東京図書館制覇!へようこそ

東京図書館制覇!

東京23区の区立図書館約250館を全て制覇(訪問)し、現在は多摩地域、島しょ部の図書館巡りをしています。いろんな視点での図書館ランキングやリストも掲載しています。
トップ図書館訪問記足立区 > 足立区立梅田図書館

CurrentIcon 足立区立梅田図書館

足立区立梅田図書館 訪問記

last visit:2016/02/01

足立区立梅田図書館は、足立区立梅田図書館は、梅島駅近くにある図書館。現在の中央図書館ができるまでは、梅田図書館が中央図書館でした。また、足立区の最初の図書館である「梅島図書館」も継いでおり、足立区の図書館事業で大きな役割を果たしていた図書館です。

§ 図書館の場所

梅田図書館は、東武伊勢崎線の梅島駅から徒歩10分程度の場所、梅島公園のすぐ南にあります(駅からの道のりはこちら)。通り道には梅田地域学習センターの入っているエル・ソフィアがあり、この中にある男女参画プラザ・消費者センター情報資料室でも足立区立図書館カードを使った貸出や返却ができます。本棚を見て手に取って利用したいときには梅田図書館、返却や予約受取のときには駅から近い男女参画プラザ・消費者センター情報資料室といった使い方ができて便利です。

§ 図書館内の様子

3階建ての建物の2,3階が梅田図書館で、1階にはNPO活動支援センターが入っています。図書館へは屋外の階段をのぼって2階入口から入るようになっていますが、階段であがるのが困難な方は1階の梅島公園側にある入口から入り、エレベーターであがることもできます。このエレベーターからあがると、意外な場所から図書館エリアになって面白い。それがどこかというのは後述します。

フロア構成としては、2階が書架とカウンター、3階が読書室、自動販売機コーナー、イベントを行う会議室。2階と3階を繋ぐ階段付近は吹き抜けになっており、他の地域館より風格ある雰囲気です。

§ 2階の様子

それではフロアごとに館内の様子をご紹介します。2階入口を入ると、左に児童エリア、右手前にカウンターがあり、カウンターの右隣にヤングコーナー、カウンターから奥へ進むと新聞・雑誌コーナーがあり、更に奥が一般書架です。また、新聞・雑誌コーナーの左に別室として区切られたかたちで「文学のコーナー」があり、1階からのエレベーターを2階でおりてすぐ左の扉を開けると、この文学のコーナーに入ります。このエレベーターの位置は、入口という正規のルートを通らずに図書館の中にワープするかのようで、少しドキドキします

では、2階の各エリアを細かく見ていきましょう。入口正面、児童エリアと一般書架エリアの境目にはビジネス支援コーナーがあり、図書館分類では、別の項目に分かれてしまうビジネス関連の本が集まっています。「パソコン・人生訓」「経営・起業」「仕事術」「マナー・伝え方」「育成・労務管理」「事務・会計」「転職・業界」「営業・外国語」「マーケティング」「会議・会話」という項目で本が並んでいますが、こうした内容の本はこの棚だけでなく奥の一般書架にもあります。こうしたジャンルの本をお探しの場合は、この棚と一般書架の両方を見るのがいいです。ビジネス支援コーナーの本の分類記号は一般書架の分類記号と同じなので、「ビジネスマンの人生訓を探している→ビジネス支援コーナーの人生訓の本を見たらラベルが159だった→一般書架の159の分類を見る」という探し方をすれば、両方の棚から本探しができます。

このビジネス支援コーナーでは、ビジネス関連本が読めるだけではなく、ビジネス相談を投稿するとあだち産業センターへ回送してくれるポストがあります。利用者からのお薦め本投稿カードを掲示しているボードに隠れて見えにくいのですが、「ビジネス相談カード投書箱」というのがそれです。また、この産業センターが発行している「ほんナビ!」というミニ情報誌もビジネス支援コーナーの最下段で配布しています。B5版1枚両面印刷のミニ情報誌ですが、ビジネス本に関する情報が載っており、もちろん掲載されている本は足立区立図書館で借りられるので、ぜひ活用してください。

