ない一方、静かで落ち着いているなどのメリットもあります。渋谷区立図書館ネットワークの予約を使えば、利用できる資料は膨大。小さな図書館で大きな知の世界を楽しみましょう。

渋谷区立代々木図書館 データ

住所東京都渋谷区代々木3-51-8 代々木区民施設4階 →大きい地図を開く
Tel03-3370-7566
開館時間
月・水~金曜11:00~19:00
土・日曜・祝休日9:00~17:00
定休日第2木曜(祝休日は開館し、直後の平日を休館)
火曜・第3日曜
年末年始
最寄駅小田急小田原線 南新宿駅から徒歩8分
都営大江戸線JR山手線総武線 代々木駅から徒歩9分
小田急小田原線 参宮橋駅から徒歩11分
東京メトロ副都心線 北参道駅から徒歩15分
最寄バス停「代々木区民会館」停留所から徒歩3分
ハチ公バス 神宮の杜ルート(渋谷駅~千駄ヶ谷駅~代々木駅 循環)
駐輪場なし
駐車場なし
所蔵資料
図書所蔵数2011/04/01現在 28,846冊
漫画奥の一般書架の部屋入口手前左に漫画あり
外国語新聞なし
外国語雑誌なし
外国語図書なし
外国語児童書なし
外国語絵本なし
音声資料
CDカセットレコード
なしなしなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル図書館エリア入口前のチラシ棚の一番下の段に、除籍蔵書を提供するコーナーを常設で設置
設備
検索機2台(タッチパネル&キー&マウス入力機)
検索結果印刷機能あり
資料の複写カウンター向かって右にセルフ式コピー機あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4カラー50円、A3カラー80円。
ブックポスト地下1階入口向かって左にブックポストあり
自動貸出機ICタグ式自動貸出機1台あり
自動返却機なし
セルフ予約受取なし
座席数一般用16席、児童用9席
児童用椅子席5席
児童用机席4席
新着図書コーナー(机)2席
新聞閲覧席(机)2席
家事関連本コーナー(椅子)3席
椅子3席
机席6席
飲食設備着席時の蓋付き容器(ペットボトル・水筒など)からの飲料摂取はOK、それ以外の飲食は不可
ネット閲覧PCなし
データベース・CD-ROM閲覧館内や公式サイトには明記されていませんが、au Wi-Fi SPOTに代々木図書館が、また、Wi2 300ご利用可能エリアに代々木区民会館が登録されており、各Wi-Fiの電波が入ります
持参PC利用不可
LAN接続なし
その他設備
  • 建物地下1階入口前に公衆電話あり
  • 建物3階に公衆電話(ピンク電話)あり
  • 図書館エリア入口の盗難防止ゲートの右にある記載台に投書箱あり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本なし
児童向け視聴覚資料なし
おはなし会子ども向けおはなし会が週1回あり
靴脱ぎスペース児童コーナー右奥に靴脱ぎスペースあり
授乳室1階の代々木保育園が「赤ちゃん・ふらっと」(授乳ができるスペース)になっています
オムツ交換台1階の代々木保育園が「赤ちゃん・ふらっと」(オムツ交換ができるスペース)になっています
児童用トイレなし
バリアフリー
障害者用駐車場なし
エレベーター地下1階入口入って左奥にエレベーターあり
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレ地下1階エレベーター手前に誰でもトイレあり
大活字本文庫本棚が並ぶ通路の突き当たりに大活字本あり
視覚障害者向け資料カウンター対面の「過去の新聞」棚の上に「しぶや区議会だより 点字版」あり
拡大読書器・老眼鏡なし
対面朗読室なし
その他バリアフリー設備等カウンターに筆談ボードあり

渋谷区立代々木図書館 カレンダー

が休館
6月
1234
56
78
91011
1213
1415161718
1920
2122232425
2627
282930

7月
12
34
56789
1011
1213
141516
1718
1920212223
2425
2627282930
31

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.