§ 児童コーナー

2階入口入って左の児童コーナーは、途中で直角に折れ曲がるL字型の空間です。「L」の角にあたる部分にある靴ぬぎスペース手前や靴ぬぎスペースの周りに絵本が並び、直角を曲がった先に児童読み物やちしきの本が並ぶという配置。18時になると児童エリア入口に小さな衝立が立てられ、保護者と一緒ではない小学生以下の子どもは帰りましょうと案内が流れますが、保護者と一緒の子どもや児童エリアの本を利用したい大人は18時を過ぎても入れます。

L字で曲がる内側の壁にある大きなポスターに描かれたエプロン姿のウサギは、梅田図書館マスコットの梅田うさおくん。うさおくんがつぶやいているという体で、梅田図書館のイベント情報を知らせてくれるtwitterアカウントもあるので、twitterをご利用の方はぜひフォローしてください。このポスターにはポケットがついてて、梅田うさおくんの名刺ももらえます。

絵本は、日本語で書かれた作品と外国語で書かれた絵本の翻訳で分けたうえで、おはなし作者の姓名五十音順に並んでいます。五十音順の並びの先頭には「よみがたり入門コーナー」があり、読み聞かせする絵本選びの参考になるブックガイドなどが揃ってます。

児童読み物は、対象年齢によって「ようねんどうわ」と「よみもの」に分けたうえで、更に日本語で書かれた作品と外国語で書かれた作品の翻訳に分けて、著者姓名の五十音順に並んでいます。読み物は児童エリア奥にありますが、足立区立図書館が作成した「あだち子どもの本たんけんたい」「あだち絵本ガイド101」というブックリストは靴ぬぎスペース手前の棚上にあるので、沢山ある本のなかでどれを読むか迷った場合の参考になります。これらのブックリスト自体も貸出しています。

§ ヤングコーナー

カウンター向かって左にあるヤングコーナーは、入口と中央に大きな机があり、壁沿いに中高生向けの本や雑誌が並んでいる空間です。こう書くと、中高生以外は入ってはいけないと思うかもしれませんが、ネット閲覧PCがあったり、梅田図書館でここのテーブルが持参PCを使ってよい唯一の場所ということもあり、大人が利用しても構いません。実際、梅田図書館の2階で新聞閲覧や大型本閲覧などの用途が決まっていない机席はここだけということもあり、大人の人も座っています。

このヤングコーナーでいいと思うのは、中央の机専用で漢和辞典や国語辞典が用意されていること。机の中心に向かって輪になって座る机の上にこうした辞書があると、「読書中にわからない言葉があった→辞書ですぐ調べる」ということがしやすいです。

§ 一般書架

奥の一般書架は、向かって右の棚から左の棚へと概ね日本十進分類法の順に並んでいます。ただ、裁縫や料理などの家事関連本は雑誌コーナーの左に、また、パソコン関連本は通常「547 通信工学」に分類されるインターネット関連も「007 情報科学」に分類されているので注意が必要です。

このパソコン関連本については、このように一般的には別の分類になる本も全て一緒にしたうえで独自の分類をしています。具体的には「007C パソコン(理論)」「007F オフィス系ソフト」「007H ホームページなど」「007M マッキントッシュ」「007N インターネット 」「007P 仕組み・使い方」「007T IT関係」「007W ウィンドウズ」というかたちで、図書館用語ではなく一般のパソコン用語で分類されているので、わかりやすいです。

医学や料理の棚も分類が細かいです。例えば、素人にはどの病気が内科でどの病気が外科になるかも難しいときがありますが、医学の棚では「糖尿病」「肥満症」「アレルギー性疾患」「放射能障害」のように病名の見出しがついているので探しやすい。また、料理の棚では「和食」「韓国」「中華」のような国別分類、「おつまみ」「つけもの」のような種別分類、「魚料理」「肉料理」のような材料分類と、料理本の切り口によって分類しています。

病気とレシピ本といえば、足立区民の健康寿命が都民の平均より約2歳短いという事実をご存知ですか。梅田図書館の壁にそのポスターが貼ってあったのを見て知りましたが、足立区ではその原因を糖尿病をはじめとする生活習慣病だと分析。そこでそのポスター(文学のコーナーの入口手前右の壁)の脇に糖尿病用レシピ本を展示しています。病気を抱えている人はもちろん、最近血糖値が気になるという人もぜひ活用してください。

別室になっている「文学のコーナー」には、小説や詩などの文芸書、文学に関する本のほか、行政資料や外国語図書・外国語絵本もあります。日本の小説は著者姓名の五十音順で並んでおり、複数作家による作品集は「わ」の後、つまり五十音順の並びの後にまとめて置いてあります。外国の小説は、「中国文学」「英米文学」「ドイツ文学」のように国・地域別に分けたうえで、著者姓名五十音順に並んでいます。

「文学のコーナー」左奥には丸テーブルが設置されているのですが、ここに手作りのピラミッド型ブックラックがあり、本を面陳しています。このブックラックがあることでテーブルの上が使えなくなっているのですが、妙に存在感があり、何だか憎めない存在。現在はヤオキン商事株式会社による指定管理で運営している梅田図書館が、指定管理制度を導入する前からあるブックラックで、指定管理者として新しく入ってきた職員さんもこの存在感あるブックラックを捨てられなかったのではと想像してしまいます。

§ 3階の設備

3階には、読書室、自動販売機コーナー、イベントを行う会議室があります。自動販売機コーナーには椅子も10席程度あるので、その場で買った飲み物を飲むこともできますし、ペットボトル・水筒などの蓋のついている容器に入っていれば読書室で飲料摂取もできます。但し、容器を机に置きっぱなしにせず、鞄に入れておいて飲むときだけ取り出すかたちにしてください。

読書室で梅田図書館の蔵書を読むときは貸出手続をする必要があります。通常の貸出と館内貸出は別扱いだそうで、館内貸出した本を館外貸出したかったら別の手続きが必要です。読んだ後に借りるかもしれない可能性があれば、最初から館外貸出をしておくのがいいと思います。

また、3階の読書室はカウンターに申込して利用する仕組みです。2階カウンターで申込をすると、図書館カードと引き換えに座席指定カードを渡されるので、カードの番号と同じ座席を探してください。座席が100席と多いせいか、時間制限なく利用できますし、長い机に2人が座るかたちなのですが、隣の人とは互い違いの向きで、かつ、間に仕切りもあります。手続きが少し面倒ですが、集中したい人には3階読書室がお薦めです。

§ 昔は中央図書館でした

梅田図書館の書架の脇には、館内で本を持ち歩く際に利用できる図書バッグがかけてあるのですが、それには「ちゅうおうとしょかん」という文字がプリントしてあり、後付けで「梅田図書館」というラベルが貼られています。が、これはおそらく、中央図書館の図書バッグを流用している訳ではありません。というのも、今の足立区立中央図書館が開設されたのが2000(平成12)年7月で、それまではこの梅田図書館が足立区の中央図書館だったのです。梅田図書館にある図書バッグは、おそらくその当時使っていたものを残しているのだと思います。また、2階にあがる外階段の上にある「足立区立梅田図書館」のロゴも、よく見ると「梅田」だけ色が違っているのがわかります。

あだち広報の2015(平成27)年12月10日号の8ページを見ると、簡単な足立区立中央図書館のあゆみがわかるのですが、足立区で最初に開設された図書館が1950(昭和25)年に開館した「梅島図書館」。それが1969(昭和44)年に移設&グレードアップして中央図書館となり、2000(平成12)年に現在の中央図書館が開設された際に、それまでの中央図書館が梅田図書館となったという経緯があります。図書バッグもそうですし、中央図書館以外では足立区内で一番面積が大きいのが梅田図書館だということにも、旧中央図書館の名残りが感じられます。

また、足立区立図書館の図書館だより「かけはし」の2016年1月号の番外編「区長インタビュー全文」には、「梅島図書館」時代から図書館を利用していた区長のインタビューが載っています。電算化される前の図書館カードの話や、中央図書館だった頃の梅島図書館は今と違って2階に閲覧室があったことなど、当時利用していた人にしかわからない記憶を読むことができます。

現在の大きな中央図書館を見てしまうと、地域館の一つに過ぎない規模の梅田図書館ですが、前の中央図書館だったと知ると、ラウンジのような雰囲気が残るヤングコーナーや100席ある読書室は、やはり他の地域館とは一味違う雰囲気です。「梅島図書館」時代から足立区の図書館事業を担ってきた梅田図書館、地元の人はもちろん、足立区の図書館のあゆみを知りたい人には中央図書館と合わせて利用して欲しい図書館です。

足立区立梅田図書館 特集・行事・図書館だより感想記

  うめだビブリオバトル入門講座
―2016年1月31日のイベント
ワークショップ形式のビブリオバトル入門講座に参加してきました。参加者同士で話が弾んで、途中休憩が予定より長引いてしまったくらい。ビブリオバトルが書評コンテストなどではなくコミュニケーションゲームだということを実感できる楽しいイベントでした。

足立区立梅田図書館 データ

住所東京都足立区梅田7-13-1 2,3階 →大きい地図を開く
Tel03-3840-4646
開館時間9:00~20:00
定休日月末日(土・日曜・祝日の場合は開館し、直前の金曜に休館)
毎月1回施設点検日
12月28日~1月4日
最寄駅東武伊勢崎線 梅島駅から徒歩11分
最寄バス停「梅田七丁目」停留所から徒歩3分
都営バス 王49(千住車庫前・足立区役所~王子駅前)
「都立足立高校前」停留所から徒歩7分
都営バス 草43(足立区役所・千住車庫前~三ノ輪駅前~浅草雷門)
都営バス 北47(足立清掃工場前・竹の塚駅前~北千住駅前)
「梅島一丁目」停留所から徒歩9分
東武バス 梅31(梅島駅入口~六町駅~六ツ木都住)
東武バス 梅32(梅島駅入口~六町駅~八潮駅北口)
駐輪場建物北側(梅島公園側)と西側に駐輪場あり
駐車場建物北側(梅島公園側)に一般用駐車場4台分、障害者用駐車場1台分あり
備考指定管理者ヤオキン商事株式会社による独自のホームページあり(梅田地域学習センターに関するホームページですが、梅田図書館の情報も掲載されています)
Facebookページあり
梅田図書館のキャラクター・梅田うさおくんのTwitterアカウントあり
所蔵資料
図書所蔵数2015/03/31現在 103,767冊 出典『足立区の図書館 平成28年』
漫画なし
外国語新聞The Japan Times/International New York Times(英語)、日本新華僑報(中国語)あり
外国語雑誌TIME(英語)あり
外国語図書小説の部屋の壁沿いの棚に英語図書あり。ドイツ語図書も『MOMO』だけあり。
外国語児童書外国語図書の中に『ピノキオ』『エミールと探偵たち』などなどあり
外国語絵本英語絵本が約30冊、ドイツ語・フランス語・スペイン語・ルーマニア語絵本が約5冊、中国語・ハングル・タイ語・ポルトガル語・イタリア語・デンマーク語・ベルギー語・オランダ語・ノルウェー語・スウェーデン語・フィンランド語・ロシア語・ポーランド語・ハンガリー語・チェコ語・セルビア語・ブルガリア語・トルコ語・ギリシア語・ペルシア語・ヘブライ語絵本が1~数冊ずつあり(数字は開架の冊数)
音声資料
CDカセットレコード
なしなしなし

試聴設備なし
映像資料
DVDビデオLD
なしなしなし
※ DVD・ビデオは広報DVD・ビデオを除いた市販ビデオ・DVDの有無を表しています
視聴設備なし
資料のリサイクル2階入口入った右手前に古本を授受できるコーナーを常設で設置
除籍蔵書を提供するコーナーを期間限定(毎月2日10:00から10日まで)で設置。足立区民が対象で一人2冊まで。
設備
検索機4台(キー入力機2台、タッチパネル入力機2台)
検索結果印刷機能あり
資料の複写2階ヤングコーナー向かって左にセルフ式コピー機あり。B5・A4・B4・A3モノクロ10円、B5・A4・B4カラー50円、A3カラー80円。
ブックポスト建物1階入口(図書館入口とは別の梅島公園側入口)向かって右に、上部が白、下部が水色の箱型ブックポストあり。開館中の使用については明記なし。
自動貸出機なし
自動返却機なし
セルフ予約受取なし
座席数一般用179席、児童用35席
2階児童用椅子席8席
児童用机席27席
ヤングコーナー(机)18席
新聞閲覧席(机)8席
雑誌コーナー(椅子)35席
大型本閲覧席(机)1席
椅子席14席
机席3席
3階閲覧室(机)100席
飲食設備
  • 3階の自動販売機コーナーに飲物自販機1台あり
  • 自動販売機コーナーの席(12席)にて飲食可能
  • 3階読書室での蓋付き容器(ペットボトル・水筒など)からの飲料摂取OK。但し、机の上に置きっぱなしにするのは不可。
ネット閲覧PCヤングコーナーにネット閲覧PC1台あり。利用は中学生以上、但し保護者同伴の場合は小学生以下も利用可能。9:00~19:30までの申込みが必要で、00分と30分を区切りに、30分単位での利用。次に待っている人がいなければ延長可能。
データベース・CD-ROM閲覧なし
持参PC利用ヤングコーナーで持参PCの使用可能。電源なし。
LAN接続館内や公式サイトには明記されていませんが、ソフトバンクWi-Fiスポットに梅田図書館が登録されており、2,3階にいるとWi-Fiの電波が入ります
その他設備
  • 館内用ブックカート・館内用図書袋あり
  • 2階入口入って右に公衆電話あり
  • 2階入口手前右に喫煙スペースあり
  • 2階入口入った右手前にご意見箱あり
  • 2階入口入って左にAEDあり
児童用資料・設備等
紙芝居あり
布絵本なし
児童向け視聴覚資料なし
おはなし会0~2歳向けおはなし会が月1回、0~3歳向けおはなし会が月1回、2~4歳向けおはなし会が月1回、子ども向けおはなし会が月3回あり
靴脱ぎスペース児童コーナーを入った突き当たりに絨毯敷きの靴脱ぎスペースあり
授乳室見えるところにはありませんが、カウンターに声を掛ければ授乳室に案内してくれるそうです
オムツ交換台2階の階段下にオムツ交換台あり
児童用トイレ2,3階の男女トイレの洋式便座に子供用便座を設置
その他児童向け資料・設備等館内用ベビーカーあり
バリアフリー
障害者用駐車場建物の北側(梅島公園側)に障害者用駐車場1台分あり
エレベーター建物1階入口入った右先にエレベーターあり
車椅子用閲覧席なし
誰でもトイレ建物1階入口入って左に誰でもトイレあり
大活字本「文学のコーナー」入って左の壁沿いの棚に大活字本あり
視覚障害者向け資料2階新聞雑誌コーナーに『広報東京都 点字版』『都議会だより 点字版』あり
拡大読書器・老眼鏡カウンターに老眼鏡・拡大鏡あり
対面朗読室なし

足立区立梅田図書館 カレンダー

5月
1234567
891011121314
15
161718192021
22232425262728
293031

6月
1234
567891011
12
131415161718
19202122232425
2627282930

Copyright(c) 東京図書館制覇! All Rights Reserved.